静岡発そこ知り

2011.03.09分放送内容

【 放送内容 】 2011.03.09

3月9日の「そこ知りニッポンど真ん中」は富山・チューリップテレビの制作で

「マチャミが富山で大興奮!柴田理恵おすすめ氷見満足ツアー」

をお伝えしました。

 

ワハハ本舗の看板女優マチャミこと久本雅美さん寒ブリで有名な氷見を「味」と「遊び」をキーワードに旅しました。

ワハハ本舗の親友で富山出身の柴田理恵さんがコーディネートした味覚満足コースでは、3月が旬だというイカを自ら釣り上げて船上で味わう贅沢なプランを体験。その美味しさに満面の笑顔!

(イカ釣り)
◆ アーデン3号 石田義一
℡> 090−3886−8676

そして、今年ブレイク間違いなしといわれる漁師飯「海とろめし」を初体験。こちらも、その美味しさに興奮冷めやらぬ様子でした。 

(海とろめし)

◆ 灘浦荘
住> 氷見市宇波5018
℡> 0766−72−2200
 

 この他にも、氷見市内を一望できるロマンチックなフランス料理店オーベルージュ・ミクニの極上の料理に舌鼓を打って、まさに極上を感じる久本さんでした。

 (オーベルジュ)
◆ 誉一山荘 オーベルジュ ドゥ ミクニ
住> 氷見市幸町25−49
℡> 0766−74−0041
閻魔様の黒たまご 1個100円 ブルーベリーソフト 1個400円
日帰り入浴 9:00〜16:00 大人/600円 小人/400円 
http://yoichi-sansou.co.jp/

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、ワハハの後輩芸人、コラアゲンはいごうまんさんが計画した行き当たりばったりコースでは、氷見の鐘つきチャンピオンにお会いしました。ゴンゴンチャンピオンと言われる鐘つき名人と意気投合する久本さんでした!

 

 (ゴンゴン鐘つき)
◆ 上日寺
住> 氷見市朝日本町16−8
℡> 0766−72−0341

さらに、芸能人に人気の神社や定置網の形をした日本最大級のアスレチックなどユニークな遊びのスポットを回り、冬の富山を満喫しました。

(定置網遊具)
◆ いきいき元気館
住> 氷見市中央町12−21
℡> 0766−74−8063
8:30〜22:00
年末年始休み

謎のカレー)
◆ ファミリーレストラン ホリエ
住> 氷見市比美町9−6
℡> 0766−72−0762
11:00〜20:30  不定休
氷見ブラックカレー 800円

(左手の像)
氷見市藪田   氷見市薮田児童公園 (国道160号線沿い) 

(滑らない神社のお守り)
◆ くるみ営農組合
住> 氷見市胡桃3098
℡> 0766−95−1688
お守り 1個1000円/絵馬  1枚1000円

(ダン獅子)
◆ 小島ダンボール
住> 氷見市伊勢大町16−20
℡> 0766−72−1065
●ダン獅子【大】…3,000円
●ダン獅子【小】…1,800円
●ダン獅子キット【小】…1,500円 

 

投稿者: SBSテレビ

【放送内容】2011年3月2日

【 放送内容 】 2011.03.02

3月2日の「静岡発そこ知り」は

   阿藤快もびっくらこいた!

      ココだけの常識 しぞ〜か流儀

をお送りしました。

阿藤快さんと荒木麻里子アナウンサーが、その土地に受け継がれているおもしろい風習や慣わしやその地域だけの常識を紹介するSBSイブニングeyeの人気コーナー「静岡流儀」のスペシャル版として、しぞ〜か流儀を求めて旅しました。

 

流儀その壱は、静岡市の牛妻地区の「豆もらい」。2月の節分に子供たちが近所の家を回って、豆やお菓子をもらうという風習です。

 

 

子供たちが、家の前で「お豆ちょうだい!」と叫ぶ様子は、どこかほのぼのします。刺激を受けた阿藤さんは、おでん屋のおばあちゃんに「おでんちょうだい」と甘えてしまいました。

流儀その弐藤枝の朝ラーメン。温かいラーメンを食べてから、冷たいラーメンを食べるのが通だそうです。

取材先:まごころ(藤枝市茶町) 054−646−5803  月曜定休

らーめん500円 冷やしらーめん600円

流儀その参も藤枝からあさがおという出窓。お茶の街で、茶商がお茶を鑑定するとき、余計な光が目に入らなくするための窓なんだそうです。

問い合わせ:藤栄製茶株式会社054−641−0054

流儀その四浜松の遠州焼き。浜松ではお好み焼きに刻んだたくわんを入れるのが普通で、今では遠州焼きという名前で、B級グルメとして知られてきています。

阿藤さん、本当にどこのお好み焼きもたくわんが入っているか、2軒回ってみました。もちろん2軒とも、口に入れたとたんに「コリッ」とした音が!たくわんはしっかり入っていました。

1軒目:こはち亭(浜松市南区飯田町)  053−425−4762  水曜定休
     遠州焼き(プレーン)540円


2軒目:か祢古(浜松市中区鴨江) 053−452−8728  不定休
      遠州焼き500円

遠州焼き用ソース:トリイソース 053−461−1575

疑い深い阿藤さん、さらに一般の家庭でもお好み焼きにたくわんを入れているのか、買物をしていた方のお宅にまでお邪魔してしまいました。もちろん、たくわんは入っていましたよ。浜松では家庭の味として遠州焼きが浸透しているんですね。

流儀その五は、同じく大根にちなんだ川根本町の大根そば。川根では細切りした大根をそばのかけつゆに入れるのが当たり前なんだそうです。わざわざそばを打ってくれたおばあちゃんもお母さんの味だとお話してくれました。素朴だけど、とても温かい味のそばです。

問い合わせ:中川根そば道場0547−56−0231
      持ち帰り用 つゆとそばセット 450円
http://www.shokokai.or.jp/22/2242710005/index.htm

流儀その六は、静岡市玉川地区の「ダイノコ」という木の魔除けです。以前、この地区に住んでいたアイヌ民族の伝統のなごりという説も・・・。木の棒に顔を刻んで玄関先などに置くそうです。

  

 魔除けといえば、流儀その七の沼津市戸田にあるタカアシガニの面もこの地域独特の魔除けです。

      

 と、その前に、腹ごしらえ。食べ応えたっぷりのタカアシガニをパクリ。

 

網元光徳丸直営店お食事処かにや(沼津市戸田)0558−94−2235
      不定休
      特選高足ガニ定食(2人前)1万6800円
      高足ガニの押し寿司 2100円
http://www.koutokumaru.com/kaniya-index.html

そして、荒木アナウンサーが去年、訪れた時、お面を見つけたペンションに立ち寄りました。赤が大好きなユニークお父さんと再会できて、お面以外の話題でも盛り上がってしまいました。

 

ペンションマリンビュー(沼津市戸田)0558−94−2062
1泊2食9450円〜
http://www7.ocn.ne.jp/~marine-v/

子供たちがお面作りをしているということで2人が向かったのは、みなとの駅ぷ茶店。2階では元気な子供たちが、それぞれのデザインでお面を作っていました。

 

 

 みなとの駅ぷ茶店(沼津市戸田)0558−94−3301
火・水・木曜定休
タカアシガニ面作り体験500円(要事前予約)
  

東西に長い静岡県にはその土地ならではの知られざる“流儀”が、まだまだありそうです。

投稿者: SBSテレビ