静岡発そこ知り

【放送内容】2011.02.23

【 放送内容 】 2011.02.23

2月23日の「静岡発そこ知り」は

「友よ、家族よありがとう! 感動!人生を変えた歌」

をお送りしました。

竹田君と日野美歌さんが、静岡で歌に情熱を傾ける人たちを訪ねた特別編です。

竹田君が訪ねた森下よしひささん、学生時代にかぐや姫を聞いて、フォーク歌手を目指した一人です。歌手になる夢はかないませんでしたが、歌うことはずっと続けてきました。

大きな病に倒れ、苦労をしましたが、娘さんを初め、家族に支えられ、今ではフォーク喫茶を開き、フォークソングが好きで、歌いたいというお客さんと一緒に歌っています

森下よしひささん

 フォークテラス海風 静岡市葵区鷹匠3−1−13 tel:054−266−6877

午後2時〜10時/月曜定休

http://umikaze.michikusa.jp/

http://plaza.rakuten.co.jp/umikaze12/

オリジナルミニアルバム「帰郷」フォークテラス海風にて販売中

竹田君が次にお会いしたのは、レコードジャケットのこの方。 海道はじめさんこと、坂越達郎さんです。レコードはプリマハムの「スナッキー」のコマーシャルソングとして1968年に発売されたものです。坂越さんは、11歳から父親の影響を受け、民謡を歌い始め、NHKのど自慢全国コンクールで、最年少の16歳で全国3位に入賞。民謡界の大御所、初代浜田喜一氏に師事しました。今では、とろろ汁の店「丸子亭」の店主をしながら、さまざまな民謡活動をしています。

 もともと民謡歌手としてデビューしたかったそうで、日本人の心や風土、文化が感じられる民謡を歌い継ぎたいと、今でも熱い思いをもっていました。

 坂越達郎(海道はじめ)さん

麦とろ 丸子亭主 静岡市清水区真砂町4−20 tel:054−366−5205営業時間:11時〜14時、17時〜22時 定休日:火曜日、第三日曜日 

日野美歌さんを感動させたのは、浜松在住で中国の楽器、「揚琴」奏者のシーレイさん。ピアノの原型となったといわれる「揚琴」は、144本の弦を2本の竹のバチで叩いて音を奏でます。その繊細な響きとシーレイさんの卓越した技術はすごいの一言!

幼いころから親元を離れ、英才教育を受けてきたシーレイさんには、家族との思い出はほとんどありません。それだからこそ、浜松で迎えてくれた日本の家族と中国にいる親を思って奏でるメロディは、どこまでも美しく、どこまでも深い音色を私たちの心に響かせます。

シーレイさん

CD「小さな願い」発売中 購入・問い合わせ info@shi-lei.net

シーレイさんのコンサート・CDの申込み先

シーレイの曲の試聴・・・Shi-lei.net

もう一人、日野美歌さんを感動させたのは、ブラジル・サンパウロ出身の演歌歌手、ホベルト・カサノバさん。ブラジルの日本人街で演歌に親しんでいたホベルトさんは、ボサノバの勉強にブラジルに来ていた今の奥さん、ミカ・ダ・シルヴァさんと出会い、結婚。日本に来てからNHKののど自慢でグランドチャンピオンになったブラジル版ジェロのような方。今でも奥さんとライブをしています。

 

現在、静岡市で奥さんと娘さんの3人で暮らしています。見た目と歌唱力抜群の演歌とのギャップにはびっくりしますが、家では良きお父さんという素顔も見られました。

★ホベルト・カサノバさんのライブ・コンサート・CDの情報

http://robertocasanova.o-oi.net/

奥さんのミカ・ダ・シルヴァさんの活動情報

http://mikadasilva.fukuwarai.net/

清水銀座シャル  1月22日にオープンした清水ギンザ商店街にある貸しホール静岡市清水区銀座13-27-2 TEL:054-376-4180 FAX:054-376-4171 

投稿者: SBSテレビ

2月16日のそこ知りニッポンど真ん中は!

【 放送内容 】 2011.02.16

2月16日の「そこ知りニッポンど真ん中」は、新潟放送制作で

『ふるさと新潟 食の陣!うまさの極み! 賢者のごちそう

をお送りしました。

 新潟県が誇る極上食材をうまさの極みに昇華させる食の賢者を、パパイヤ鈴木さんが訪ねました。

 

★最初の食の賢者は佐渡・活南蛮エビの賢者

小ぶりで刺身にするとおいしい「甘エビ」。新潟県では「南蛮エビ」と呼ばれ、特に冬を代表する味覚として人気です。JR新潟駅前の「河竹鮨」は、佐渡沖でとれた「南蛮エビ」を生きたままで仕入れ「活南蛮エビ」として提供し評判を呼んでいます。水温に敏感で、生きた南蛮エビを提供するのは至難の業。おいしく食べてもらうための工夫を重ねた、絶品ぷりぷりの南蛮エビ料理が味わえます。


【問い合わせ】
佐渡前の店  河竹鮨 (かわたけずし)  新潟市中央区東大通1-2-8
 TEL 025-244-2551/URL:http://www.niigata-sushi.com

★2人目の食の賢者は村上・鮭料理の賢者

全国屈指の“鮭の町”として知られる村上市には、100種にも及ぶ鮭料理があります。村上きっての鮭料理の老舗「喜っ川」では、昔ながらの「塩引き鮭」「鮭の酒びたし」などの伝統料理に加え、近年では「クリームスープ」や「生ハム」など、新たなレシピを開発し評判になっています。鮭料理の真髄が通販でも味わえる店です。

 

【問い合わせ】
味匠 喜っ川 (みしょう きっかわ) 村上市大町1-20
 TEL 0254-53-2213/URL:http://www.murakamisake.com
/

★3人目の食の賢者は村上・牛肉料理の賢者

鮭の町・村上市は、牛肉の産地でもあります。「村上牛」は、コシヒカリの稲ワラを食べさせるなど肥育方法を工夫し、全国のブランド牛にひけをとらない評価をうけています。その「村上牛」の魅力を存分に引き出し、提供しているのが「江戸庄」。中国や台湾からもその味を求めて来店するお客もいるそうです。人肌のぬくもりで溶けてしまうほど良質なサシが入った「村上牛」が楽しみたい方は是非訪れたい店です。
 

【問い合わせ】
村上牛料理専門店  江戸庄 (えどしょう)  村上市大町2-177
 TEL 0254-50-1181/URL:http://www.edoshow.com/

★4人目の食の賢者はコシヒカリのパスタの賢者
 

米どころとして名高い新潟県、「米粉」も全国トップの生産量を誇り、その品質も折り紙つきです。胎内市の「小国製麺」は、地元産のコシヒカリで製粉した米粉を使った生パスタを開発。その独特な食感と、これまでになかった味で人気になっています。
絶品の米粉パスタ料理は、地元産の食材にこだわった健康的なオーガニック料理で人気のレストラン「バターフィールド」で味わえます。白菜などの野菜ピューレを使ったスープパスタなど、季節ごとの食材を使ったバラエティ豊かで健康的な味わいが楽しめます。

【問い合わせ】
小国製麺 黒川工場 胎内市近江新115
 TEL 0254-47-2121/URL:http://www.oguniseimen.com

【問い合わせ】
ナチュラルフードレストラン バターフィールドビッグスワン前店 
 新潟市中央区清五郎123番地
 TEL 025-287-3136/URL: http://www.butterfields.jp/

★5人目の食の賢者は米粉パンの賢者

「ボン・オーハシ」は、新潟市に8店舗を展開する人気のパン屋さん。米粉パン製造の草分け的な存在で、独自の製造特許も取得しています。近年では新潟大学農学部と連携して、「至紫米」という新しい品種の米と、コシヒカリをブレンドしたパンで注目されています。また、新潟県産の食材だけで作るハンバーガー「越後バーガー」も人気です。

【問い合わせ】
ボン・オーハシ 新潟市中央区女池神明3-3-1
 TEL 025-284-6155

★6人目の食の賢者は日本海の幸の賢者

冬の日本海はおいしくて新鮮な魚介類の宝庫。そんな海の幸を存分に提供しようと、新潟市漁協とお寿司屋さんがタッグを組みました。漁協がこれまで市場に流通することが少なかった「低利用魚」を材料とする醤油「魚醤」を作り、市内の寿司店14店に提供。その「魚醤」でいただく海鮮丼を各店が腕を競って発表しました。その名も「越後すし丼」。新潟の旬の地魚と魚醤で“THE 新潟の丼”が味わえます!

【問い合わせ】
新潟県すし商生活衛生同業組合
 TEL 025-246-3020

鮨割烹  丸伊 (まるい)  新潟市中央区東堀通り8番町1411
 TEL 025-228-0101/URL:http://www.sushi-marui.com/ 

 

★6人目の食の賢者は黄金豚の賢者

新潟市のホテルなどで味わえる、今話題の豚肉が「越乃黄金豚(こしのこがねぶた)」。柔らかく臭みのない豚肉は、ステーキなどに最適とのこと。その豚肉を開発したのが、村上市の高橋農産。研究を重ね、8年がかりで開発しました。そのおいしさの秘密はエサ。コシヒカリの稲を混ぜたエサに加えるのは、何と納豆菌!臭みが消え、丈夫な豚になるのだそうです。「越乃黄金豚」は「にいがた食市場 ぴあ万代」のウオショク直販店で買い求めることができます。また「新潟グランドホテル」のレストランでは、ステーキなどの極上の味を楽しめます。

【問い合わせ】
株式会社ウオショク
 TEL 025-283-7288

新潟グランドホテル ホテルベルビュー
 TEL 025-228-6111/http://www.ni-grand.co.jp/

★最後の食の賢者は震災から甦った田舎料理の賢者

「牛の角突き」と「棚田」で知られる長岡市山古志。地元のお母ちゃんたちで切盛りしているのが農家レストラン「山古志ごっつぉ多菜田(たなだ)」。棚田で採れるお米や地元の新鮮な野菜・山菜などを使って、食べ飽きない山古志の伝統料理を提供する店です。2008年12月のオープン以来評判になっています。中越地震から見事に復興を遂げた山古志。そのおかあちゃんの絶品田舎料理「ごっつぉ=新潟のことばでごちそう」が味わえます。

 【問い合わせ】
山古志ごっつぉ  多菜田 (たなだ)  長岡市山古志虫亀947
 TEL 0258-41-1144  *毎週月・木定休

投稿者: SBSテレビ

【放送内容】静岡発そこ知り(2月9日放送分)

【 放送内容 】 2011.02.09

 2月9日の「静岡発そこ知り」は

 春がいっぱい!絶景・海の幸!

         伊豆ぽっかぽか体験ツアー

をお送りしました。

 

伊豆を回ったのは竹田君と細田阿也さん。楽しい出逢い、おもしろ体験、美味しい料理、絶景温泉などなど、いろんな体験をしてきました。

 

 初めに立ち寄った、西伊豆・土肥の土肥の恋人岬では、恋人同士でもない2人が楽しい体験?をしました。それは・・・

 

じゃーん!癒やし系のネコ店長との遭遇でした!とても人に慣れていて近づいてきて足元でじゃれる様子を見ていて、心がほっこり

  

 土肥  恋人岬のネコ店長  恋人岬事務局 伊豆市小下田3135-7

      営業時間)9:00〜17:00  無休 www.toi-onsen.com

 

西伊豆町では、西伊豆いきいき漁村活性化協議会の体験ツアーに参加しました。

 

櫓こぎ船の体験に挑戦しましたが、地元漁師さんのようには前に進まない船に悪戦苦闘の2人・・・

やっと慣れて進むようになったとき見えてきた景色は、南の島を思わせるエメラルドグリーンの伊豆の海と自然の力でできた岩のトンネル!ぜひ、実際に見てもらいたい体験です。

港に戻ってからは、獲れたてのイカをさばく体験にチャレンジ。新鮮そのもののイカは、透き通るよう!皮もきれいに取れます。口に入れると、しっかりした歯ごたえと、自然の甘みが広がります。これも、ここならではのおすすめ体験です。

西伊豆  櫓漕ぎ・イカさばき体験 西伊豆いきいき漁村活性化協議会

       営業時間)8:30〜17:00 tel:0558-55-0310  www.fop.co.jp

 

次に、西伊豆の名物「潮かつお」を使った新たな名物料理が誕生したと聞いて食堂に入りました。

 

その料理とは、しおかつおうどん!出汁もでていて、塩加減もほどよく、おいしくいただきました。

喜久屋(きくや) 賀茂郡西伊豆町仁科803-2 

営業時間)10:00〜20:00  tel:0558-52-0514  不定休

 しおかつおうどん 700円 海賊焼 650円

そして、西伊豆といったら何と言っても見たいのが夕日。竹田君はホテルの温泉で、最高の夕日を眺めました。心から温まるような思いに浸る竹田君なのでした。

堂ヶ島温泉ホテル 賀茂郡西伊豆町仁科2960

日帰り入浴 大浴場12:00〜22:00 露天風呂14:00〜22:00

tel:0558-52-0275 大人 800円 (約2時間) w.doh.co.jp

 

去年、龍馬ブームで賑わった下田に来た2人、今度の体験は・・・?

スキーのストックのようなポールを突いて歩くノルディックウオーキング!腕も使うので、より全身運動になるそうで、満開の水仙の中、でかく汗は爽快です。途中、足湯に使って、リフレッシュ100%です。

下田  ノルディックウオーキング体験 下田市観光協会

     営業時間)9:00〜17:00 0558-22-1531 無休

     www.shimoda-city.info

     ポールレンタル 700円/指導(前日予約) 700円

      ハリスの足湯 下田商工会議所内 足湯管理組合

     営業時間)9:00〜20:00 tel:0558-22-1181 無休

     www.shimoda-cci.or.jp

 

運動してお腹がすいたので、途中立ち寄ったのは下田といったら、キンメダイということで、キンメダイ料理が食べられる店です。脂が乗っていて、しゃぶしゃぶでも美味しいし、定番の煮付けはほっぺが落ちるとはこのことといわんばかりの美味。下田大好きになる瞬間でした。

遊月 下田市1丁目23-18 0558-22-0622

     営業時間)11:00〜15:00/17:00〜22:00 不定休

     地金目の煮魚定食 2000円/地金目のしゃぶしゃぶ 2000円

中伊豆では、一日一組限定の食事処で素敵な体験をしました。外見は普通の民家のようですが・・・

 

店の中に一歩足を踏み入れると、そこは落ち着いた大人の空間が広がります。味噌樽をそのまま利用した小屋の中で味噌田楽をいただき、きれいに盛り付けられた料理は、食べるのがもったいないくらいです。

 

中伊豆 羅漢(らかん)  伊豆市地蔵堂299-2  tel:0558-83-0529

         完全予約制 不定休 コース1人 8400円〜

 

最後は田舎暮らし体験をしました。自分で収穫した大根を使って、自分で料理、お風呂ものんびりできます。昭和を感じさせる体験ができるのも、今や数少なくなっています。こうしたゆっくりした時間の使い方を思い出すのにもいい伊豆の体験ツアーでした。

   

田舎暮らし体験の宿 彩里(いろり) 伊豆市原保119-1

tel:0558-83-5550

1泊(1人) 8000円〜/1週間(1人)30000円

www.e47.jp/n/ir/

投稿者:

【放送内容】静岡発そこ知り(2月2日放送分)

【 放送内容 】 2011.02.02

2月2日の「静岡発そこ知り」は

富士を仰いで温泉・美味・アート!

    夫婦で行く!御殿場線出会い旅」

をお送りしました。

 

おしどり夫婦の湯原昌幸荒木由美子夫妻が最初に下車した長泉町にある下土狩駅で、素敵な店を見つけました。カフェ グリューンは、食事をするだけでなく、人が集まる空間にしたいと展示会やライブも開催しています。料理も自家製鮎の燻製をつかったパスタなど、他では味わえないものがいっぱいあるカフェでした。

下土狩    カフェグリューン 055-988-5671 日曜日、月曜日休

                 駿東郡長泉町本宿202-1
         アユの燻製スパゲティ(サラダ付)¥850
         BLTサンドウィッチ      ¥600
         日本刺繍展  2月12日まで
         ライブ    毎月2〜3回(土曜日19時より)
 
 

 

裾野     七彩ステンドグラス 岩村富士子さん 
         055-992-1639
         教室      女性のみ
         ギャラリー見学 男女問わず
         (事前に連絡してください)
 
 
 
       時之栖 冬のイルミネーション 
                 0550−87−8577
         3月6日まで(点灯17時〜21時30分)
           
       時之栖 貸し切り温泉 天神之湯
                 0550−87−5126
1時間30分  ¥3000
 
 
 
 
御殿場    喫茶「写真ギャラリー」写真家 池谷俊一さん
                 0550−83−1938
 
 
 
 
 
ピザ・ミッシェル(ペタンクする仏人シェフ・ミッシェルさん)
                0550-89-5465 御殿場市板妻588-2
                火曜・水曜休
          フランス風カレーうどん ¥800
          富士ピザ        ¥1600(25cm)
                      ¥600 (18cm)
 
 

 

 

駿河小山    ワサビ 水菜
          小山町農政課 鈴木   0550−76−6121
 
    『みちの駅 ふじおやま』富士山水菜カレー
                 0550-76-6600 小山町用沢72−2
 

投稿者: SBSテレビ