静岡発そこ知り

2011.05.25 放送内容

【 放送内容 】 2011.05.26

5月25日の「静岡発そこ知り」は

  目指せ国宝東照宮!
    清水駅から名物発見ウォーキング
 

                     をお送りしました。

DSC_0040のコピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 竹田君が、番組初登場の妻と2人でJR清水駅から、去年、国宝に認定された久能山東照宮まで清水の街をぶらり旅しました。妻の登場に、いつもとは違った様子の竹田君。どこか大人しいような・・・

 清水駅前の商店街で、2人は金づちで岩のようなものを砕いている人を見つけて、早速何をしているのかインタビュー。岩のように見えたものは沖縄の黒糖でした。30kgの黒糖の塊を月に数回、店頭で砕いて販売しているのだそうです。その作業が珍しく、地元では評判に! 

DSC_0021のコピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

その黒糖を使った蒸しパンを作ってもらって、優しい甘さに、作っている人たちの優しさを感じる竹田君夫婦でした。

【黒糖蒸しパンの材料】 黒糖 300g 牛乳 250cc 卵 3個 酢 大さじ2 小麦粉 300g 重曹 大さじ1

【作り方】①黒糖を牛乳に溶かす ②ほぐした卵に酢を混ぜて①に加える ③小麦粉と重曹をふるって②に混ぜる ④型に流して強火で20分蒸すだけ!

★蒲原屋 静岡市清水区真砂町6-25 TEL:054-366-4354 http://www.kanbaraya.biz/

  そして、駅や電車のプレートがあるちょっと風変わりな寿司屋を見つけた2人は、中も気になって入ってみることに。昭和30~40年代に、東京-大阪間を走っていた急行列車の中で、寿司を握っていたご主人は、当時の写真や貴重な電車グッズもたくさん展示していて、鉄道ファンが全国から訪れるほどの有名店でした。

DSC_0048のコピー.jpg

★つばめ寿し 静岡市清水区大手2-18 営業時間11:00~21:30(水曜定休) TEL:054-366-5502

 当時食堂車で出されていた寿司盛り合わせの再現 1000円

 途中、 ワンコインバスにも乗って、久能山を目指します。入江公民館の近くでは、家庭用の雑貨を売る荒物屋、種石商店がありました。置いてあるものは昭和を感じさせてくれるものばかり。自由奔放なご主人のペースに巻き込まれ、ハプニング連発の竹田夫妻でした。

DSC_0045のコピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像

★種石商店 静岡市清水区入江3丁目8-9  TEL:054-366-0018

 清水には、まだ面白い人がいっぱいいます。今度は夫婦二人でドームハウスを作ってしまったというカフェを見つけました。店内に入ると、そこは奥様方の空間。竹田君の妻を見て「本当の奥さん!?」「これぞ美女と野獣!」と言いたい放題。キッシュランチは野菜たっぷりで、こちらも奥様方に喜ばれるメニューでした。 

DSC_0051のコピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像DSC_0085のコピー.jpg

★Cafe Midi 静岡市清水区三保2125 営業時間 [月~金]11:00~17:00 

TEL:054-334-9569 http://cafemidi.blog12.fc2.com/ キッシュランチ 800円

 久能まで来ると、この時期の名物はなんといっても葉しょうがです。 生産農家で出荷のお手伝いをして、味噌をつけた葉しょうがをパクリ。爽やかな香りとほのかな辛み、まさに初夏の味覚です。

DSC_0006のコピー.jpgのサムネール画像のサムネール画像DSC_0016のコピー.jpgのサムネール画像

 そして、いよいよ1159段の階段をのぼってたどり着いたのが久能山東照宮。特別に見せてもらった拝殿では、50年に一度の改修工事をされた装飾は豪華絢爛の一言です。一つ一つの聴講にも平和を祈る家康公の思いが込められていました。

DSC_0060のコピー.jpg

★久能山東照宮 拝観時間(年中無休)4月1日~9月30日 午前9時~午後5時 10月1日~3月31日 午前9時~午後4時 社殿 拝観料 大人:500円 小人:200円

http://www.toshogu.or.jp/  

投稿者: SBSテレビ

2011.05.18 放送内容

【 放送内容 】 2011.05.16

5月18日の「静岡発そこ知り」は

     花と緑と美味・温泉

           掛川ゆったり山里めぐり

                                 をお送りしました。

  DSC_0314のコピー.jpgのサムネール画像

  掛川と言えば、シンボルは掛川城。掛川城目の前にある地元物産センター「こだわりっぱ」で、天葉(あまね)セット(深蒸し茶 茶菓子付)700円をいただいたラッシャー板前さん、今、注目の掛川の深蒸し茶の味わいに感服しました。

★こだわりっぱ 掛川市城下6-12 0120-60-8080 無休 営業時間:9:30~17:00  www.r-fusion.jp/

 そして、山内一豊公の甲冑姿で合流した、そこ知り初登場、元SBSラジオキャスタードライバーの門田直子。美味しい地元料理、ゆったり温泉、そして楽しい地元の人たちと触れ合いを求めて、長閑な掛川の山里を巡る旅のスタートです。

★鎧屋 掛川市城下3-2 090-2926-3112 営業時間:10:00~17:30 休)日、祝 www.ippuudou.com/

 掛川城目の前にある、甲冑や戦国グッズの販売・レンタルの店  甲冑レンタル31,500円~

◆◇◆◇

 山里に向けて 掛川城下を出発した2人は、お茶産地でありながら、「お茶とコーヒー」と書かれた看板を発見!ちょっと気になって立ち寄ってみました。そこは、掛川茶と自家焙煎コーヒーの店でした。男ブラック100g 525円(焙煎は200gから)は、ご主人のこだわりを感じる深みがありました。

DSC_0320のコピー.jpg

★掛川一風堂 掛川市下垂木3470-1 0120-80-6811 営業時間:9:00~18:00 休)日、祝 www.ippuudou.com/

 

◆◇◆◇

 市道梅ヶ谷飛鳥線にある素掘りのトンネル、通称:岩谷のトンネルを通過すると、山里の風景になってきました。 しかし、どこからか笑い声のようなものが・・・。その正体は、笑うことで健康になろうというヨガの教室でした。2人にも、他の人の笑いが伝染して、いつしか笑いの渦に巻き込まれていました。

DSC_0307のコピー.jpg

★ハースーヨガ 掛川市倉真79 0537-23-6507 ameblo.jp/yoganeco

◆◇◆◇

 倉真温泉にある日帰り入浴可能な旅館、落合荘で2人は日帰り入浴(500円)。気分もリフレッシュです。

★落合荘 掛川市倉真5795  0537-28-0331 plaza.across.or.jp/~ochiaiso/

◆◇◆◇

気分もさっぱりした後は、やっぱり食事です。築400年以上というお寺の本堂を改装した食事処、法壽庵で日替りおまかせ膳 法寿庵2,625円に舌鼓!品数の多さと丁寧に作られた料理に心が癒やされます。

DSC_0319のコピー.jpg

★法壽庵 掛川市上西郷5434-1 0537-29-1819 営業時間:11:30~14:00 夜は予約制 休)木

◆◇◆◇

 長閑な田園風景の中を歩いていると、突如目にした馬の散歩。近くの柴田牧場のポニーでした。柴田牧場では、大型の乳牛ホルスタインではなく、小型のジャージー牛を飼育していて、土・日・祝だけ自家製ジャージー牛乳を使ったスイーツの店を営業しているんです。濃厚なジャージー牛乳1杯(180ml)160円 はおすすめです。

 DSC_0305のコピー.jpgのサムネール画像

★柴田牧場 掛川市大和田25 0537-25-2017 shibachanchi.com/ 営業時間:10:00~17:00 土・日・祝のみ営業

◆◇◆◇

土日だけ開店する店をもう一つ見つけました。全国各地の在来種を使った蕎麦店、居尻です。メニューは、せいろのみ(785円)ですが、納得の美味しさです。

DSC_0310のコピー.jpg

★居尻 掛川市萩間282 0537-20-3101 www4.tokai.or.jp/TOKIWA/ 営業時間 11:30~売切れ次第終了 土・日のみ営業

◆◇◆◇

 掛川市北部にある日帰り入浴施設「ならここの湯」にも、土日だけの朝市があります。原泉朝市は8:00~14:00で、地元の新鮮野菜と元気なお母さん達の笑顔が待っていますよ。温泉は、入湯料 大人500円 子ども300円。ゆったりのんびり山里めぐりの締めにはぴったりの寛ぎ空間でした。

DSC_0303のコピー.jpgのサムネール画像DSC_0313のコピー.jpgのサムネール画像

 ★ならここの湯 掛川市居尻179 0537-20-3030 www.narakoko.co.jp/ 営業時間 10:00~21:00 休)第1・3火 

投稿者: SBSテレビ