ドレッシングにウナギの粉末 浜松の企業開発

(2018/1/1 08:03)
ウナギの粉末残さで風味を出したうなぎドレッシング=浜松市

 食品製造卸の「KK食品」(浜松市北区)はこのほど、ウナギの粉末を材料にした「うなぎドレッシング」を開発し、販売を始めた。
 ウナギの骨など残さを粉末にして風味を出し、かば焼きのタレなどで味付けした。温野菜やサラダなどに合うほか、ご飯にかけてもおいしいという。
 浜名湖はウナギのイメージが強く、「土産品や冠婚葬祭の引き出物などで人気が出ると思った」と同社営業部の加茂信介部長。脂で濁るウナギの身をやめて粉末を加えるなど、試行錯誤をしながら商品化にこぎ着けた。
 同社はこのほか、青のりや桜エビ、タマネギなど地元食材を活用したオリジナルのドレッシングを売り出している。価格は税込み410円。問い合わせは同社<電053(570)7033>へ。

「西部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'