メニュー

検索

中村こずえのfeel so good!中村こずえのfeel so good!

NOW ON AIR

2017年3月29日 12:00

こずえのお仕事お悩み相談室

『こずえのお仕事悩み相談室』 「無期転換ルール」について

3月29日(水)
『無期転換ルール』について


湖西市にお住まいの35歳の男性からの相談です。
自動車部品関係の企業に契約社員として勤務しています。これまで10年以上、10回も契約を更新してきました。今年も契約をしましたが、そのときに、「来年は更新しない」と言われてしまいました。自分自身としては、これまでの間、真面目に勤めてきましたし、職場の人間関係も良好でやりがいを感じながら仕事をしてきたつもりです。先日、父親から「無期転換ルールが施行されるが、大丈夫か?」と聞かれましたが、そもそも無期転換ルールが何なのかわかりません。やはり自分は、今までの職場では働き続けることができないのでしょうか?というご相談です。



◆「無期転換ルール」について・・・


「無期転換ルール」というのは、労働契約法第18条で定められた法律です。2013年に施行された改正労働契約法により、規定された雇用に関する新しいルールで、有期労働契約で働く方が対象となります。

無期転換とは、2013年の改正で、有期労働契約の通算期間が5年を超え、更新回数が1回以上、さらに現時点で同一の企業との間で契約している場合、無期労働契約への転換を申し込む権利が発生することを言います。

現在 有期労働契約を繰り返しつつ働いている労働者が一定の条件を満たせば、無期労働契約への転換を申し込むことができるというわけです。

これは労働者からの申し込みが必要で、申し込みをするかしないかは、労働者の自由となっています。実際、有期労働契約で働く人は「来年も働けるのか?」と心配が常につきまとい、不安定な雇用ともいえます。ですから、安定的に同じ企業で働き続けたい方にとっては「無期転換ルール」は願ってもないルールとも言えます。


◆今回の相談者の方の場合・・・

相談者の方は10年も契約を更新してきたのに、「次は更新しない」と言われたとのことでした。通算期間5年はクリアしているのにおかしいのでは?とお思いでしょう。

でも実は2013年に改正されてから通算5年、ということになるため、無期労働契約への転換を申し込む権利が発生するのは、来年の4月から、ということになるんです。

つまり、法改正後、改めてカウントが始まるから、2013年から通算5年を経ると初めて権利が発生するのは一番早いケースで来年の4月・・というわけなんです。

相談者の方のお勤めの企業は、無期転換の申し込みをされないように、この3月で更新をしないと言ってきたようにも感じてしまいます。

本来は企業側にこうした逃げ道をつくってはいけないのですが、法違反とはならないため、昨年の秋以降、連合は相談窓口を設けて、有期労働契約で働く方の声を聞いてきました。実際にはこうした相談がこれから増加するのではないかと予想しています。



◆次回の更新をしないと言われた場合・・


有期労働契約は、企業側が更新を拒否したときに契約期間の満了により雇用が終了します。これを「雇止め」と言います。でも有期労働契約であるからといって企業側は自由に契約を打ち切ったり、更新を拒否できるわけではありません。労働者保護の観点から、過去の契約期間や更新の状況などによっては、雇止めが無効となり、保護されるケースもあります。


◆実際に労働者の方ができること・・・


まずは「雇止め」の理由について、会社に証明書を請求してください。雇止め予告後に請求できればいいですが、雇止め後でも構いません。そして労働者からの有期労働契約の更新申し込みが必要になるため、「今回も更新したい」と働き続ける意思を企業側に伝えてください。それでも「更新しない」と言われたら、ぜひ連合静岡の労働相談ダイヤルまでお電話ください。ベテランの相談員が対応させていただきます。


◆無期転換ルールの企業側のメリット・・・


考え方によっては、今回の相談者の方のように、意欲と能力のある労働力を安定的に確保しやすくなるというメリットがあります。また長期的な人材活用戦略を立てやすくもなるでしょう。

最近の報道で労働力不足、人手不足で困っている企業も多いと耳にすることがあります。

ですから、企業側もこのルールを活用して、働く人がますますやりがいを感じながら働けるような環境整備をしてほしいですね!

◆コーナー終了についての、静岡連合からのご挨拶・・・


2年半にわたり多くのリスナーのみなさまに、ご愛顧いただき、大変ありがとうございました。もちろん全ての労働問題が解消されたわけではないですから、私たち連合静岡は引き続き「労働相談ダイヤル」の中で、働く上での悩みや困り事に対応し続けてまいります。ラジオ番組としては、ここでいったん終了となりますが、これからもお気軽に連合静岡労働相談ダイヤルまでお電話いただければと思います。ベテランの相談員が対応させていただきます。



連合静岡では、職場で起こる様々な問題についての労働相談を受け付けています。

電話での受け付けは、祝日と年末年始を除いて毎日、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時半です。

相談は、フリーダイヤル 0120-154-052  「いこうよ れんごうに」まで、お気軽にお電話下さい。