集団生活で協調性育む 静岡・蒲原東小児童が合宿

(2017/9/30 08:57)
夕食の準備をする児童ら=静岡市清水区の蒲原東部コミュニティセンター

 静岡市清水区の蒲原東小の児童が協調性を育む「ふきあげ合宿」(実行委主催)が27日夜、同区の蒲原東部コミュニティセンターで始まった。30日まで、4~6年生約30人が協力しながら共同生活を送っている。
 地域と学校が一体となって取り組む行事で、ことしで11回目。児童は同センターに宿泊しながら、集団での登下校や近隣で風呂を借りる「もらい湯」などを体験し、集団行動や助け合いの大切さを学ぶ。
 初日の夕食時には、6年生が下級生の面倒を見ながら配膳や片付けをスムーズにこなした。全体のリーダーを務める6年生の白石天晴君(12)は「まとまった行動ができるよう正しい指示を出したい」と意気込んだ。

「中部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'