静岡発そこ知り

なわとび歌の歌詞

【 お知らせ 】 2010.10.29

みなさまから「なわとび歌」の歌詞を知りたいという問い合わせがたくさんあったので、ここで紹介いたします。

なわとび歌

                               作詞:柴田秀二 作曲:海沼 実

一、ひとつ ひばりは 雲の上(雲の上)

  ひろい 茶ばたけ 麦ばたけ(麦ばたけ)

    ふたつ 富士山の 晴れ姿

    ふろみず くみましょ はねつるべ(はねつるべ)

二、みっつ みかんの 花ざかり(花ざかり)

  みつばち くまんばち とんでいけ(とんでいけ)

    よっつ よい子の お手つだい

    よいお茶 つみましょ はこびましょ(はこびましょ)

三、いつつ いつもの はらっぱへ(はらっぱへ)

  いきましょ まりつき ボール投げ(ボール投げ)

    むっつ むかしの 子もりうた

    むねに だいてる おかあさん(おかあさん)

四、ななつ 菜の花 桃の花(桃の花)

  ならんだ むこうの 青い海(青い海)

    やっつ やまばと あおいはと

    やまの はたけの とうがらし(とうがらし)

五、ここのつ こっそり こおろぎが(こおろぎが)

  ころころ ないてる 土間のすみ(土間のすみ)

    とうで とうさん お帰えんなさい

    とろとろ いろりの 火が赤い(火が赤い)

 

はっきり思い出せなかった方は、これでなわとび歌を歌い継いで下さい。

 

 

投稿者: SBSテレビ

【放送内容】静岡発そこ知り(10月27日放送分)

【 放送内容 】 2010.10.27

10月27日の「静岡発そこ知り」は

聞かせます!心ゆさぶる懐かしの歌!

をお送りしました。

「ふじの山」「ちゃっきり節」「月の砂漠」「かわいい魚屋さん」など、意外と知られていない静岡発祥の歌の誕生秘話に、おなじみ竹田君とそこ知り初登場、浜松出身のシンガーソングライター相曾晴日さんが迫りました。

 相曽晴日さんは80年代ポプコンで入賞しデビュー。抜群の歌唱力で、今なお歌い継がれる静岡ゆかりの労働歌、わらべ歌をリポートしてくれました。

 ◎静岡ゆかりの曲「みかんの花咲く丘」

  富士市生まれの加藤省吾が作詞した「みかんの花咲く丘」は終戦直後の昭和21年、伊東へ向かう汽車の中で作られました。モデルとなった伊東市宇佐美の亀石峠には、この「みかんの花咲く丘」の歌碑が建っています。
 
 
 
◎静岡ゆかりの曲「ちゃっきり節」

    静岡県の民謡として親しまれている「ちゃっきり節」は、実は静岡の鉄道会社が作らせたCMソングだということ、ご存知でした? その証拠となるお宝発見!この巻物は近代の日本を代表する詩人、北原白秋直筆の原稿なんです。

 

 現在、狐ヶ崎駅の改札口には歌詞、30番までが飾られています。

 

◎静岡ゆかりの曲「せいくらべ」

 

    子供の成長を願い端午の節句には全国各地で歌われるこの童謡も、静岡出身の詩人、海野厚が作った歌だったのです。母校の静岡市の西豊田小学校には歌碑があり、当時の思い出が記されていました。
 

 ◎清水には次郎長ゆかりの次郎長音頭」「清水小唄」などを唄い続けているスーパーおばあちゃんがいました

岩田ゆき江さんは生まれ育った次郎長ゆかりの商店街に歌を残したいという思いで20曲を集めた歌集を作りました。

 ◎静岡ゆかりの曲「なわとびうた」

「なわとびうた」は、昭和29年、県の教職員組合が「子供たちが元気よく楽しく歌える歌」を普及するために募集し選考された歌です。作詞は教員だった柴田秀二さん。今回は息子の秀夫さんと、父秀二さんが教鞭をとっていた川根中学校を訪れました。

こちらは「なわとびうたの健康体操」を考えた地元家山の女性陣。50年を経て「なわとびうた」が少しずつですが町に広がっています。

 

 ◎この他の静岡ゆかりの曲

「赤い靴」

 静岡市清水区宮加三出身の岩崎かよの娘・きみがその赤い靴を履いていた少女のモデルとされた。

「かわいい魚屋さん」

富士市出身の作詞家、加藤省吾が田子浦海岸から魚を天秤棒で担いできた漁師の光景を目にしたことを思い出し、子供のままごとと結びつけて、詞を完成させた。 

「ふじの山」

言わずと知れた日本を代表する童謡であり文部省唱歌。静岡県の横断歩道のチャイムとしても用いられている。

 

投稿者: SBSテレビ

【放送内容】10月20日放送分

【 放送内容 】 2010.10.20

10月20日の「静岡発そこ知り」は

魅力発見!知られざる港町 清水今昔物語!」

をお送りしました。

竹田君が清水港の周辺にある人気料理店やご当地グルメ、そして知られざる意外な歴史を探りました。

 
 清水船舶情報センター(東洋信号通信社)
静岡市清水区興津清見寺町

 

 清水港で早朝から働いているのは船舶情報センターです。港の安全を守り、効率的な運用をサポートするいわば「港の管制塔」.。普段は立ち入り禁止の場所を見学させてもらいました。半年分の船の入港と出港のデータが記録されています。
 
       ホテルクエスト清水 
   静岡市清水区真砂町3-27
   054-366-7101 
 
宿泊客の7割が食べるという朝カレーが評判のホテル。シェフが1週間かけて仕込むカレーは、スパイシーな中にもまろやかさがあって、朝からでも食べやすいそうです。
また、トッピングもいろいろあり、ツナ缶、ソーセージ、ゆで卵、コーン、それから黒はんぺんも人気だそうです。 
 
 
 米田紺屋
静岡市清水区江尻町2−25
   054-366-0338
 
 創業120年以上という老舗の染物店。昔ながらの藍染の技法を守り伝えています。
 
 茜工房
静岡市清水区西高町2-3 (営)10:00〜19:00 (休)月、第3日曜
   0120-70-4413
 
 オリジナルジュエリーのデザイン、加工からリフォームまで手がける宝石店。子供の頃に書いたというジュエリーのデザインにびっくりです。

清水港の折戸湾で昔、養殖していた真珠のネックレスを見せてもらいました。貴重です! 

 
 水屋
静岡市清水区島崎町/ 054-352-9216

長期間航海をする船員のためにコミックから週刊誌まで古本を売っています。船員さんが楽しんでもらえればというご主人の言葉に温かさを感じました。

 

 川村農園CAFÉ
静岡市清水区三保3163 (営)13:00〜日暮れ頃 ※土・日・祝のみ営業
   kawamura.eshizuoka.jp
 

 12代続く農家が倉庫を改装して今年7月にオープンした手作り感たっぷりのカフェ。自慢は何と言っても自分の農園で採れたトマトを使った生ジュースです。

 

 浜辺の家
静岡市清水区折戸3-17-15 (営)11:00〜19:00 
(休)日 要予約 (焼肉は3人から)
054-335-1990
 

 韓国出身の女将さんが学生にもたくさん食べてもらいたいと、2000円でいっぱい焼肉を出してくれます。その量の多さに竹田君も思わずたじろぐほど!満腹間違いなしの店です。 

アポなしで取材を受けて下さった川村農園カフェのみなさんをはじめ、ご協力いただいた清水のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

投稿者: SBSテレビ

【放送内容】そこ知りニッポンど真ん中(10/13放送分)

【 放送内容 】 2010.10.13

 10月13日のそこ知りは

幸せいっぱい!秋の浜名湖 夫婦で楽しむ美食の旅

をお送りしました。

 
芸能界一のおしどり夫婦とも言われる湯原昌幸、荒木由美子夫妻。今年で結婚27周年の感謝を込めて、湯原さんが荒木さんを連れて、秋の浜名湖周辺を案内します。幻の蟹、天然うなぎ、ふぐに秋の味覚を使ったスイーツなどなどの美食からタオルのしゃぶしゃぶ?まで、浜名湖の美味・名物をたっぷり紹介します!

 
浜名漁協・雄踏支所  セリ(ドウマンガニ 天然うなぎ)
             7:30〜 日曜休み
             静岡県浜松市西区雄踏町宇布見9985−3
             053−592−1063

朝からイキのいい競りのかけ声が響き渡る漁協の市場。今ではめったに獲れない天然うなぎや浜名湖名物ドウマンガニを発見。そのはさみの大きさにビックリです!

 ★弁天島・山本亭    浜名湖の海の幸
            ドウマンガニ料理、うなぎ蒲焼、スッポン鍋
            11:30〜22:00 木曜休み
            静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3221−10
             053−592−2485

 漁協で声をかけたご主人の店で天然うなぎとドウマンガニをいただきます。湯原さん、30年以上?の人生の中で一番おいしいという鰻と幻のドウマンガニに荒木さんも大満足!

 
 
NPO法人はまなこ里海の会  
アマモ場の観察
             静岡県浜松市西区舞阪町舞阪2119−19
             053−592−2940

 浜名漁協       あさり漁 トラフグ漁(10月〜3月)

             静岡県浜松市西区舞阪町舞阪2119−19
             053−592−2913

浜名湖の環境を見守るNPO団体の窪田さんの案内で浜名湖内へ向かう湯原夫妻。アサリ漁の現場で、その力仕事ぶりにびっくり!そして、漁協のお母さんたちが作ってくれたアサリのてんぷらの美味しさに2度びっくり!!
 
 
和紙タオル      静岡瀘布有限会社
もともと浜名湖で漁に使う網を作っていた会社
             和紙タオルを製造・販売
             和紙のしゃぶしゃぶ体験、染め体験ができる
               (お土産付き ¥500)
             静岡県浜松市西区村櫛町3294
053−489−2331

タオルのしゃぶしゃぶという不思議な看板を見つけた2人は、和紙が織り込まれたタオルの工場へ。互いの愛情の深さを表現しようとハートの形の染め作業を体験しますが・・・
 
 
浜名湖遊覧船  60分周遊コース 大人¥1320 子供¥660
         30分周遊コース 大人¥ 860 子供¥430
            静岡県浜松市西区舘山寺町3315
            053−487−0228

のんびり浜名湖の遊覧を楽しむ2人。遊覧船の船長が女性と知って仰天。結婚でまもなく退社すると言う女性船長に、夫婦円満の秘訣を教えます。
 
         
 温泉宿       舘山寺サゴーロイヤルホテル
            浜名湖が見渡せる温泉・部屋 
夕食『とらふぐ祭り』10月〜3月末
            静岡県浜松市西区舘山寺町3302
053−487−0711
(0120−35−1540)

 

浜名湖を一望できる大パノラマ露天風呂が自慢の宿で一息。食事は秋から本番になる遠州灘のふぐを刺身で、鍋で、美味を食べ尽くします。
 
 
ぬくもりの森    
オーナーであり建築家の佐々木氏が設計した メルヘンの世界が広がる。 
フランス料理・スイーツ・雑貨・クラッシクカーなど、かわいらしいお店が
出迎えてくれる。
            静岡県浜松市西区和地町2949
053−486−1723
            木曜休み *店舗により営業時間が違います

突如、現れたおとぎの国のような空間に思わず足を止める湯原夫妻。その前に、本格的なフランス料理や秋の味覚を楽しめるスイーツ、そしてオーナーの趣味のクラシックカーと、 楽しい世界が広がります。
 
 
 グリル八雲     三ケ日牛のビーフシチュー
 美空ひばりお気に入りポタージュスープ
         セットで¥2600
静岡県浜松市北区細江町気賀10188−3
(天竜浜名湖線・西気賀駅舎内)
053−523−2590
            11:00〜14:00 火曜休み

小さな駅の構内にある洋食店と侮るなかれ!美空ひばりさんが足繁く通った絶品ポタージュにめぐり会える名店です。
 
 
 ★天竜浜名湖鉄道   静岡県掛川駅と新所原駅を結ぶローカル線
            本社 静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵114−2
            053−925−6125
 
1両編成ながら、懐かしさを感じさせてくれる鉄道です。 
 
 
猪鼻湖神社     浜名湖と猪鼻湖を結ぶ場所にある神社
            縁結びの神様としても知られる
 
名物の赤い小さな橋が目印です。 
 

投稿者: SBSテレビ