湖西・新居に牡蠣小屋オープン 「味、濃厚」と人気

(2018/1/7 08:46)
こんろで焼いた殻付きカキを味わう来場者=6日午前、湖西市新居町の海湖館

 湖西市の新居町観光協会が毎年冬季に開設している「牡蠣(かき)小屋」が6日、観光施設「海湖館」と新居関所駐車場にオープンした。同館は4月1日まで、新居関所は2月25日まで営業する。
 新居牡蠣組合が浜名湖で育てたカキ「プリ丸」を殻付きのまま、こんろで焼いて食べる。冬場の集客事業で、同館では6年目。
 初日は予約客が約40組に上り、午前からほぼ満席状態。浜松市西区の会社員の男性(54)は昨年訪れて気に入り、今年は初日に予約した。「肉厚で味が濃厚。プリプリして最高」と喜んだ。
 カキは4個1080円。メニューにはカキフライや天丼があるほか、殻付きカキの詰め放題も行っている。
 同館の牡蠣小屋は月曜定休(祝日の場合は翌日)。新居関所では土日祝日のみ営業する。問い合わせは同館<電090(8186)1217>へ。

「西部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'