料理人の味を家族で堪能 焼津、「子ども食堂」開設

(2017/9/26 09:11)
子ども食堂で手作りの味を堪能する家族連れ=焼津市栄町の憲坊

 焼津市の市民有志と飲食店が24日、家庭的な雰囲気が楽しめる「子ども食堂」を同市栄町に開設した。毎月1回、プロの料理人の味を通して子供の居場所を提供する。
 食堂をオープンしたのは、民間の放課後児童クラブ「はちみつ」の須田昌恵代表らと同市栄町の居酒屋「憲坊」(中村憲一オーナー)。共働きなどで一家だんらんの機会が少ない子供に、温かな食事や遊びの場を提供しようと企画。同店で定休日に開店することに快諾した。
 初回は地場のカツオを使った手こね風すしやお吸い物など、市民や企業が無償提供した食材を使った4品が振る舞われた。家族連れは手作りの味を堪能し、食事前にはけん玉遊びや食育講座も楽しんだ。
 今後も毎月最終日曜日に食堂を開く予定で、10月は29日に実施する。定員は先着15人で、事前申し込みが必要。小中学生200円~。
 問い合わせは須田代表<電090(1417)4065>へ。

「中部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'