エンタInformation

夏の伊豆を巡りました

2017年07月27日 19:50

今回は伊豆の西海岸、松崎町・西伊豆町に行ってきました。

夏の今、行ってほしい伊豆の昭和な隠れ名所を紹介、

カンカン娘、真夏の伊豆珍道中でした。

20170804195759-4b8316c80497e653aecdacc8bf55e7cdbf8e3c98.jpg

 晴れの日には富士山を臨むことができる松崎町の雲見海岸、

夏はなかなか見られないですが、取材当日は見ることができました。

20170804200145-2957178e4f4045962d2fb3e1e33a0a144e4ce924.jpg

 昭和からの民宿街で街並みも昭和から変わっていません、風情を感じます。

20170804200316-0e9888c1163e1520c7ca58d0b80c5bc8dab946d8.jpg

続いては、室岩洞という洞窟です。

昭和29年ごろまで石切り場として砕石をしていて、その後、洞窟として開放しました。

はるか昔から火山灰や軽石が積もってできあがった石、伊豆石です。

江戸城の石垣にも使われたといわれています。

20170804200642-66409f9f34a405f58815739e6685b69234284479.jpg

中には天井から水が落ちて溜まった泉があります。

20170804200922-eecfba38850b9d0d981d03666d391921facb5325.jpg

室岩洞を奥に進むと、外に出ます。

石を海から運び出したためで、海の景色もすばらしいですよ。

20170804201352-72f9a81ed1f00435bc3134d71bbd797f86026314.jpg

桜餅などに使われている桜葉漬けはオオシマザクラの葉から作られます。

日本の桜葉漬けの 生産量の7割が松崎といわれています。

20170804202935-c372d6d70ad60d773016c99e2681f40716374f8f.jpg

20170804203332-0437eb2f5a021a4c2d88479dfe25c0a5b441d79d.jpg

昭和の時代や、ここ数年までは高さ2mの大きな樽が使われていました。

20170804203640-6181f029dc6e48b0700bb0aaf94af7147acb0336.jpg

松崎町役場のある街の中心部より車で10分ほど山あいに行ってみました。

昭和の時代から地元のみなさんに愛されるお風呂があるんです。

20170804203759-cf075df0f688f1dc59ad4423f15b4bf7734ab899.jpg

20170804203833-d4f86e97e554ef1372a8e531c9001b0cbc95006b.jpg

昭和の時代からずっと温泉がわき出ています、完全な源泉かけ流しです。

温度は43℃ほど、夏には熱いかもしれません。

本日のファッション
静岡新聞SBS スクープ投稿
イブアイへのご意見・ご感想、身近なニュース大募集!
SBS ON DEMAND
イブアイ公式twitter
イブアイ公式facebook