校章デザイン、反射材製作 静岡英和女学院高×静岡中央署

(2018/9/12 08:34)
ファッションショー形式でオリジナル反射材を紹介した生徒ら=静岡市葵区

 静岡英和女学院高と静岡中央署はこのほど、共同で製作に取り組んだオリジナル反射材が完成し、静岡市葵区の同校で開かれた文化祭で発表会を行った。
 オリジナル反射材は通学時に利用しやすいようキーホルダー型で、校章などをデザインした。製作に携わった生徒会役員らが反射材を実際に着用し、ファッションショー形式で紹介した。制服姿や部活動の格好をした生徒らが入れ替わりでステージに現れ、反射材の特性をアピールした。警察官の制服を着た生徒も登場した。
 生徒会長の2年佐藤夏花さん(17)=同区=は「たくさんの人たちの前で披露できてうれしい。意見交換を重ねて良いものができたので、多くの人に活用してほしい」と手応えを語った。同署の田村太郎交通官は「交通安全も意識して趣向を凝らし、高校生ならではのアイデアを盛り込んでくれた。活動を継続し、普及につながれば」と話した。
 ロビーでは、完成までの経緯や製品の説明などを展示し、販売も行った。

「中部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'