イブアイ特集

低山ウォーク!寸又峡温泉から花の山へ 沢口山編

2017年04月26日 13:05

20170426130649-949cdf84e9f21cfbb2647fd9ed286c6cc75294c1.jpg

ベストセラーの本「静岡低山ウォーク」の著者児平隆一さんとSBS鈴木俊夫が静岡の山を登るシリーズ。今回は川根本町の寸又峡温泉から寸又三山の一つ沢口山に登りました。児平先生は沢口山を「花の山」と表現してくれました。

20170426130733-6aa1a597f9b7832109fcf0699caecefdd59038f2.jpg

登山口から杉やヒノキの植林の林を登り稜線、尾根道に出ました。新芽の季節、暑くもなく寒くもなくちょうど良い気候の中を登っていきます。

20170426130759-df90f5bb31dfe131abf4db220d410d490de049e6.jpg

カモシカを見つけました。標高1000メートルくらいの登山道の脇でした。岩場の尾根を跳ねているのが本来の姿、ニホンジカに追われて低いところに来てしまったのではというのが児平先生の感想でした。

20170426130845-3842baee28c70f0fba2d54b21e0b6182aba34d1c.jpg

葉がツルツルして鏡のように光るので「カガミ」の名がついたと言われる植物です。可憐な花がつくそうです。撮影は4月16日、いつもなら花が咲いているそうですが、今年はまだつぼみでした。

20170426130917-4c228ad9d9d85d5caa776006c31903105c0dc010.jpg

沢口山の山頂につきました。取材しながらだったので時間がかかりましたが、通常は3時間くらいで登れるそうです。山頂からは富士山から南アルプスまで一望できました。

20170426130943-e8eceeeae70deaf2175edc93f0cc57b21a7ab216.jpg

帰り道、登山道からは長島ダムが見えました。大井川鉄道井川線でアプト式機関車が押し上げているところです。いつもと違うところからの眺めに感動しました。

20170426131006-e054c0b1218db826bf1bee49fa1ac807d1a6925c.jpg

沢口山の名物アカヤシオツツジは4月16日の撮影時にままだつぼみでしたが、ミツバツツジはきれいに咲いていました。

20170426152244-18f5a599aac8b96795045451752fb9980cc56b3c.jpg

下山した寸又峡には南アルプスに関する本や資料、道具を集めた南アルプス山岳図書館や町営の露天温泉があります。登山の後にほっとできるところでした。