茶草で犬の巨大オブジェ 地元農家ら製作 掛川・粟ケ岳

(2017/12/18 08:33)
山頂売店前に登場した犬のオブジェ=掛川市東山の粟ケ岳

 掛川市東山の粟ケ岳山頂売店前に15日、来年のえと戌(いぬ)にちなみ、茶草で作られた犬の巨大オブジェが登場した。高さと胴の長さが5メートル、横幅2メートルの大作。2月末まで展示する。
 茶草場農法の名所をPRしようと、10人ほどの地元茶農家らが昨年に続いて3日がかりで作った。ススキを乾燥させた茶草の束を600キロ使い、木や竹で建てた骨組みにかぶせて犬の形に整えた。
 迫力ある犬の姿に、訪れた観光客やハイカーらはみな足を止め、記念撮影しながら見入った。売店を運営する「茶文字の里東山」の田中鉄男代表は「今年は東山の茶が各種品評会で好成績を収め、良い一年だった。茶園をしっかり管理して、来年も良い年にしたい」と願った。

「西部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'