ライブ屋上農園

6月28日(水) あめのちくもりときどき晴れ

2017年06月28日 18:48

20170628202954-0356fd878bf64f372388888563c52e1fe554aeef.jpg

こんにちは。

20170628203017-0c209ce6e12b7a4346e42e205fadee376e29a0b0.jpg

きょうはお客様がいらっしゃいます。

JA静岡市で野菜と稲の指導員をされている

20170628203037-ea731e81c35dfdeb23af271b6edcabbedd84c76e.jpg

堀川晃宏さんです。

堀川さん「楽しい農園ですね!」

20170628203125-94ed9b1e2c4d4ff56201d99ffa0a6efff9c251d2.jpg

とうもろこしです。

岡部「だいたいこんなカンジですか?」

堀川さん「ほんとはもっと大きいです。土がなくて、根っこ小さく、このサイズになったんだと思います」

20170628203159-cf1ece6ca6df66b9daa20854ed6ccbb5a3be39c5.jpg

堀川さんによると、とうもろこしの背丈が大きければ、実も大きくなるとのこと。

やっぱり、体の大きさが必要なんですね。

20170628203225-1e11a45d2cb636ec9eeeed69d71c8e823cb6a72c.jpg

これが雌花です。

堀川さん「このフサフサがすべて、実とつながっています」

岡部「えー!そうなんですか!」

20170628203342-a0cc0e30785c55d791fb4184e7677b25d1068150.jpg

すべてのフサフサが受粉しないと、スカスカのとうもろこしになってしまうそうです。

20170628203408-f9265e37bfd6fbb0137aeb089858d1be74581e84.jpg

堀川さん「密集している畑では、ほっとけば勝手に受粉しますが、屋上のように数が少ない栽培だと、人工授粉してもいいかもしれないですね」

20170628203436-dba8ae3d15cffc4165d45e266b49fca59079e057.jpg

堀川さん、ありがとうございました。

なにが起きるか!?またこの次!