静岡発そこ知り

2011.06.29 放送内容

【 放送内容 】 2011.06.29

6月29日の「静岡発そこ知り」は

  「風と緑に癒やされて!旬の川根路ふたり旅

                               をお送りしました。

風車2S茶畑2Sのサムネール画像

湯原昌幸・荒木由美子夫妻は、今回、大井川沿いの旅をコミュニティバスで出発。途中で風車がいっぱい回っている家を見つけて下車しました。県道64号線にある松浦さんは、扇風機などの廃物再利用でカラフルな風車の制作を始めたそうです。

風車GSのサムネール画像 

湯原さん風車作りに挑戦。カラフルな風車が完成し、気持ちよく回りだしました。

 風車制作風車完成品

次に湯原夫妻が降りたのは、お茶の産地、川根にあるコーヒーの店。炭火焼きのコーヒーにこだわっていて、自分で七輪を使った焙煎機を作ってしまったほど。澄み切った味わいは格別ですが、お値段はクッキー付きで350円ととってもお手ごろ。嬉しい一時が味わえる空間です。

コーヒー 

★寿園 いっぷく茶屋
島田市川根町家山4153  0547-53-3149  12:00~16:30
川根炭火焼珈琲(クッキー付)350円  定休日:日曜日 ※7月31日までは営業

川根では今、ご当地グルメとしていなり寿司を広めていると聞いた湯原夫妻、中でも珍しいそばいなりがあるというさくら茶屋を訪ねました。いろいろないなりを食べ比べして、最後に食べたそばいなりは、そばへのお酢の染み具合が絶妙で、思わず顔がほころぶ美味しさでした。また、いなりを使ったスイーツも登場。いなり寿司の可能性を感じさせる一品でした。

 さくら茶寮GSさくら茶寮

★さくら茶屋
島田市川根町家山4164-1 0547-53-4505 9:00~16:00
そばいなり(5個)430円  定休日:火曜日

★茶房‘遊’
島田市川根町身成4693  0547-53-4488  10:00~18:00
川根いなりスイーツ「遊びの山々」 380円 ※ 土日限定販売

珍しい青い鳥居もみつけましたよ。

熊野神社

★倉平 熊野神社

 そして、川根といったらやっぱりこれ、川根茶です。湯原夫妻は手摘みを体験させてもらって、生でパクリ。ちょっと苦い味に旬のお茶の力強さを感じるのでした。それにしても、この緑には癒やされます。

茶畑GS茶アップ

近所の方が集まって、お茶畑の上で景色を眺めながらお弁当タイム。お茶のてんぷら、近所付き合いのよさ、地元を誇りに思う人々、すべてが気持ちよく感じる湯原夫妻なのでした。

 お茶食事

 時代を感じさせる看板に足を止めた湯原夫妻。昔からあるという理容店に突然お邪魔しました。女性のお客さんも来ると言う川根の歴史を担ってきた店です。子供たちも賑やかに集まってきました。

床屋jpg 床屋の子供

 ★一東軒  榛原郡川根本町徳山744-1

最後はときどんの池と言われる水辺の風景に癒やされました。ザリガニ取りに夢中の子供たちや、この池を復活させた地元の人たちとの触れ合いは、世代を超えて心穏やかな時間と空間を感じさせるのでした。  

 ときどんの池jpg ときどんGSjpg

★島田市コミュニティバス 

 問い合わせ  島田市役所市民安全課  0547-36-7144

★大井川鉄道

 問い合わせ  0547-45-4111(代表)

投稿者: SBSテレビ

2011.06.15 放送内容

【 放送内容 】 2011.06.15

6月15日の「静岡発そこ知り」は

  「緊急企画 がんばろう伊豆!

  ココの自慢を教えてください!下田~西伊豆編」

                               をお送りしました。

南伊豆民宿前海のコピー.jpg棚田田植え4のコピー.jpg

東日本大震災の影響で、観光不況にあえぐ伊豆を応援しようと、阿藤快に自慢めぐりの一人旅を任された新人リポーターの門田直子。前回はうまくリポートできずに悔し涙を見せましたが、今回の下田から西伊豆にかけては、感動の涙に包まれました。

下田では、海中水族館に立ち寄りました。名物アザラシのチューを見たモンちゃんこと門田は、自分にもチューしてもらいたいと急遽お願いしちゃいました。こころよく引き受けてくれた飼育担当の方、ありがとうございました。そして、なによりびびっているモンちゃんにチューしてくれたアザラシくん、ありがとう!

IMG_0496のコピー.jpg002のコピー.jpg

★下田海中水族館 下田市三丁目22-31 ℡:0558-22-3567 入館料 大人 1900円 小人 1000円

南伊豆まで来たモンちゃん、漁協の直売所で獲れたてのサザエをいただきました。そのコリコリした歯ごたえにびっくり。南伊豆の下流には、まだ海女さんが大勢いることを知りました。そして、冷たい雨の中、暖と宿を求めて飛び込みで入った民宿では、とても親切なご主人夫婦が優しく迎えてくれました。温かいお風呂と美味しい海の幸をいただき、翌日には海女小屋に案内をしてもらって、何から何まですっかりお世話になりました。別れのシーンでは、優しさにほろりと涙が自然にこぼれ、女将さんと抱き合うモンちゃんなのでした。

IMG_0498のコピー.jpg

★伊豆漁協 南伊豆支所直売所  南伊豆町手石877-18  ℡:0558-62-2804

IMG_0500のコピー.jpgあげ潮荘のコピー.jpg

  

★民宿 あげ潮荘  南伊豆町下流51 ℡:0558-65-0200 

同じく南伊豆の差田地区では、偶然民宿の前でイノシシの解体をしている現場に遭遇。ここは行かねばと決意したもの、皮をはがれたイノシシを見て、思わず後ずさり!「食べていきなよ」と言われて、イノシシのバーベキューを試食したところ、自慢の美味しいイノシシというだけあって、 臭みがまったくなく、 本当に美味しいお肉でした。こちらもアポなし取材でご迷惑をおかけしました。そして、ありがとうございました。

 IMG_0507のコピー.jpg

民宿 ことぶき 南伊豆町差田61-1 ℡:0558-62-2220

 松崎町ではちょうど棚田の田植えがあるということで参加させてもらうことにしました。オーナー制度で首都圏からも田植えに来ている人もいました。普段体験できないような自然との触れ合い、それから棚田を復活させて、日本一の棚田になったと胸を張る地元の人との触れ合いが何より素敵な思い出になりました。

棚田田植え1のコピー.jpg棚田田植え2のコピー.jpg6.11とっとこのコピー.jpg

★松崎町企画観光課(石部の棚田オーナー制) ℡:0558-42-3964

 西伊豆田子地区についたモンちゃん、たまたま出会った地元の方に、名物の押し寿司があることを教えてもらいました。ついでに近くの民宿に行けば、作ってもらえるかもという情報を得て、その民宿へ。ここでも女将さんが親切に一から田子伝統の押し寿司を作ってくれました。田子寿司2のコピー.jpg 6.13テレビの話題・田子寿司1のコピー.jpg

★民宿やまぶさ  西伊豆町田子1075-6 ℡:0558-53-0829

 大勢の方に集まってもらっての大試食会では、モンちゃんに大役を任せた阿藤さんが、突然登場。これまでの大変な思いや優しくしてくれた人たちのと顔が走馬灯のように脳裏に浮かんだのか、涙が止まらなくなったモンちゃん。女将さんの「優しくしてもらえたのは、あんたの人柄もあったんじゃない。」という言葉に、改めて今回の旅の意味をしみじみ感じるのでした。そして、成長したモンちゃんの姿に、安心と喜びを感じる阿藤さんでした。

門田直子感動の涙のコピー.jpgIMG_0515のコピー.jpg

応援にいったはずなのに、かえって優しさを教えてもらったモンちゃん。アポなし取材でご迷惑をおかけしてしまった伊豆の方々、すみませんでした。そして、何もわからずリポートした門田直子に親切にしてくれた伊豆の方々に感謝いたします。この温かい心があれば、きっと伊豆は元気を取り戻せると感じたモンちゃんでした。みなさん本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: SBSテレビ

2011.06.08 放送内容

【 放送内容 】 2011.06.08

6月8日の「静岡発そこ知り」は

  「緊急企画 がんばろう伊豆!

  ココの自慢を教えてください!熱海~稲取編」

                              をお送りしました。

とっとこ・雑誌のコピー.jpgのサムネール画像熱海「筆入れ」のコピー.jpg

阿藤快と元SBSラジオキャスタードライバーの門田直子が熱海を訪ねました。饅頭で迎えてくれた土産店のお母さんから聞いたのは、東日本大震災以降の観光不況の厳しさ。そこで、新人リポーターの門田は、伊豆の観光業を応援するため、特別に作った「伊豆の旗」にご当地自慢のメッセージを集めながら伊豆体感の一人旅をするという大役を阿藤から任されました。 

熱海「温泉まんじゅう」のコピー.jpg

★ 紅葉堂(温泉まんじゅう) 熱海市田原本町4-6  ℡:0557-81-4226

ホテルの様子を聞きに言ったところ、3月と4月だけで3000人ほどのキャンセルがあったときいてびっくり。しかし、被災者を受け入れたり、伊豆全体が元気になってほしいと語るホテルの方に、逆に元気をもらっちゃいました。

熱海「玉の湯ホテル2」のコピー.jpg

★熱海玉の湯ホテル       熱海市渚町26-11 ℡:0557-81-3561

網代では、バスの中で聞いた干物銀座のことが気になり、下車してみるとカワハギの骨の干物を干しているお母さんに会いました。初めての筆入れは網代の自慢、干物でした。

網代ひもの銀座のコピー.jpgテレビの話題 網代「かわはぎ干物」のコピー.jpg 

田中ひもの店(カワハギの骨の干物) 熱海市網代25  ℡:0557-68-0024

 

伊東に着いた門田は元気なお母さんがいるお寿司屋さんにアポなし取材。親切にいろいろ教えてもらいました。ありがとうございました。

★美よし鮨 伊東市湯川1-16-15 ℡:0557-37-4487

伊東で聞いた自慢は、伊東にしかないという「ぐり茶」。茶葉の形が針のようにとがってなく、味もまろやかでした。

★市川製茶工場 駅支店(ぐり茶)伊東市松原湯端町 ℡:0557-37-4056

港に移動して歩いていると、出会ったのはバーベキューをしていた猟師のグループ。 そこで耳に入ったのが、伊東の郷土料理、ちんちん揚げという気になる言葉でした。ここでも親切に、夜、食卓にあがるちんちん揚げを取材させてもらいました。イカと鯵の身をたたいて、山芋やごぼうなどと合わせて揚げるさつま揚げのような料理で、代々受け継がれるお母さんの味がしました。

伊東ちんちんあげのコピー.jpgのサムネール画像

★波魚波(はとば)ちんちんあげ 伊東市静海町13-9 ℡:0557-38-3327

 

★ひもの専門店 鯵屋 伊東市湯川1-15-1 ℡:0557-38-6566

 

2日目、東伊豆町に入った門田は、雨の中、アポ無しでホテルに突撃取材を敢行。しかし、温泉卵を作ってくれたり、わがままにも付き合っていただき、温泉にも入らせてもらったりと親切に応対してもらい、ここでも感動です。

熱川・温泉3のコピー.jpg熱川・温泉のコピー.jpg

★ホテルセタスロイヤル(温泉卵・温泉) 東伊豆町奈良本980 ℡:0557-23-1111

ホテル近くの商店にも、伊豆の自慢を伺いにふらり立ち寄りました。突然のテレビ取材なのに、地酒や地のりなど東伊豆の名物をたくさん紹介してくれたお母さん、びっくりさせてしまってすみませんでした。でも、笑顔でお答えいただき、心が救われました。

熱川・酒屋さんのコピー.jpg

★丸幸商店(地酒・地のり) 東伊豆町奈良本979-16 ℡:0557-23-0029

稲取まで来て雨もひどくなり、困っていると、地元のお母さんが稲取名物げんなり寿司を食べさせてくれるお店を一緒に探してくれました。感謝、感謝の一言です。そして、やっと見つけた店は、もうやっていない時間。諦めかけたその時、雨の中傘もささずに「げんなり寿司、作ってやるよ」と走ってきてくれたお店の女将さん。一緒に作らせてもらったげんなり寿司はげんなりするどころか、ありがたくて涙が出そうな美味しさでした。

稲取「げんなり寿司」のコピー.jpgのサムネール画像

め組」(げんなり寿司) 東伊豆町稲取554-1 ℡:0557-95-2653 

※ げんなり寿司は要予約 ・ 土、日休み

 

伊豆の元気を応援したいとの思いでスタートしたアポ無しの一人旅でしたが、逆に伊豆の人の優しさに触れて元気をもらった門田直子でした。来週は下田から西伊豆にかけての続編です。さらに人と触れ合い、門田の涙が止まりません!来週もご期待下さい。 

投稿者: SBSテレビ

2011.06.01 放送内容

【 放送内容 】 2011.06.01

6月1日の「静岡発そこ知り」は

  ふるさと発見!人情と懐かしの味

        浜松赤電ぶらり旅

                     をお送りしました。

赤電のコピー.jpgのサムネール画像

<新浜松駅>

まず、最初の駅は新浜松。しかし、阿藤さん、電車に乗らずいきなり寄り道です。向かったのはうなぎ料理の老舗「あつみ」でした。店の名物、白焼重も食べたかったのですが、一番のお目当ては、以前の取材で初子のお祝いをした息子の陽木(ひろき)君との再会でした。小学生に成長した陽木くんと会って、気分爽快で旅はスタートです。

DSC_0102のコピー.jpgDSC_0100のコピー.jpg

DSC_0097のコピー.jpg

うなぎ料理あつみ 浜松市中区千歳町70 TEL:053-455-1460

○営業時間 11:30~13:40 / 17:15~19:30(うなぎが無くなりしだい終了) 

○定休日  水曜日(月一回連休あり

☆おススメ料理 白焼重 2750円

<第一通り駅>

最初に途中下車したのは、第一通り駅です。大勢のスタッフがいるパン屋を発見して、入ってみるとそこは料理人を目指す専門学生が研修を兼ねて開いているレストランでした。研修目的なので値段はお手ごろ、しかもお客さんと向き合うことに充実感を感じながら調理をする学生の熱意もあって、店は大賑わい。息子の働く様子を見に来る親もたくさんいるそうです。

DSC_0057のコピー.jpgDSC_0108のコピー.jpg

 

プティ・カザリス 浜松市中区板屋町84 TEL:053-456-1510

○営業時間 レストラン 11:30~ ※ランチは60食限定
パン・ケーキのテイクアウト 11:30~17:00 (パンとケーキは売切れ次第終了)

○定休日  土曜日・日曜日・祝日(他学校行事により定休日あり

☆おススメ料理 チョコちゃん 70円/メロンパン 90円/Bランチ 1200円

 

<遠州病院駅>

遠州病院駅では、駅構内のトイレ奥にある理容店にぶらり途中下車。こんなところでお客は来るのかと心配な阿藤さんでしたが、ここで40年以上もやっていると聞いてびっくり。常連のお客さんも、安心しきって任せていました。

DSC_0007のコピー.jpg

理容タキヤ  浜松市中区早馬町2 TEL:053-454-3636

○営業時間 予約のみ(予約状況により変わります)

○定休日  不定期(予約次第)

 

 <助信駅>

続いてのぶらり途中下車で立ち寄ったのは、子供たちがいっぱいの店。住宅街に懐かしい駄菓子屋をみつけました。阿藤さんが興味を引かれたのは、ご当地B級グルメとしても知られる、たくあん入りのお好み焼き「遠州焼き」のす焼きと、ベビースターラーメンをソースをかけながら鉄板で焼くというベビースター焼き。どちらもシンプルながら、どこか懐かしさを感じさせてくれました。

DSC_0091のコピー.jpg

山口屋    浜松市中区助信町16-10 TEL:053-471-7893

○営業時間 9:00~17:00 

○定休日  日曜日・祝日

☆おススメ料理 ベビースター焼 40円/す焼き 250円

<さぎの宮駅>

ちょっと郊外に来て、SBSラジオの大ファンという餃子屋に遭遇。6個で200円の餃子は、値段を変えるのが面倒だからと言うお客には嬉しいご主人の心意気でずっとそのままなのだそうです。でも、味は正真正銘の浜松餃子。いくらでも食べられちゃいそうな味です。

DSC_0073のコピー.jpgDSC_0074のコピー.jpg

餃子の砂子  浜松市東区有玉北町1589 TEL:053-434-5222

○営業時間 11:30~21:00 

○定休日  月曜日

☆おススメ料理 醤油ラーメン 380円/餃子(6ヶ)200円

<小松駅>

浜北区に入って、小松駅で途中下車した阿藤さんは、肖像画の看板を見つけます。肖像画専門の画家は去年100歳を迎え、現役を引退した山田喜重さんで、今は息子さんが後を継いでいました。その人の本質に迫れると言う肖像画の魅力を語る山田さん、孫もその魅力を感じ取り、肖像画家を目指すと言う言葉を聞いて、嬉しくなる阿藤さんでした。

DSC_0042のコピー.jpgDSC_0045のコピー.jpg

偉人堂肖像画アトリエ 浜松市浜北区内野354 TEL:053-586-1093

 (昨年100歳を機に商売は引退。絵の注文は息子、潔さんへ)

<小松駅>

小松駅での途中下車では、今では珍しい醤油の醸造所にもぶらりと入っていきました。創業明治8年で、こだわりをもった手作りの醤油は刺身の味を引き立てる美味しさでした。

 DSC_0041のコピー.jpgDSC_0032のコピー.jpg

明治屋醤油  浜松市浜北区小松2276  TEL:053-586-2053

○営業時間 8:00~17:30

○定休日  日曜日

<西鹿島駅>

終点の西鹿島駅では、一日お世話になった赤電の車両を洗浄するところを見学しました。巨大な洗車マシンから出てきてたピカピカのボディを磨いていると、また、この赤電に乗ってぶらリ旅をしたくなる阿藤さんでした。

西鹿島駅洗車体験 浜松市天竜区二俣町南鹿島67-1 TEL:053-925-2274

※不定期開催される「トレインフェスタ」にて洗車体験できるそうです。

 

投稿者: SBSテレビ