遊ぶ

博物館・資料館
静岡県富士山世界遺産センター

富士山を感じ、学び、いつもとは違う富士山が見えてくる。富士山が、もっと近くなる。

2013年6月にユネスコの世界文化遺産に登録された「富士山─信仰の対象と芸術の源泉」を後世に守り伝えていくための拠点施設が2017年12月23日、富士の麓にオープン。
富士ヒノキを使用した木格子と逆円すい形のユニークなフォルムが特徴の展示棟が目を引く建物は、富士の水の循環と反映をコンセプトにしています。日没から22時まではライトアップをした幻想的な姿へかわります。
その内部は1階から5階を繋ぐ螺旋スロープになっていて、壁面に投影される富士登山道の映像を楽しみながら富士登山を疑似体験できます。自然、文化、歴史など富士山を多角的に紹介し、富士山を満喫できる展示となっています。最上階の展示スペースからは、周辺の構造物に遮られないため富士山を1枚の絵画のように眺めることができます。

    • 住所
      〒418-0067 富士宮市宮町5-12
    • 電話
    • 開館時間
      9:00~17:00(7・8月は18:00)
      ※最終入館は、閉館30分前
    • 休館日
      第3火曜日、施設点検日
    • 料金
      一般300円(団体200円) 
      ※大学生以下、70歳以上は無料
    • 交通機関
      JR身延線富士宮駅から徒歩8分
    • ・新東名新富士I.Cから約15分
      ・東名富士I.Cから約15分
      ・道の駅朝霧高原から約35分
    • 駐車場
      富士宮市営の神田川観光駐車場(有料)をご利用ください。
    • ホームページ

この情報は、2017年12月18日現在のものです。掲載内容は変更されている場合があります。ご利用前に施設にご確認ください。

★ご覧の皆さまへお願い!
記載内容が異なる場合はこちらまでご連絡ください。

友達に教える

Hot News!