メニュー

検索

GOGOワイド らぶらじGOGOワイド らぶらじ

NOW ON AIR

2012年2月

2012年2月29日 16:36

情報五つ星

2月29日 ザ・クロマニヨンズ特集~♪

今日お送りしたのは、「ザ・クロマニヨンズ」の話題。
2006年7月に結成した4人組のロックバンド。
「ブルーハーツ」「ハイロウズ」の元メンバーである甲本ヒロトさん
真島昌利さんの2人に、ベースの小林勝さん、ドラムの桐田勝治さん
を加えた4人で活動しています。
メンバーの平均年齢が46歳にもかかわらず、今も全国57公演という
大規模なツアーを展開中~!なのだそうです。
その全国ツアー、『ザ・クロマニヨンズ ツアーエースロッカー2012』
静岡でも2公演、行われます。3/20(火・祝)ライブハウス浜松窓枠
                  5/19(土)  静岡市民文化会館
浜松の分はすでにSOLD OUT。
静岡公演の一般発売は3月24日(土)からです。(税込み・4800円)
どうぞ、お楽しみに~♪


今日おかけした曲は、ナンバーワンやろう(BGM)
             タリホー
             流線型
             雷雨決行               ……でした♪

2012年2月29日 16:18

2時のうんちく劇場

2月29日 閏年

本日は4年に一度の2月29日です。らぶらじ的には2回目の閏年です。
ちなみに閏年は夏のオリンピックがある年で、
アメリカ大統領選挙がある年です。

 閏年に1日プラスするというのを考案したのは古代ローマ時代ですが、
その時のカレンダーは通常毎月31日まであり、2月だけが23日で、
そこに閏年として2月の最後に24日目が加えられていました。
つまり閏日は2月24日だったのです。その後、現在の暦になったのですが、
現在でも4年に一度加えられる閏日は23日の後、2月24日と考えられていて、
通常年の2月24日から28日までが1日ずつ後にズレているとなっています。
英語では閏年のことを「リープイヤー(leap year)」と言って、
本日の2月29日を「リープデー(leap day)」と言います。
「リープ」とは飛び越えるという意味です。何を飛び越えるのかというと、
毎年元旦の曜日というのは今年が月曜始まりだと、翌年は火曜、
その翌年は水曜と順番通りにズレていくのですが、
閏年の翌年は1回曜日がジャンプしてしまいます。
例えば今年は日曜始まりだったのですが、通常なら来年は
月曜始まりなのですが、閏年の次の年なので1つジャンプして
火曜始まりになっています。そう言う意味のリープイヤーなのです。
日本では女性が男性に告白する日はバレンタインデーとなっていますが、
イギリスの『ブルーワー故事成語辞典』によると、その昔、
ヨーロッパでは閏年の2月29日には女性が男性に求婚することが出来、
もし断ったら男性は罰金を課せられたそうです。
それだけ特別な日と考えられていたのです。
古く日本には「閏年に仏壇を新調してはいけない」という物がありました。
日本では月の満ち欠けで暦を作っていましたが、そこで30日周期の暦だと、
30日×12ヶ月=360日なので数年で大きく季節がズレてしまう事から、
閏年は12ヶ月ではなく13ヶ月になります。
当時の武士の給料は年単位で貰う物で、1年が12ヶ月でも13ヶ月でも
変わらなかった事から、閏年はいつもより倹約しなくてはイケナイという理由で、
仏壇の新調などは謹むようにと考えたのがキッカケです。
古代ローマ時代から4年に1度日付を加えて
季節のズレを調節しているのですが、実はそれをやっていると
今度は逆方向にズレて行く事が1500年代に判明します。
そこで決定したのは100年に一度、末尾00年の閏年は行わない
という事になったのです。が、さらに計算で、今度は400年に一度
1日ズレてしまうという事が判明して、100年に一度閏年は行わないけど、
400年で割り切れる年は閏年になるという面倒くさいルールです。
そのために1900年は「本来は閏年だったけど100年に一度の閏年ではない年」
だったのですが、2000年は「本来は閏年だったけど
100年に一度の閏年ではない年、だけど400で割り切れるので閏年」
という面倒くさい日でした。という雑学を覚えていても・・・

2012年2月28日 19:06

キャスドラスクーピー

2月28日(火)富士山らぶらじスクーピー最終回!

こんにちはキャスタードライバーの矢田部ゆかです

富士山最終回・富士根保育園 (13).jpg

富士山本宮浅間大社に行って来ました♪

続きを見る »

2012年2月28日 17:39

キャスドラスクーピー

2月27日(月) ?! わさびのフルコース ?!

脇役。。。ではなく、今回はわさびが主役です!!!

20120227わさび (24).jpg

なんと、わさびのフルコースを楽しめる旅館がある!ということで、

伊豆氏湯ヶ島の「伊豆天城湯ヶ島温泉 白壁荘」にお邪魔しました☆★☆

続きを見る »

2012年2月28日 16:55

情報五つ星

2月28日 「キッチン奉行~遠山のゆみさん~」

今日は、リスナーさんからの質問に、お答えいただくコーナーでした。
この春から1人暮らしを始めるお子さんをお持ちの方、必聴!
不慣れでも作りやすく簡単なおススメ料理など、
暮らしに役立つアドバイスをいただきました。


※ひとり暮らしの食生活…時間的にも経済的にも難しいことが多いですが、
 計画的に余裕をもって生活することが大切です。
  ・缶詰、乾物、小さな野菜
  ・シリコン&電子レンジ
  ・フードプロセッサー
 といった物を上手に活用するといいそうです。
 それから、必殺技!とも言うべきアドバイスが…!!
 “八百屋さん、魚屋さん、肉屋さんと仲良くするべし!”
 何でも買えるスーパーマーケットはとても便利ですが、ぜひ商店街の
 「おとうさん」「おかあさん」と仲良しになってください。
 食材の選び方から、美味しい食べ方まで教えてくれます。
 学校帰りに通りかかれば、売れ残ったものを安く分けてくれる…
 なんてこともあるんです!※
 

2012年2月28日 16:35

2時のうんちく劇場

2月28日 氷河期

 まだ寒さが続きますが、最近「氷河期がやってくる」なんて話を
聞いた人もいると思います。自分が子供の頃からよく科学雑誌などでも
言われていた事で、地球はこれまで熱い時代寒い時代を繰り返していて、
これから先は徐々に氷河期に向かっていくと言われています。

 氷河期になると色々な問題が発生するのですが、
北極・南極から海が凍り始めると海の水位が低くなっていきます。
そして北海道はサハリンと陸続きになります。
そして北海道・本州・四国・九州が繋がってしまいます。
さらに韓国とも繋がってしまう可能性があるので、そうなると
竹島がどうこう以前の話になってしまうのです。
実は氷河期が一気にやってくるワケではなく、細かい「小氷河期」と呼ばれる
ちょっと寒い時代が100年ぐらいの周期でやって来るとも言われていて、
記録上では幕末から明治時代に掛けて、寒い時代があったとされています。
記録の中では190年前、幕末の1822年2月に品川で
積雪2mという記録が残されていて、この時の寒波で隅田川が凍っています。
152年前、1860年の桜田門外の変が起こった時も
雪が降っている場面が描かれますが、この事件が起こったのは
安政7年3月3日なのですが、今の暦に直すと3月24日なのです。
その時期に積もるほどの雪が降っていたのです。
他には明治時代に来日したラフカディオ・ハーン、日本名・小泉八雲さんは
日本の怖い話を収集したのですが、その中にある雪女の話。
雪深い里での話ですが、実は東北の話ではなく
舞台は東京都郊外の青梅なのです。当たり前のように東京も
雪に覆われていたのです。
幕末頃の寒さは日本全土に広がっていて、沖縄に関しては
気象観測が開始されたのは明治時代半ばの1890年からなのですが、
それ以前、琉球の歴史書『球陽(きゅうよう)』という書物の中には、
江戸時代後半の1774年から1857年までの間、5回、
雪が降ったと記録されているのです。幕末から続いた小氷河期は
戦前ぐらいまで余波があって、昭和11年の226事件の時は
東京の積雪は35cmになっています。記録上で一冬の積雪量日本一は
昭和2年(1927)の滋賀県伊吹山での11m82cmという物です。
寒さの記録は明治35年(1902)1月25日の北海道旭川市での
マイナス41度なのですが、この時青森県の八甲田山では
有名な遭難事件が起こっています。
幕末以前は平安時代が小氷河期にあたるみたいで、
万葉集などでは雪の風景が多く描かれていますが、それに対して
夏の暑さを詠んだ句はほとんど無いのです。この時代、
寒さを凌ぐために考案されたのが十二単という重ね着だったのです。
これから氷河期に入っていくと言われているのですが、
完全な氷河期になるのは1万年先という話なので、
それまでに人類は何かを発明していると思います。

2012年2月27日 16:56

放送後記

2月27日 ゲスト「ピアノジャック」♪

DSCN2568.jpg

オタックチャンスはお休み! 本日はゲスト・コーナーでした。
「ピアノジャック」さん、ステキな音楽をありがとうございました!

2012年2月27日 16:28

情報五つ星

2月27日 『目指せ!食料自給率100%!らぶらじファームでジャガイモ作り体験始動!(波乱含み)の巻~!』

今日は、先日2月25日(土)、小学生の子供達と一緒に
ジャガイモを育てようという企画「らぶらじファームでジャガイモ作り体験」
の1回目、ジャガイモの植え付け作業の模様をお伝えしました。
今回は、開催日の前日にもまとまった雨が降ってしまったので、
グリーンファームの皆さんが畑をシートで覆ってくださって、
何とか予定通りの日に植え付けすることが出来ました。
ジャガイモは3種類、「男爵」「キタアカリ」「トヨシロ」
畑に溝を5センチの深さに掘り、そこにペレット状の肥料をまき、
その上に藁を敷き種芋を置く…というやり方です。
お昼には雨も上がり2時間以上作業しました。
そして、最後に次回までの宿題として、クイズが出題されました。


次回は4月1日に、草取りと土かぶせという作業をします。

2012年2月27日 16:18

2時のうんちく劇場

2月27日 カツオ

毎月27日は「2・7」でツナの日となっています。

 一般的にツナというのはマグロというイメージですが、
実際にはツナというのはマグロだけじゃなくカツオやスズキなどの総称です。
カツオを正しい英語で言うと「スキップジャック・ツナ(Skipjack tuna)」
となります。スキップジャックとは海面に飛び出してくるという意味で、
海軍では潜水艦などに付けている名称です。
カツオという名前は日本書紀や万葉集では「堅魚(カタウオ)」として
書かれています。この当時は傷みやすい魚だったので
生ではほとんど食べる事はなく、干し魚として食べられていました。
堅いというのは生で食べた時ではなく、煮ると身が固くなってしまう事から
堅魚だったのです。その「堅魚(カタウオ)」という二文字を1つにまとめたのが
現在使われている「魚偏に堅い」の鰹ですが、この漢字は
日本で考えられた国字という物で中国では通用しません。
しかし実はまったく同じ漢字が中国にもあります。中国では鰹という漢字は
「ウナギ」を意味します。実はウナギは生で食べようとすると魚の中で
もっとも堅いと言われています。天然ゴムのような物で、
それをウナギ屋さんが工夫して柔らかく美味しくしてくれるのです。
江戸時代の中頃は運搬技術も進んで生カツオを食べるようになり
「江戸っ子は無理してでも初がつおを食べる」と成っていったのです。
有名な言葉に『目に青葉、山ほととぎす、初がつお』とありますが、
これは江戸時代の俳人・山口素堂(やまぐち そどう)が
1678年に書いた作品です。実はこの時代の江戸っ子達は
カツオを醤油+おろし生姜で食べていません。食べ方で一般的だったのは、
醤油とカラシで、さらにカラシと味噌、カラシと酢と混ぜ合わせたもので
食べるのが主流でした。醤油ではなくカラシで食べていたのです。
当時の川柳でも《梅にうぐいす、カツオにカラシなり》
と言うものが残されています。カツオのイラストというと
銀色のお腹部分に縞模様が描かれてる事が多いのですが、
あの線は生きて海を泳いでいる時は無く、捕まえられて死んだ後に
出てくる模様なのです。新鮮な時は無い物なのです。
かつて記念切手でカツオがデザインされた時に、イラストを書いた方が
カツオを良く知っていたので海を泳ぐ縞模様の無いカツオを書いたのですが、
発売と同時に郵政省には「縞模様が書かれていないのでカツオに見えない!」
とクレームが殺到したそうです。
普通、魚はエラを自分で開閉して酸素を循環させるのですが、
カツオやマグロはエラ部分に筋肉が無くて自分で開閉出来ないので、
ずっと泳いで勢いで海水を飲み込みエラから出しています。
それをやらないと酸欠になってしまいます。
さらに重いので時速50キロを下回ると沈んでしまうという事で、
生まれてから死ぬまでずっと泳ぎ続けている「止まると死ぬんじゃ」という
間寛平さんのような魚なのです。

2012年2月24日 22:08

キャスドラスクーピー

2月23日(木)初の試み!神奈川県小田原市から中継!

こんにちはキャスタードライバーの矢田部ゆかです
2012022314480000.jpg
今日は静岡県を飛び出して、初の神奈川県小田原市からの中継です

続きを見る »