米卸売物価1年半ぶり下落 8月、0・1%マイナス

(2018/9/12 21:54)

 【ワシントン共同】米労働省が12日発表した8月の卸売物価指数(季節調整済み)はモノとサービスを合わせた総合指数が前月比0・1%下落した。横ばいだった7月からマイナスに転じた。下落は2017年2月以来、1年半ぶり。前年同月比は2・8%の上昇となり、伸びが鈍った。
 前月比を品目別で見ると、エネルギーが0・4%上昇、食品は0・6%下がった。
 全体から変動の激しい食品とエネルギーを除いたベースでも前月比0・1%下落。前年同月比は2・3%上がった。

「全国経済」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'