遊ぶ

公園
下田公園(城山公園)

下田港を臨む岬にある自然公園鵜島城跡で、老松、桜、椿、アジサイなどの中に散策路があります。

下田港を望む小高い丘で、春は桜が咲き、6月には300万輪のあじさい、冬は161種の椿が咲くロマンチックな公園です。園内の開国広場には開国記念碑があり、毎年5月中旬(第3土曜日をはさむ金・土・日曜日)に「黒船祭」が開催されます。さらに、カーター記念碑や下岡蓮杖の碑などがあり、散策しながら下田情緒も満喫できます。また、下田が北条氏の支配下であった頃、水軍根拠地として「鵜嶋城」があったことから城山公園とも呼ばれ、天守台跡、空掘が昔の面影を残し、松の大木など緑に包まれた公園として親まれています。

<花の都 取材情報> 2016年4月現在
~約15万株・300万輪が咲く公園から、下田市街と港を一望。~
毎年6月1日~30日/あじさい祭

この情報は、2016年5月6日現在のものです。掲載内容は変更されている場合があります。ご利用前に施設にご確認ください。

★ご覧の皆さまへお願い!
記載内容が異なる場合はこちらまでご連絡ください。

友達に教える

Hot News!