SBS RADIO [静岡放送] - こころ 伝えます。  > ラジオ番組 > ほのぼのワイド  > コーナー紹介 > スクーピータウンレポート

あなたからのメッセージ、リクエストをお待ちしています。

お便り〒422-8680 SBSラジオ「ほのぼのワイド」係

TEL受け付けていません

FAX054-288-3333(24時間受付)

メールhonobono@digisbs.com

コーナー

スクーピータウンレポート

9月22日(木) たま~に買うお店の「ペルシア・アート展&大掛軸展」 キャスタードライバー 鈴木美花

コーナー一覧

このコーナーのバックナンバー

「たま~に買うお店」というキャッチフレーズでお馴染み「天龍家具 飯田本店」にお邪魔しました。

20110922天龍家具 (1).jpg

「たま~に買うお店」というフレーズ、気になっていた方も多いかもしれませんね。

この「たま~に買うお店」には、「家具はしょっちゅう買うものではないので、たま~に買っていただければ」「たま~にだからこそ良いものを」「たま~にだからこそ、私たちも誠心誠意お応えします」という意味が込められているそうです。

 

そんな天龍家具では、明日から「ペルシア・アート展」と「大掛軸展」が開催されます。

20110922天龍家具 (3).jpg

今日は、詳しいお話を、天龍家具飯田本店の山本さんに伺いました。

20110922天龍家具 (8).jpg

 

まず、ペルシア・アート展について☆

20110922天龍家具 (5).jpg

並べられているのは、ずばり「ペルシャ絨毯」!!

ペルシャ絨毯の起源は3,000年から4,000年前に遡ると言われているそうですが、その特長は。。。

 

          【見る角度によって。。。】

20110922天龍家具 (6).jpg

              【↓↓↓】

20110922天龍家具 (7).jpg

          【色が変わるんです!!!】

 

いいえ、色が変わったわけではありません。

光の反射によって、色が「変わって見えるんです」

 

ペルシャ絨毯は、髪の毛よりも細~~~~~い絹糸を使い、作っています。

織り方がとても細かく、繊細で、気の遠くなるような時間と手間をかけて、よ~~やく完成するそうです。

聞いた話によると、10年以上かかって織り上げたものも、こちらにはいっぱいあるそうです。

 

実は、こずえさんも、このペルシャ絨毯をつくっている現場を観に行った事があるそう。

ほんの数cm織るだけで、1日2日は当たり前★

2年・3年は当たり前、ペルシャ絨毯は年単位で作り上げていくほどに、手間と時間がかかると教えてくださいました。

 

しかしなんと、今回の「ペルシア・アート展」には、ペルシャ絨毯・絵画のようなタペストリーが、1,000展!!!

20110922天龍家具 (9).jpg

見逃せませんね。

 

そして、同時開催の「大掛軸展」

 

こちらは、現代一流有名作家の直筆作品が総数1,000展。

20110922天龍家具.jpg

中でも、今回は「島田智博画伯」が、今回の大掛軸展のために特別出展をしてくださったそうです。

「三保の富士」という静岡ならではの作品も、特別出展。

 

一流の掛軸が1,000展☆そしてペルシャ絨毯、タペストリーも1,000展!

これは、なかなか揃えられるものではなく、県下最大級の展示即売会になるそうです。

すごいです。

そして、かなり感動しました。

 

4日間限りの特別企画です。是非ご覧下さい。

20110922天龍家具 (1).jpg

~ペルシア・アート展、大掛軸展~

・9月23日(金)24日(土)25日(日)26日(月)の4日間

・場所:天龍家具 飯田本店

    (東名清水インターチェンジの西側、静清バイパスの側道沿い、赤い看板が目印)

・天龍家具 ホームページ : http://www.tenryukagu.co.jp/

 

ご出演いただいた山本さん、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 進む

SBS RADIO [静岡放送] - こころ 伝えます。  > ラジオ番組 > ほのぼのワイド  > コーナー紹介 > スクーピータウンレポート