メニュー

検索

GOGOワイド らぶらじGOGOワイド らぶらじ

NOW ON AIR

2015年7月

2015年7月31日 17:02

愛情運転パトロール

7月31日(金) 夕方のドライブは 早めのライトオンを

ドライバーが 早めにライトオンすると、
つまり、夕方 早めにヘッドライトを点けると 
いいことがいくつかある。

ヘッドライトだから、 
当然 夜の道を照らすことができる。
さらに自分のクルマの存在を回りに知らせ 
注意を促すこともできる。

そしてもうひとつ。
それは歩行者や自転車の反射材にヘッドライトが当たって、
そこに人がいることが分かるということだ。

クルマはヘッドライト。人は反射材。
暗くなりはじめの モノが見にくい時間帯を
お互いに 安全に走ることができるのだ。


さあ、ぜひあなたも
夕方のドライブは 早めのライトオンをお願いします。

2015年7月30日 17:06

2時のうんちく劇場

7月30日  明治天皇崩御→大正時代はじまる

103年前、1912年07月30日:明治天皇が崩御し、それと同時に
大正時代が始まりました。


明治天皇は幕末の動乱の中、1867年(慶応3年)代々生活していた
京都御所を離れ、それまで江戸城と呼ばれていた場所で生活を始めた
近代の天皇です。この時、まだ明治天皇は18歳という若者だったので、
江戸城に入って初めての一言目が「でかいな〜」という素直な感想
だったそうです。大政奉還、東京奠都、日露戦争という激動の45年間を
過ごし、今から103年前の1912年7月30日に崩御した。という事になって
いますが、実際には亡くなったのは前日の7月29日だったそうです。


というのもこの時代、天皇が崩御した時に次の天皇が即位する儀式は同じ
日に行わなければいけない、天皇空白の瞬間を作ってはいけないという
規則があったのですが、実は明治天皇は7月29日の夜10時43分に亡くなった
ことで、残り1時間17分で儀式を行うのが無理だという事から、
「明治天皇は7月30日午前0時43分に崩御された」と2時間遅れで発表した
のです。そして、夜が明けてから次の天皇、大正天皇の即位式が執り
行われたのです。


明治天皇の容態が余り良くないというのはそれ以前から噂されていて、
おおっぴらには口に出せませんでしたが「そろそろ」とみんな思っていた
そうです。明治天皇が崩御したというニュースは、当時はまだラジオも
テレビもありませんでしたので、東京の町中に広まったのが当日の昼頃
まで、神奈川辺りは翌日になって新聞で知ったという人がほとんどでした。
そんな中、いち早く「明治天皇が亡くなった」と騒いでいたのは、
志賀直哉(29)と武者小路実篤(27)で、実はその日ふたりは当時熱中して
いたこっくりさんをやっていて、そのお告げで「明治天皇亡くなった」と
出ていたそうです。


新しく天皇となった大正天皇の誕生日は8月31日で、当時は天長節という
天皇の誕生日を祝う式典があったのですが、なぜか大正天皇は「僕の
天長節は2ヶ月ずらした10月31日にして」と指示して10月に行っていた
そうです。その理由は大正天皇が「8月31日なんて暑い時期に礼服とか
着るのイヤだ」と言いだしたからです。


103年前の本日から大正時代が始まったワケですが、この年に生まれた
男性の名前で一番多かったのが大正一年からとった「正一」だった
そうです。8月から12月までの間に、かなり多くの人が元号に合わせて
正一と名付けたみたいです。その名付けブームは大正2年の「正二」、
大正3年の「正三」まで続いたそうです。


ちなみに昭和時代も元年は暮れの1週間しかありませんでしたが、
昭和2年は昭二、昭和3年は昭三が多く、女性は昭子、和子が
多かったそうです。

2015年7月30日 16:33

愛情運転パトロール

7月30日(木) 安全運転のための効果的な方法

これからの季節、
レジャーや帰省で 長距離ドライブの予定がある方も
きっと多いと思います。


今ではほとんどのクルマが カーナビを装備していて、
長距離ドライブの道案内の強い見方になっています。
でも、長距離を任された運転手としては、
もうひとつ ナビが欲しいはず。


それが、助手席ナビだと思うんです。
つまり助手席の人が ドライバーが疲れないように
あれこれサポートしてあげるんです。


カーナビやエアコン、カーラジオの操作。
眠気防止にガムを手渡したり、飲み物を用意したりするわけです。
これって ドライバーが 運転に集中できて 
安全運転のためにも効果的ですよね。
   

夏の長距離ドライブ 同乗者の心得。
ドライバーが快適に運転できるように サポートしてあげよう。
今日は この言葉を愛情運転の愛・言葉としておくります。

2015年7月27日 13:39

2時のうんちく劇場

7月27日  コレラ

99年前:1916年年07月27日:横浜港に入港した布哇丸(ハワイまる)の
乗客がコレラを発症。


これが瞬く間に日本全国に広まり、この年だけで約7500人の死者を出す。
最近もエボラ出血熱やデング熱などの騒ぎもありますが、コレラという
のは恐怖の存在でした。


コレラは江戸時代に長崎辺りから入ってきて、何度もブームになって
います。特に開国した明治政府はどんな形で入ってくるか解らないと
いうことで、明治12年に深川・浅草にコレラ伝染予防のための病院を
設立しています。この当時は特効薬もなく、掛かった人はあっという
間に亡くなってしまうということから「コレラ」に言葉が似ている
「コロリ」と呼んでいました。


そんな中、民間療法として色々な説が噂されました。例えば、日露戦争
時分に発売された仁丹がコレラに効くという噂が流れ、それを聞いた
発売元も「コレラの流行対策に仁丹を」という広告を出したことが
あります。仁丹は殺菌力や意を丈夫にするという理由からなのですが、
さすがにコレラにまでは効かない。


タマネギがコレラ予防に効くという噂も流れたのですが、実はタマネギは
明治時代の中頃に日本に入ってきた比較的新しい野菜なのですが、この
コレラ予防になるという噂で日本全国に広まったとも言われています。


他には横浜毎日新聞が「炭酸ガスの成分がコレラの予防になる」という
種子の記事を掲載したことで、その日のうちに横浜中のラムネが全部売り
切れたそうです。とりあえず炭酸飲料を飲むと、血管が一時的に膨張する
ので血液の流れがよくなるという作用はあるそうですが、さすがにコレラは
直せません。
我が家の祖母、もう亡くなりましたが、明治時代生まれの祖母は普段は
サイダーは飲まないのですが、風邪を引いた時に薬として飲んでいました。


他には「久松留守」と書かれたお札がコレラ除けのまじないとして販売され
ヒットした例があります。これは歌舞伎や浄瑠璃の演目に「久松お染」と
いう心中物があるのですが、「伝染」という文字を見て人々は「久松が
留守だったらお染めはやってこない、病も伝わって来ない」と考えたみたい
です。とにかく、当時の人々はワラにもすがるような形でコレラ予防を
民間でしていたのです。

2015年7月27日 13:31

愛情運転パトロール

7月27日(月) 夏のドライブの必需品エアコンのチェック

これからの季節、
レジャーや帰省で長距離ドライブの予定がある方へ。


たとえば 高速道路を使ってのドライブなら、
普段の一般的な点検に加え、
スペアタイヤやジャッキ、三角表示板、
ブースターケーブルの有無を 必ずチェックしておきましょう。


また 夏のドライブの必需品エアコンも、 
猛暑の中で故障したら大変です。
ぜひ プロの手をかりてチェックしておきたいものです。 
    
さらに長距離ドライブは 時間の予定がたてにくいので、
到着時間にゆとりを持たせる。
というのも安全運転に効果ありそうです。


夏の長距離ドライブ。
安全運転は走る前から始まっている。
今日は この言葉を愛情運転の愛・言葉としておくります。

2015年7月24日 16:54

愛情運転パトロール

7月24日(金) 自転車の運転マナー

自転車って 夜間ランプを点けなくても 
なんとか走ることができるし、
しかも クルマよりスピードも遅い。

だから 無灯火で走ることに 
あまり危険を感じないのでしょうか。


でも それは 自転車に乗る人から見た場合の話。
これが 、ドライバーや歩行者だったら
自転車の存在に気づきにくくて危ないですよね。


立場を変えてみれば よくわかります。

ランプは 夜間 視界を確保するためのもの。
そして まわりのクルマや歩行者などに存在を示し 
注意を呼びかけることもできるんです。


この6月からは
自転車の運転マナーに対する目も 一段と厳しくなりました。

自転車は 車両の仲間。
夜間は しっかりと灯かりを灯して走行して欲しいですね。

2015年7月23日 17:25

愛情運転パトロール

7月23日(木) ブレーキやタイヤのチェック

いよいよ子どもたちの夏休みが始まりました。
今年は どんな夏になるのでしょうか?

さて 子どもたちといえば、
やっぱり その行動の基本は学校ですよね。

でも 長い夏休みになって、そのタガが外れた時、
道路に飛び出しをしたり、道路で遊んだりする、
普段見られないような光景も考えておかなければいけません。


そして そんな場面では 
スピードを控えめにするなど、ドライバーの側も充分気をつける。 
・・・それは とても有効です。

もし 万が一 子どもたちが 交通ルールを犯しても、
子どもたちを事故から守るのが 大人ということでしょうか。
    

さあ 今年も 楽しくて安全な夏休みのために 
子どもたちの交通安全を見守りましょう。
今日は この言葉を愛情運転の愛・言葉としておくります。

2015年7月23日 16:49

2時のうんちく劇場

7月23日  ロカビリー

77年前:1938年07月23日:ミッキー・カーチスさんが誕生しました。


ミッキーカーティスさんは最近は俳優という印象ですが、元々は
ロカビリー歌手として一世を風靡した方です。平尾昌章さん、
山下敬二郎さんと三人で「ロカビリー三人男」と言われていたのですが、
そのロカビリーブームは昭和33年(1958)2月8日の日劇ウエスタン
カーニバルから始まっています。


戦後から10年ぐらい日本でポップスというとカントリー&ウエスタンが
ブームでしたが、当時できたばかりの「渡辺プロダクション」の副社長
だった渡辺美佐さんで「若手歌手に大きな会場で尖った音楽をやらせて
あげたい」と企画したのが日劇ウエスタンカーニバルでした。ここで
ミッキーカーティスさんや山下敬二郎さんはステージデビューを果たし、
同時にロカビリーは若者のハートを射止めて、翌日からビッグスターに
なっていったのです。


仕掛け人だった渡辺美佐さんは前準備として、その2ヶ月前に封切られた
石原裕次郎主演の「嵐を呼ぶ男」に大きく関わっています。まず平尾昌晃
さんが登場し歌う場面があり、渡辺プロダクション社長・渡辺晋も
ミュージシャンとして登場しています。さらに渡辺美佐をモデルにした
マネージャーも登場していて、ロカビリーのためのプロモーション映画の
役割を果たしています。


日劇ウエスタンカーニバルが話題になるように色々と仕掛けています。
まず当日は日劇周辺に入場券を求める若者が並ぶようにして、有楽町から
約一キロ、東京駅近くまで並んだとニュースとして取り上げられています。
さらに新聞社雑誌社のカメラマンを客席の後ろではなく、ステージ脇に
招待します。そのために当日撮影された写真は出演者の向こう側に歓声を
上げるお客さんが映り込むような構図になり迫力満点の写真ばかりに
なりました。さらに熱狂したファンがステージに上がってきて歌手に
抱きつく、キスをするというハプニングも臨場感たっぷりに記録されて
います。行列を作るのも、ステージに客が上がったのも、最初は仕込み
だったと言われていますが、それが次第に本物の熱狂に繋がっていったのです。


この日劇ウエスタンカーニバルで始まったものとしてコンサートの
紙テープがあります。これも渡辺美佐さんの指示だと噂されていますが、
その後のコンサートでは床が見えなくなるほどの紙テープが投げられ、
歌手がそれに足を取られて転ぶなんて事もよくありました。ちなみに
最近のアイドルコンサートではまったく紙テープは飛んでいません。
これは「紙テープ禁止」になっているからですが、これが禁止になったのは
1981年3月1日、高知県市民会館での松田聖子さんのコンサートがキッカケです。
デビューちょうど一年の松田聖子さんの人気はものすごくて、コンサート中も
紙テープが乱れ飛んでいたのですが、その一つが聖子さんの左目に直撃して
そのまま病院に担ぎ込まれるという事件が起こっています。その事件から
1ヶ月後に始まった初の全国ツアーで「紙テープの自塾のお願い」が出され、
トップアイドルだった松田聖子が禁止なら、とほとんどアイドルの
コンサートで紙テープが禁止になっていったのです。

2015年7月22日 16:44

愛情運転パトロール

7月22日(水) 自転車の点検

いよいよ 子どもたちの夏休みが始まりました。
今年は どんな夏になるのでしょうか?


さて この夏休みには 
子どもたちだけで サイクリングを楽しむ人も
きっとたくさんいるでしょうね


そんなとき 見送る側も
「気をつけて・・・」というだけでなく、
自転車の点検という形でサポートしてあげて欲しいのです。

ブレーキやタイヤのチェック。
灯かりがつくかどうか 反射材はついているかなど 
大人の目で見てあげて欲しいのです。
   
さあ 今年も 楽しくて安全な夏休みのために 
子どもたちの交通安全を見守りましょう。
今日は この言葉を愛情運転の愛・言葉としておくります。

2015年7月22日 16:40

2時のうんちく劇場

7月22日  ウッチャンナンチャン

51年前:1964年07月22日:ウッチャンこと内村光良さんの誕生日です。


内村さんは映画監督になりたくて横浜放送映画専門学校に入ったという
事もあって、本当はお笑い芸人になるつもりはなかったそうです。
ところがその学校の授業で漫才をやるという課題が出され、たまたま近くに
座っていた南原清隆さんと組んだところ、その漫才の講師としてやって
きていた内海桂子・好江師匠が「この二人は凄い」と見抜き、そのまま
事務所に所属させられたのがスタートです。本気のコンビではなかった
ので、結成した1985年当時、深夜テレビ「オールナイトフジ」の中で
女子大生グループ「おあずけシスターズ」が人気を得ていたので、最初の
グループ名は安易に「おあずけブラザース」でした。その後「お笑い
スター誕生!!」というプロアマ問わずお笑い芸人が出演する番組で人気が
出て、そこから今に至っています。


ウッチャンナンチャンがデビューしてきた80年代中期に、お笑いコント
の中に「ショートコント」というジャンルが登場してきました。それまでの
お笑いは最初から最後まで一つのテーマで物語を作っていくのが一般的
でしたが、若手が短いコントをいくつも連発して笑いを取るという形式を
やりはじめました。これというのは当時いしいひさいち「がんばれ
タブチくん」、植田まさし「コボちゃん」など四コマ漫画がブームだった
からと言われています。そんな中でウッチャンナンチャンが発明して、
今では当たり前になっている方式があります。それが場面を急転換させて
新しいコントをやるときに「ショートコント、コンビニ!」とタイトルを
宣言するスタイルです。


内村さんはプロデューサー的要素も強い方で、売れなかった芸人を開花
させる才能があるみたいです。たとえば、それまで全然売れていなかった
バカルディを「さまあ〜ず」と改名させ、同じく売れていなかった
海砂利水魚を「くりぃむしちゅ〜」と改名させていきなり売れっ子に
なったり、仕事もなくくすぶっていた有吉弘行さんを番組で使い続けたり、
専門学校時代の同級生・出川さんなんかも売り出したのは内村さんです。


内村さんは映画監督になりたいと思ったキッカケの一つが香港のアクション
映画が好きだったというのもあり、さらに風貌がジャッキー・チェンに
似ていたと言うこともあって、体を鍛えてジャッキーのようなアクションを
コントの中でも何度も披露しています。その事もあって、専門学校の
同級生だった出川さんは学生時代から内村さんのことを「チェン」と
呼んでいます。そして本家のジャッキー・チェンと共演することもあり、
その時に本物から「僕にそっくりだ」とお墨付きを貰っています。
実はこの時の出会いをヒントに、ジャッキー・チェンはそっくりな双子が
活躍する「ツインドラゴン」という映画を作っています。