五穀豊穣願い、法多山田遊祭 全七段を奉納 袋井

(2018/1/8 08:00)
暴れる牛を鎮める田打ち・牛ほめ=袋井市の法多山尊永寺

 国記録選択無形民俗文化財の法多山田遊祭が7日、袋井市の法多山尊永寺で執り行われた。五穀豊穣(ほうじょう)を願い、一年の始まりに米作りの一連の作業を演じる郷土芸能を保存会員が奉納した。
 奉納は全七段で、太鼓の音色に合わせた清めの「太刀の舞」で幕を開け、一年の厄難を払う「棒の舞」や「鳥追い」などが繰り広げられた。くわを担いだ兄弟が暴れ牛を鎮める「田打ち・牛ほめ」では参拝者が牛役の演者の一挙手一投足を見守り、花がさをかぶって若衆が華やかに舞う「そうとめ」で終幕した。
 七段の舞が終わると、投矢の神事に続いて餅投げが行われ、紅餅を拾った参拝者は破魔矢を手にした。
 法多山田遊祭は室町時代から続くと伝わっている。

「西部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'