メニュー

検索

GOGOワイド らぶらじGOGOワイド らぶらじ

NOW ON AIR

2011年12月

2011年12月30日 17:34

キャスドラスクーピー

12月30日(金) 年の瀬ですねぇ。。。

 

今日は賑わっている静岡伊勢丹へ。

20111230 静岡伊勢丹 (14).jpg

今日はファッションではなく、、、

年末といえば!!

 

 

続きを見る »

2011年12月30日 16:16

情報五つ星

12月30日 第88回 サッカー

DSCN2505.jpg

藤枝市 萩原澄枝さん

2011年12月29日 16:45

キャスドラスクーピー

2011年12月29日(木) 石垣いちご狩り♪

今日はオススメのドライブスポットを紹介♪

静岡市清水区増に行ってきました★

ここでは、石垣いちごが栽培されているということでいちご農園にお邪魔してきました!

2011.12.29 らぶらじ 静岡市 やまろく (7).jpg

 

続きを見る »

2011年12月29日 16:27

情報五つ星

12月29日 「おやじギャグカルタ」

DSCN2504.jpg

この、ユニークなカルタ、年末年始にいかがですか!?
“おやじギャグ”(ダジャレ)は脳を活性化し、ボケ防止になる!と
最近注目されているそうです。
ユニークなだけじゃない、お役に立ちます!…とは、開発者の
「ビバリー」企画部・次長 田口九さん
今回はSEASON2、2008年9月に発売された第1弾は4万5千個を
売り上げる大ヒット商品となったそうです。
価格は、1575円。    お問い合わせは、0120-35-7210まで。
(ただし今年は仕事納め。
    会社はお休みに入っているので年明けまでお待ちください!)                           

2011年12月29日 16:09

2時のうんちく劇場

12月29日 南方熊楠

1941年12月29日:博物学者の南方熊楠が74歳で亡くなっています。

 少年時代、植物の採集に山へ入り数日行方不明になっています。
この時、天狗にさらわれたと噂された事から「天狗さん・てんぎゃん」と
あだ名を付けられています。実際は大好きな植物採集に出かけて時間を忘れ、
しかもどの植物が食べられるか知っていたので、
そのまま数日植物採取を続けていたのではと言われています。
そのぐらいに色々な知識があり、さらに集中力が凄かった人なのです。
10歳の時『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』と言う
江戸時代に書かれた日本初の百科事典に興味を持ち、
その本がある家に通い詰めて全部で105冊ある本を5年掛けて
図まですべて写し取ったそうです。それと同時期の12歳の時、
学校帰りに古本屋で『太平記』を立ち読みするのを日課にしていて、
帰宅後に暗記した文章で写本を完成させた事もあります。
その脳を働かせるために13歳の頃から毎日、盃1杯の砂糖を
なめるようになっていたそうです。これは脳みそが働くときの栄養素として
糖分が必要な事なので理にかなっています。かの養老孟司さんも
会議や打ち合わせの時にずっとチョコレートを囓っているそうです。
南方熊楠は甘い物以外にも食欲旺盛で沢山食べていたのですが、
麺類など長細いものが嫌いで、なぜか食べると頭が痛くなると語っています。
食べるのと同時に、汚い話ですが自由自在にげーっとクチから戻せるという
特技をもっていて、喧嘩の時には、いきなり相手の顔面にソレを吐きかけ、
ひるんだ処を下駄で殴るって逃げるという戦法で無敵だったそうです。
さらに自分が出したソレを猫のエサにしていたそうです。
食事中の方、ごめんなさい。
南方熊楠はまだほとんどの人が自然の生態系という物を考えていなかった
明治時代に、森林伐採によって生物の環境が変化してしまう事を訴えています。
日本のエコロジー運動家の元祖だと言われていますが、
当時の活動により森林伐採が中止となって守られた森の中には
現在世界遺産となっている熊野古道も含まれています。
南方熊楠は博物学といって、とにかく何でも調べて研究する事をしていましたが、
その中でも菌類学者として有名でした。その事から
植物、特に菌類の研究者でもある昭和天皇と昭和4年に面会しています。
その際に珍しい植物や菌類の標本を110箱も献上しているのですが、
その標本に使った箱はキャラメルの空き箱だったそうです。
75歳で亡くなる直前に、娘の文枝が医者を呼ぼうかと言うのですが、
か細い声で「もういい、この部屋の天井に美しい紫の花が咲いている。
医者が来れば、この花が消えるから呼ばないでくれ」と語っています。
それが最期の言葉となったそうです。

2011年12月28日 18:08

放送後記

てっちゃんと雪で遊ぼう in 富士山こどもの国

12月25日(日)クリスマスの日
SBSラジオ らぶらじスペシャル 静岡かがく特捜隊
「てっちゃんと雪で遊ぼう in 富士山こどもの国」が開催されました。

親子合わせて40人近くの方が参加してくれました。

 

富士山こどもの国 003.jpg富士山こどもの国 002.jpg
 大きな富士山がみんなをお出迎えしてくれましたよ♪

 

 

まずは富士山こどもの国の人口雪が広がる「雪の丘」で
『雪でかがく』と題して、雪を使った実験をしました。

一つ目の実験は『雪と塩を使ってシャーベット作り』
ジュースが入ったビニール袋を、両手分ほどの雪と少量の塩を混ぜた袋で包み、
5〜10分もみ込むとジュースがシャーベットに大変身しちゃうんです。

富士山こどもの国 007.jpg
お父さんお母さんと一緒にシャーベット作成中!

 

富士山こどもの国 009.jpg
完成したシャーベットをてっちゃんに見せてくれました!


出来上がると、みんな喜びながら自分が作ったシャーベットを味わいました。

 

 

続いて、『そりのスピード実験』
1人乗りのソリと3人乗りのソリ、どちらが速いでしょうか?
という実験をしました。

富士山こどもの国 010.jpg
てっちゃんVS女の子3人

 

その後、みんなも実際にソリすべりをして、
速くすべる方法を研究しながら楽しみました♪
富士山こどもの国 011.jpg

 

 

その他に、雪山宝探しや人工雪の増雪機を見学して雪を堪能しましたよ。

 

富士山こどもの国 012.jpg富士山こどもの国 014.jpg
みんな真剣に雪山の中からお宝探し中!

 

 

富士山こどもの国は自然豊かな場所でもあります。
午後は、富士山こどもの国のインタープリター“タマちゃん”と一緒に
自然散策ツアー「冬の自然観察」に出かけました。

富士山こどもの国 020.jpg
木の芽を観察したり…

 

富士山こどもの国 024.jpg
池の周りで動物の足跡を見つけたり…

 

富士山こどもの国 027.jpg
鳥の巣を発見したり…

 

動物の姿を見ることができませんでしたが、
足跡やフンなど、動物たちが生息している目印、
“フィールドサイン”をたくさん見つけることができました。

 

冬の自然を楽しみながら学んだ一日でした♪
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

2011年12月28日 16:26

情報五つ星

12月28日 清商ブルーTシャツプロジェクト

DSCN2502.jpg

今日は、静岡ならでは!の話題をお送りしました。
静岡といえば…サッカーですよね!!
「サッカー王国しずおか」を代表する高校として、だれもが認める
市立清水商業高等学校OBたちが立ち上げた
                        プロジェクトのご紹介です。
スタジオでお話しくださったのは、久保田潤さん伊藤ワタルさん
高橋リュウタさんの3人。「清商ブルーTシャツプロジェクト」
清商は、31日(土) 熊本代表のルーテル学院と全国の一回戦を戦います。
ご存知のこととは思いますが清商は、県立庵原高校との統合が決まっており
まもなく閉校します。そんな思いも重なって、この選手権にこのTシャツを着て
応援しよう!というもの。卒業生で、一時代を築き上げたジュビロ磐田
川口能活選手も快く賛同してくださったということです。

正月の国立が、このTシャツで埋まる日を思い描き、あなたも一枚、
いかがですか!?            インターネットでの購入が可能です。

 

 

2011年12月28日 16:11

2時のうんちく劇場

12月28日 作曲家ラヴェル

1937年12月28日;フランスの作曲家ラヴェルが62歳で亡くなっています。
(有名なのは『ボレロ』です)

 ラヴェルは学生時代から天才という扱いを受けていました。
しかしフランスが芸術家に対して送る「ローマ賞」というコンテストで1回目は2位、
それ以降4回応募した全てが落選しています。
その事から「不正が行われている」と抗議をし、それに学校の先生や
作家のロマン・ロランも加わるなど騒動に発展し、それによって
賞に関係してた音楽学校の校長が辞職するなどのスキャンダルに
発展した事もあります。周囲が天才と認めている上に、自分に自信があり
名誉欲が強かったのです。ラヴェルの作曲した曲に「クープランの墓」という
作品があります。この曲はフランスの作曲家クープランを主題に、
偉大なる作曲家に捧げるために書き始めたものでした。
しかし途中で両親が亡くなり、第一次世界大戦が始まって
友人の多くが戦死した事で、様々な想いをこめて曲を完成させています。
その後、この曲はフランスの名誉あるレジオンドヌール勲章を
受賞する事になったのですが、ラヴェルは
「戦争に便乗して自分だけが栄誉を受けるわけにはいかない」と拒否しています。
以前は賞に固執していたラヴェルが戦争など人の痛みに触れ、
変わっていったのです。
ラヴェルは異常なほどファッションにこだわっていたと言われていて、
旅に出かける時には毎回大量の箱詰めされた洋服を運ばせた
とも言われていますが、周囲からはセンスの無さを指摘され
「オウム」という渾名を付けられた事があります。
それでも常にキチッとしていないと気が済まなかったらしく、家にいるときも
常にネクタイ着用だったそうです。
1932年、57歳の時にラヴェルはタクシーに乗っている時に
交通事故に遭ってしまいます。
この時に脳に障害を受け、頭の中にメロディが浮かんでも
それを表現出来なくなってしまいます。それまでは会話をするように
思ったままピアノが弾けたのが弾けなくなり、楽譜の書き方も解らない、
読めないという風になってしまったのです。曲がどんどん思い浮かぶのに
それを表現する事が出来なくなり「頭の中にメロディが溢れているが、
それを追い出す事が出来ない」と苦しみ続けます。それを見かねた友人達が
万が一の確率だが手術をさせる事にしたのです。しかし、結果として
その手術が原因で1937年12月28日に亡くなってしまったのです。
その手術後、一時的に意識を取り戻したラヴェルは突然とある女性に会いたい
と名前を告げています。ラヴェルは生涯独身だったのですが、
その女性は身の回りの世話をしてくれた家政婦さんだったそうです。
この家政婦さんはラヴェルが偉大な作曲家だという事をまったく知らずに、
普通に接してくれていた方だったそうです。

2011年12月27日 19:06

キャスドラスクーピー

12月27日(火)富士山静岡空港へ

こんにちは!キャスタードライバーの矢田部ゆかです

空港・つむらや (7).jpg

12月27日(火)は富士山静岡空港に行って来ました

続きを見る »

2011年12月27日 16:42

情報五つ星

12月27日 キッチン奉行~遠山のゆみさん~

今日も、リスナーさんからの質問に、遠山先生にお答えいただきました。
和風料理が多くなるこの時期、おススメの活用術です!


     ~出汁をとったあとの昆布をおいしく~

昆布はたくさんの旨味を含んでいるので2回お出汁をとっても
まだまだおいしいさが残っています。 
捨ててしまうのはもったいないですから全部食べてしまいましょう。 


まずは「出汁をとった昆布を食事の中に入れてしまう方法」。
おいしい出汁をとりながらおいしくごはんたいて
ワサビをニコニコしながら、やさしくすりおろしておきます。
出汁には塩としょうゆでうっすら味をつけ昆布は細く切って
炊きたてのごはんに混ぜます。昆布を混ぜ
たごはんを器によそい、すりたてのワサビを天盛りにして、
お出汁をたっぷりかけていただくのです。
 

どうでしょう・・・出汁の香りとごはんの甘味
ワサビのほのかな甘さとネットリとした食感と程好い辛味
温かな湯気・・・ 想像できたでしょうか。
子ども達にもぜひこんなおいしさを知って欲しいと思います。
 

また、フライパンなどに昆布をしき、その上に野菜やきのこ、
魚介類やお肉をのせ酒を振りかけてフタをし、蒸すのもオススメです。
火がとおったら、バター少々とおしょうゆをたらし食べましょう。
昆布の旨味が食材に移って、とてもおいしいものです。

すぐに食べない場合は冷凍します。
ある程度たまったら、定番ですが佃煮にします。 
昆布はお酒と水に酢少々を加えて、やわらかく煮てから、
調味料を加えます。
 

あわせる食材を変えれば、レシピは無限大に広がります。
山椒、とうがらし、ゴマ、柚子、梅干・・・いろいろお試しください。 

コツは、昆布を柔らかく煮る際、お酢を少々加えること。
こうすると、柔らかくにあがります。