3丁目の昭和

昭和の大ブーム「天体観測」

2018年01月19日 19:30

昭和40年代を象徴する「天体ブーム」。

少年時代、空に魅了された蒔田さんはご自宅に天体ドームをつくっちゃいました!

20180119193957-2b568eec3451a66265793b5b5f65fa5b5101326f.jpg

望遠鏡もドームもすごいのですが、びっくりしたのはこのドームの中、暖房設備がないのです。

空気が澄んだ状態でないと星はきれいに見えないそうです。

さらに、こだわりが。

20180119195517-4006ee48be2520791ee5ecb9dbf1227ed1ddcde5.jpg

これにはおどろきました!

もはや、星をみるためのお家!

窓の大きさもドームの下だけ違うんです。

20180119202617-464dff10120554b3f7b8f8dd840207d95efde396.jpg

天体観測仲間の塩澤さんがなつかしい昔の望遠鏡をもってきてくれました。

昭和の望遠鏡はしゅっとしています。

これは焦点距離を大きくするためのものですが、天体マニアにとってはこの形がたまらないそうです。

天体マニアが集まると専門用語だらけです。

20180119200010-1284fc7ae58711da526afcf5bb70ba944261ee4a.jpg

ん?ん?

分からない・・・。勉強して出直します!

Q天体観測とは・・・??

20180119200802-51dd1cb21d2de3e0134311b24d1dd52e43ac3728.jpg

出ました名言!!

寒い、眠い、お腹すいた・・・

たくさんの我慢の先にちょっとだけ見える美しい光景にアマチュア天文家は魅了されるそうです。

IMG_1417.jpg

やさしい蒔田さんご夫婦に塩澤さん、本当にありがとうございました。

磐田南高校には平成生まれの高校生に愛されている昭和がありました。

20180119201615-441b52fe5cc184dc511fffe86fce4d7b68cf6ad1.jpg

昭和45年2月製造の望遠鏡。

巨大です。

年季を感じますが、いまもまだこの形で残っているのは地学部の生徒たちが大切に使い続けているからこそ。

20180119202027-2fe5146d3824591a727aa100a17d8b25f284e138.jpg

昭和×平成

じんわりあったかい気持ちになりました。20180119202302-1cc27b8f4a51a2c6898f4f396732385530926fb8.jpg

青島先生のお話もおもしろかったです。

この方も「天体マニア」ですね^^

IMG_1410.jpg

天文家の卵?に会えたのかもしれません。

お休みの中、取材にご協力いただきありがとうございました。