コシーナケンタ

コシーナケンタ

【Cocina KENTA】ケンタの台所 調理師免許を持つ小嶋健太が 情熱的に男性的に料理の腕をふるいます。

2017年6月22日「トマトと水ナスの冷製パスタ」

【材料】 2人分

・トマト 中2個

・水ナス 1個
・カッペリーニ(極細のロングパスタ) 80g
・EXバージンオリーブオイル 適量
・バルサミコ酢 適量
・バジル、みょうが 各適量
・塩、こしょう 各適量

【作り方】

1.トマトを湯むきする。

(ヘタを取ってから熱湯に入れると皮がむきやすいです!)

2.湯むきしたトマトの種を除き、みじん切り。

3.水ナスを適当な大きさにカット、塩水にしばらくつけたあと、

 水気をとり、みじん切りしたトマトに浸けておく。

4.カッペリーニ(極細のロングパスタ)を茹で、氷水で冷やし、

 キッチンペーパーなどで良く水気を切る。

5.「3」にパスタを入れ、千切りにしたバジルとみょうが、

 バルサミコ酢、EXバージンオリーブ油、塩、コショウを加えて

 味を決めたら完成!!!

2017年6月15日「ケンタ流 ちょっとスパイシーなチリコンカン」

【材料】 2人分

・牛肉ひき肉  200g
・レッドキドニー、ひよこ豆、レンズ豆 各50g
・セロリ(みじん切り) 50g
・タマネギ(みじん切り)50g
・ニンジン(みじん切り)50g
・ハラペーニョの酢漬け 2本
・クミンシード 小さじ1
・チリパウダー、パプリカパウダー、ガーリックパウダー 小さじ1/2
・ローリエ  2枚
・トマトソース  300g
・水  300g
・ブイヨン(キューブ)  1個
・ピザチーズ  適量

【作り方】

1、レッドキドニー、ひよこ豆は、「ひと晩」水に浸けておく

2、鍋にオリーブ油とクミンシードを入れ、

  クミンがふつふつするまで(←ここがポイント!)弱火で加熱、

  セロリ、タマネギ、ニンジン(みじん切り)を鍋に入れ、

  弱火でしっかり炒める。

3、フライパンを用意し、牛ひき肉に塩コショウして、カリカリなるまで炒める。

  カリカリになったら、鍋の中に入れる。

4、さらに鍋へ、水、トマトソース、ブイヨンを加え、

  一晩水に浸したレッドキドニー、ひよこ豆、水洗いしたレンズ豆を加える、

  調味料(パプリカパウダー、チリパウダー、ガーリックパウダー)と

  ローリエを加え、塩、コショウで味を調えて圧力鍋のフタをして

  15~20分煮る。

  ※沸くまでは強火、そこからは弱火

5、豆に火が入ったところでフタを開け、さらに煮詰めていく。

6、煮詰まったところで、輪切りにしたハラペーニョの酢漬けを加え、

  ひと晩置いたら完成!!

7、食べる時に加熱し、お好みでピザチーズをかけていただいてください!!

2017年6月8日「ケンタ流 かつおのタタキ風フライ」

【材料】 2人分

・カツオ(柵) 1/2柵

・みょうが、大葉 各適量

・薄力粉、溶き卵、生パン粉、揚げ油 各適量

◇タルタルソース

・マヨネーズ  250g
・練り梅  20g
・茹で玉子 1.5個
・ケッパー(ミジン切り)15g
・玉ねぎ(ミジン切り) 30g

【作り方】

1,カツオの柵に塩、コショウし、薄力粉、溶き卵、生パン粉をつける。

2,パン粉がついたら、「揚げる直前まで」冷蔵庫で冷ます。

3,衣を付けたカツオを高温の油で、ほんのりきつね色になるまで、

 サッと揚げる。

4,「タルタルソース作り」

 塩もみして水洗いしたタマネギのみじん切り、マヨネーズ、

 粗みじん切りした茹で卵、みじん切りし水気をきったケッパー、

 そしてコレがケンタのポイント!『練り梅』を加え、全部混ぜる。

5, カツオを食べやすい大きさにカットし、みょうがと大葉も千切りに。

6,器に、カツオとタルタルソース、みょうがと大葉を飾ったら、

 出来上がり☆☆☆

お便り・写真などお待ちしております

Soleいいね!出演者ブログ、楽しい話題、静岡の情報がいっぱい!

このページのトップへ