メニュー

検索

GOGOワイド らぶらじGOGOワイド らぶらじ

NOW ON AIR

2012年4月

2012年4月30日 19:27

キャスドラスクーピー

幸せのおすそ分け☆ キャスタードライバー 杉本かよ♪

 

今日は浜松市東区の

宮司さんのお宅に行ってきました!!☆

 

kuro-ba-nituite42 (1).jpg

続きを見る »

2012年4月30日 18:46

キャスドラスクーピー

ディスカバリーパーク焼津♪ キャスタードライバー 杉本かよ

 

今日は、焼津市の

ディスカバリーパーク焼津に

行ってきました!!☆

 

ディスカバリーパーク焼津20120427 (11).jpg

続きを見る »

2012年4月30日 17:59

お知らせ

4月30日 土肥の大木乳業の枇杷(びわ)ロール

 

4月30日(月)~5月11日(金)までの2週間は伊豆市土肥にある

伊豆手作り菓子工房 グリーンヒル土肥で
販売されている 大木乳業の
「枇杷(びわ)ロール」をお1人の方にプレゼントします。

枇杷ロール.jpg

 

伊豆手作り菓子工房 グリーンヒル土肥は、伊豆西海岸への入り口にある
国道136号線沿いの休憩施設です。
地場産品を使ったおいしいものが色々ある中からおススメをプレゼントします。

枇杷ロールは、白あんのクリームに、西伊豆土肥産のびわの果実を

混ぜ込み、スポンジにはびわのリキュールを混ぜ込んだとっても上品な

ケーキです。

インターネットから買うこともできますよ。
「伊豆取り寄せ宅急便」で検索してみてください。

2012年4月30日 17:42

2時のうんちく劇場

4月30日 浅草

 

1960年04月30日
江戸末期に焼失したままだった浅草寺の雷門が復元落成

 江戸時代に既に観光名所だった雷門で、1800年頃に書かれた
浮世絵などにもお馴染みの「雷門」と書かれた大きな提灯が
登場しています。ところが1865年、慶應元年の火災で焼失し
ています。実はそれ以降、お祭りの時に簡易的な門を作る事
はあったそうですが、1960年まで、明治時代、大正時代、昭和
の戦前などの100年ほど浅草のあの場所には雷門は無かった
のです。現在、あそこに立っている門と提灯は、松下幸之助
さんが病気になった時に浅草に祈願し、治った感謝の気持ち
で建て直したものなのです。この門の正式名称は『風雷神門』
といって自然災害から人々を守るための門で、あそこにある
大きな提灯の真下には自然を司る神様の龍が彫られています。
浅草というと江戸時代から観光名所だったのですが、自由に
人が旅行出来るようになった明治時代はさらに観光地化が進
んでいます。その中で注目されたのが明治23年に作られた、
12階建ての展望台・凌雲閣(りょううんかく)というものです。
今の東京スカイツリーより衝撃的な建物だったのです。
実際には12階建ての塔というのは当時の技術的に無理があった
みたいで、関東大震災で崩壊しています。さらに無理があった
のは、この塔の中に日本初の電動式エレベーターが登場して
いるのですが、余りにも危険だとして設置から半年後に明治
政府から運転禁止を言い渡されていて、その後は12階の展望台
まで歩いて昇るという事になっています。

現在の浅草で昔を懐かしめる場所として「花屋敷」という
遊園地があります。「花屋敷」という名称はもともと江戸時代
に植物園として開園した事に由来しています。ここにある
ジェットコースターは1953年に設置されたもので、日本で二番
目に設置されたジェットコースターで(第1号は宝塚遊園地に
あったもの)現存する日本最古のジェットコースターとなって
います。

最近は浅草というとサンバカーニバルも有名です。実はこの
サンバカーニバルは1970年代末、浅草の演劇などが下火になっ
て客足が遠のいた時に、台東区の区長と喜劇役者の伴淳三郎
さんが「なんとかしないといけない」と考え、当時神戸で開催
されたサンバカーニバルが話題になっていた事もあって
「ブラジルとは何の関係もないが、お祭り好きの浅草でウケル
んじゃないか」という事で、1981年から実施されている
イベントなのです。

2012年4月30日 17:28

情報五つ星

4月30日 『目指せ!食料自給率100% 話題の食と農の複合施設ってどんなところ? の巻~』

 

千葉県柏市に、去年9月にオープンした
食と農の複合施設 「オークビレッジ 柏の葉」

マーケティング部の鈴木さんに電話でお話しを聞きました。

体験型農園と、レストラン、カフェ、ウェディングなどを
扱う複合施設になっているそうです。
農園は全部で80区画あり、現在は44区画が契約されている。
ちなみに1区画は 10㎡=畳6枚分くらいだそうです。


周辺地域にはマンション住まいで都心に通勤している人が多く、
子どもに土を触らせたいという人、趣味に野菜づくりをしている
人などで人気を集めています。
無農薬で安心な野菜を栽培できる。道具などは貸し出してくれるので
手ぶらで行っても大丈夫。
農園インストラクターが教えてくれたり、講座や勉強会もあるので
週末の楽しい過ごし方としてこれから益々発展していきそうですね。

オークビレッジ 柏の葉のホームページは こちら 

2012年4月27日 16:23

放送後記

4月27日 オレンチェ生出演♪

 

120427オレンチェ.jpg

オレンチェを代表して

あやのさん、しのぷさん、かおりさんがスタジオに来てくれました。

5月4日の焼津さかなセンターの公開放送ではゲストに登場します。

皆さんぜひ、彼女たちのステージをみにきてくださいね。

 

 

 

 

2012年4月27日 16:02

情報五つ星

4月27日 第105回 ツリーハウス

 

120427トムソーヤ.jpg

今日は浜松市天竜区にお住まいの 山本六二郎さんが

スタジオに来てくださいました。

山の立ち木を利用した ツリーハウスは宿泊もできるそうです。

山小屋のように楽しく活用されているということで、

とてもうらやましくなりました。

 

 

 

 

2012年4月26日 19:21

キャスドラスクーピー

4月26日(木)徳川家康の長生きの秘訣!

こんにちは☆キャスタードライバーの矢田部ゆかです♪

o0480064011962160036.jpg

徳川家康の長生きの秘訣は・・・“食”にありました!!

 

続きを見る »

2012年4月26日 16:37

情報五つ星

4月26日 茶ら男が新しいお茶のPR!

静岡県内各地で、お茶の初取引が行われています。
県を代表する産業であるお茶ですが、天候に左右されたり、県内で
放射性物質が検出されるなど茶業界にとっては厳しい状況が続いています。
そんな逆風をはねかえすべく、ある男が立ち上がりました!

今日電話で出演していただいたのは富士市の「チャラオ」こと
山田製茶の山田典彦さん

RIMG0030.jpg

茶ら男さん。表情が硬いと言われていたので

アップはこちら。

 

RIMG0033.jpg


今まではお客さんを待って、おいしいお茶を販売していましたが、
これからは、もっともっと外に出て
静岡のお茶をPRしなくてはと、「茶ら男(チャラオ)」という
ニックネームをつけて、インパクトのあるコスチュームも用意しました。

(イメージはカールおじさんだそうです♪)

製品を手に取ってみて、お茶の香りを嗅いでもらうために
これからいろいろなところに出かけて行くそうです。

5月14日には東京の巣鴨で 巣鴨信用金庫主催の
「すがも 四の市」に出られるそうです。
静岡のお茶のPRをよろしくお願いします。

2012年4月26日 16:26

2時のうんちく劇場

4月26日 ホームラン

1959年04月26日

王貞治、後楽園球場でプロ入り初ホームラン
実は王貞治さんはデビュー戦から26試合連続無安打で、
やっと出たのがこのホームランだったのです。

 そこから王さんのホームラン量産が始まり、18年後の1977年に
世界記録の756号ホームランを打っています。王さんは、それまでの
バッターは両脚で踏ん張って立つという常識を覆して片脚で立つ
「フラミンゴ打法」と呼ばれるスタイルを採っていました。その
ためにそれまで世界記録を持っていたハンク・アーロンから世界
記録更新を祝ってフラミンゴの剥製が送られて来たそうです。
お祝いなのか嫌がらせなのかよく判らないプレゼントですが。
最終的に王さんは1980年の引退までに868本のホームランを打って
いますが、これは公式試合でのホームランで、他にオールスター戦
や日米野球などのイベント試合でのホームランを合計すると通算
1032本のホームランを打った事になります。それらの記録を作って
いったバットは博物館に飾られたり、マニアが高値で売買していま
すが、その中で引退した1980年に846本目のホームランを打った
バットは八代亜紀さんが所有しています。というのも、79年の
シーズンオフにパーティで同席した八代亜紀さんが「846本目を
打つのはいつ頃になりますか?」と尋ね王さんが「来年の5月頃
かなあ、でもナンデそんな質問するの?」と質問仕返し「846、
つまりヤシロなので」という話をしたのですが、その事を覚えて
いた王さんは846号を打ったバットを八代亜紀さんにプレゼント
したのです。 ちなみに最後のホームラン868号を打ったバットは
徳光和夫さんが所有しているそうです。

日本で野球という物がはじまったのは明治時代ですが、まだプロ
野球がなく学生野球しか無かった時代にホームランの事を「文太球」
と呼んでいたそうです。当時、東京大学予備校野球チームに後に
歌人になる正岡子規が所属していたのですが、そのチームメイト
に山田文太郎という人がいました。この方、とにかく打席に立てば
必ずと言っていいほどホームランを打つ強打者だったのですが、
当時まだホームランという英語が一般的ではなかった事から、客席
まで飛んでいく打球の事を「文太球」と呼んだそうです。一部では
それを命名したのは正岡子規だという説もあります。

王貞治さんはホームランを量産しましたが打率で言うともっと凄い
選手が過去にはいました。昭和27年に東急フライヤーズというチーム
がありました(現在の日ハムファイターズの前身です)が、このチーム
にいた塩瀬盛道という選手はリリーフで初めてバッターになった際、
いきなり初打席でホームランを打っています。しかし塩瀬選手はこの
1試合しか出場出来ずに引退しているのです。つまり生涯打率は10割、
打った球はすべてホームランという記録上史上最高の打者という事に
なっています。