メニュー

検索

中村こずえのfeel so good!中村こずえのfeel so good!

NOW ON AIR

2015年12月

2015年12月31日 14:00

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月31日(木)「乾麺で年越し納豆そば」

12月31日(木)「乾麺で年越し納豆そば」

お正月はごちそうを食べるので、きょうはさっぱりとそばで1年を締めくくりませんか!

材料

●乾麺のそば           食べたい分

●めんつゆ            食べたい分のめんつゆ

●納豆               1/2パック(1人)

●たくあんの細切り       食べたい分

●しその実            (あれば)食べたい分

●刻みのり            好きなだけ

●大根おろし           食べたい分

●わさび              少々

●カイワレ大根、刻みネギ  少々

●うずらのたまご        1個(1人)

作り方

●めんつゆを薄め、かつおだしを加えて冷蔵庫で冷やしておく。

●大きな鍋で乾麺をゆでる。

●ゆであがったらザルで湯を切り、流水で乾麺のぬめりをとり、氷水をはったボウルに麺をいれて麺をしめ 

ぬめりが取れたら器にいれる

●納豆は2人で1パックほど。納豆は良くかき混ぜてから麺にのせ

大根おろし、たくあん細切り、しその実、わさび、刻みのりをのせ、生のうずらの卵を1個のせる

●真ん中の水気を絞った大根おろしをたっぷりとのせる

冷やしておいためんつゆをそっとかけて完成!

ポイント!

※袋に4分~6分と記載されていたら必ず多い時間でゆでること!

※乾麺は、必ず長い時間でゆでること。長くゆでることででんぷんを糊化する

※納豆は、ひき割り納豆の方が簡単ですがお好みで!

2015年12月30日 14:44

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月30日(水)   すりゴマキャベツ

12月30日(水)   すりゴマキャベツ

年末年始、お酒を飲む機会が多くなりますよね!

先日、焼き鳥屋さんのスピードメニューを食べたら美味しくて

最近、ハマっています

材料

●キャベツ         2~3枚 大きめのザク切り

(花札の大きさをイメージ)

●白すりゴマ        大さじ 山盛り1

●白ゴマ          小さじ 1

●鶏ガラスープの素     小さじ 1強

(粉末か顆粒)

●ゴマ油          タラタラ

作り方

大きめのボールにゴマ油をタラタラと入れ すりゴマと鶏ガラスープの素を入れて混ぜる

切った生キャベツを入れて和える

最後に白ゴマをパラッと混ぜて出来上がり

※鶏ガラスープの素を使うのがポイントです!

※すりゴマと白ゴマは 半ずりか出来ればペーストに

※手づかみでポリポリと。とりあえずビールでも飲んでもらっていましょう

すりごまキャベツ

こずえ作

2015年12月29日 18:00

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月29日(火)「鶏モモ肉のふっくらチャーシュー」

12月29日(火)「鶏モモ肉のふっくらチャーシュー」

友達に教えてもらった、カンタンレシピです。

おせち料理の中も入れてみましょう。 ボリューム、安さ、満腹感。主婦には嬉しい一品です

<材料>

●鶏モモ肉             2枚

●酒 しょうゆ みりん 砂糖 お酢  適宜

<作り方>

①モモ肉は厚みのあるところに包丁を入れてなるべく平らにしてから皮を外側にくるくると巻き

 タコ糸などでくるくる縛る。

②フライパンで油は引かずに焼く。  表面がパリッとしてきたら弱火にして中まで火が入るように焼く。

③ある程度火が通ったら酒  醤油  みりん お酢を入れる

④砂糖をバサッ 酢がジョボジョボと混ぜ合わせたタレをかけ回しながらじっくり焼いていく。

⑤タレが煮詰まってきたら粗熱をとって  密封できるビニールの袋に入れ一晩漬け込めば

出来上がり。

⑥適当な厚さに切って半分に切った玉子と一緒に盛り付けて白髪ねぎを乗っけたら

立派なオードブル完成です。  

※煮詰まるのでつけダレは多めにしましょう  

※ゆで卵を一緒に入れて漬けておけば立派なおつまみになります

※ムネ肉を使ってもさっぱりとおいしくてカロリーダウンになりますよ!

※マヨネーズつけて食べても美味しいですよ!

2015年12月29日 10:00

こずえのお仕事お悩み相談室

『こずえのお仕事悩み相談室』 職場の安全・衛生について

『こずえのお仕事悩み相談室』 職場の安全・衛生について

12月29日(火)



今日は、「職場の安全・衛生」についてお話しです。

沼津市内にお住いの49歳の男性からの相談です。

沼津市内にある「水産加工会社」に勤務しています。水産加工という仕事柄、刃物を使う仕事が多く、職場での小さな「ケガ」は少なくありません。私が勤務してから6年間、大きな労災は起きていませんが、刃物の取り扱いに慣れ、安全管理にも経験豊富なベテラン社員が先月定年退職しました。現在は、経験の浅いメンバーしかいなくなり、このままでは現場は不安です。小さな「ケガ」も含めて労災を減らしたいと思うのですが、どうしたら災害を減らすことが出来るのでしょうか?との相談です。



労働災害の無い職場で、健康に働き続けていくのは労働者の基本的権利です。そして職場における労働者の安全と健康を確保し、快適な職場環境を作ることが会社の責任です。

しかし職場で労働災害が起きなければ良いということだけで、会社が責務を果たしたことにはなりません。

会社には、労働者がより健康で快適に働き続けるための具体策を取ることが求められています。

つまり、職場の安全衛生に取り組む方針を明らかにすることが、会社の「安全衛生責任」となります。

職場の安全衛生について、法律で定められていることとしては、2006年に「改正労働安全衛生法」が施行されました。この中では、新たに危険性・有害性等の調査および必要な措置の実施が会社側に義務付けられました。

具体的に言うと、職場での労働災害の"芽"つまり「リスク」を摘み取るため、設備や原材料、作業行動などに起因する危険性や有害性の調査を行うこと。そしてその結果に基づき、必要な措置を取ることが求められました。

相談者の方のお勤めの会社では、幸い大きな労働災害は無いとのことですが、労働災害を減らすには、小さな事故や災害など、思わずヒヤリ・ハットするような出来事があると言われていますので、その労働災害が起こる前に、小さな芽を摘み取ることが大切です。



労働災害を減少させるためには、大きく分けて、3点の取り組みが必要だと言われています。

① 災害報告や「ヒヤリ・ハット」事例を収集し、対策を検討すること。

② 定期的に現場を巡回し、労働災害につながる危険性、有害性を調査すること。

③ 対策には、優先順位をつけて実行すること

今回の相談者の方の場合、水産加工の工場のようですので、たとえば工場の作業場の床に乱雑に製品や刃物などの道具が置かれていないか?を確認いただき、置かれているようなら、製品と道具の置き場所を決めて整理したり、床にラインを引いて物の保管場所と通路を区別するだけでも安全が確保されるのではないかと思います。

また、現場での安全衛生に関する知識や情報を業務に携わる労働者に教え、経験を現場に蓄積していく安全教育への取り組みも重要です。

労働者も会社側も協力して、自主的な安全衛生活動に取り組み、安全衛生のレベルを向上させることが、第一歩かと思います。

また、会社が「労働安全衛生法」をまったく遵守しない場合には、労働基準監督官による是正勧告、改善命令などの行政指導を受けることがあります。そしてその命令に従わない場合には、司法処分による罰則の適用を受けることもあります。安全衛生に関するテーマは、働く人の命に係わることですから、会社はきちんと遵守することが基本です。



連合静岡では、職場で起こる様々な問題についての労働相談を受け付けています。

電話での受け付けは、祝日と年末年始を除いて毎日、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時半です。

相談は、フリーダイヤル 0120-154-052

「いこうよ れんごうに」まで、お気軽にお電話下さい。

2015年12月28日 18:00

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月28日(月)「有頭エビのら塩ジュノベーゼ」

12月28日(月)「有頭エビのら塩ジュノベーゼ」

年末年始、人が多く集まる時のおつまみレシピ。

もちろん、おせち料理にもアレンジできますよ!

<材料>

●有頭エビ                 10尾(好きなだけ)

●市販のジュノベーゼソース      適量

●ハーブソルト(あれば『ら塩』)    適量

●オリーブオイル             適量

●ニンニク(無くてもOK)        1カケ

●トマト・レタス              適量

<作り方>

①冷凍エビなら解凍しておく。  殻をむかずに背中に切れ目を入れて背ワタをとって置く。  

②エビの水気を取ったら塩、もしくはハーブソルトをふっておく。

③フライパンにオリーブオイルを多めにいれ、刻んだニンニクを  軽く炒め香りが出たら

エビを投入する。

④両面が赤く焼けてきたらジュノベーゼソースを入れ絡めるように炒めていき

エビに焦げ目がついて火が通ったら完成。

⑤レタスやトマトで飾った更に盛り付けていただきます。

※手づかみで、殻ごと旨みを吸い尽くすように食べます。  

ビールや冷えた白ワイン 冷酒ににも合います。

※酒で洗うと臭い消しになるが省いても良い。   

えびの塩ベーじぇ

こずえ作       

2015年12月23日 18:00

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月23(水)「大根 ON ダイコン」

12月23(水)「大根 ON ダイコン」

忘年会や飲み会続きで、ちょっと疲れた体と胃袋に優しい大根のレシピ 大根ステーキの変り種

焼いた大根のホクホク感と 生の大根のさっぱりのシャッキリ感が絶妙なコラボレーション。

<材料>およそ4人分

●大根               1/2本(約400g)

●青ネギ              適量

●ごま油              大さじ3くらい

●黒コショウ           適量

●かつお節            適量

●麺つゆ(3倍希釈・原液)  適量

●しょう油             適量

<作り方>

①大根は厚さ2cmの輪切りにして皮を剥き深めに十文字の隠し包丁を入れる。

残りの大根は皮を剥いてすり下ろし青ネギは細かい小口切りにする。

②フライパンにごま油を熱し隠し包丁した面を下に大根を並べ蓋をして弱火で5~6分焼く。

③焼き色が付いたところで、裏返し隠し包丁の部分に麺つゆを流す  

蓋をして、更に5~6分加熱する(大根から水分が出るので焦げない)

④焼き上がったら、器に載せ、大根おろしと青ネギかつお節を焼いた大根に盛り付け

黒コショウをふり最後にしょう油を垂らして完成です。

※加熱した大根は甘く大根おろしの辛味とのコラボが美味しいです。  

2015年12月22日 18:00

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月22日(火)「カボチャのなんちゃってキッシュ」  

12月22日(火)「カボチャのなんちゃってキッシュ」                       

 byキラキラさん

ほのぼのリスナー、浜北のキラキラさんから頂いたレシピです。

明日はお休み。クリスマスカラーの食材を使って キッシュを作ってみました。

パイ生地もタルト生地も使わない簡単メニューです。

<材料>1個分

●カボチャ          食べたいだけ(1/4個)

●ベーコン          5枚

●卵              6個

●ブナシメジ         1/2パック

●ブロッコリー        

●とろけるチーズ(ピザ用)  握りこぶし大

●生クリーム         50cc位(牛乳でもOK)

●塩コショウ          少々

●ハーブソルト        少々(あればでOK)

<作り方>

①カボチャ1/4をそのまま電子レンジで2分ぐらいチンし細かく切ります。  

②細かく切ったカボチャを皿に並べて再び電子レンジで4~6分チンして柔らかくしてください。

③フライパンにオリーブオイルを入れ2cm幅に切ったベーコンを軽く炒めカボチャを投入

少し潰していきます。

④ボウルに卵を割りいれ、塩コショウ、ハーブソルト、生クリームを入れて良く混ぜます。

ここにチーズを加え更に混ぜます。

⑤ボウルの中身を全てフライパンに一気にザバーっと投入。

 強火でオムレツを作る要領でフライパンを上下に動かしながら菜箸でグリグリします。

⑥卵が、半熟のスクランブルエッグのようになってきたら火を弱くして蓋をします。  

そのまま弱火で3分ほど焼いたら火を止め後は余熱で卵が固まれば完成です。

※きのこや茹でたホウレン草ブロッコリーなどを入れても美味しいです。 ケチャップをかければ、子どもたちにも大喜び。

※蓋がなければ、アルミホイルで代用します

※キッシュは、冷やしてから切ると形も崩れずにスパッと切れますよ

かぼちゃのなんちゃってキッシュ ①

こずえ作

なんちゃってカボチャのキッシュ

こずえ作

2015年12月22日 10:00

こずえのお仕事お悩み相談室

『こずえのお仕事悩み相談室』 パワーハラスメントについて

『こずえのお仕事悩み相談室』 パワーハラスメントについて

12月22日(火)



今日は、「パワーハラスメント」についてのお話しです。

島田市内に、お住いの46歳の男性からの相談です。

従業員15名の住宅リフォーム会社に勤務しています。会社では売上の目標達成が至上命令です。毎週・毎月のノルマを達成しないと、社長から居残りを命ぜられ、至近距離から大声で叱責され「バカか?お前は?やる気はあるのか?」、「お前の代わりはいくらでもいる」、「お前のような能無しは、辞めてくれ!」、「お前がいると、他の社員のモチベーションが下がる。頼むから辞めてくれ」などと怒鳴られ、ノルマ達成をする「誓約書」を書かされます。

このような状態が続き、食欲不振、頭痛、ふるえなどが続き、心療内科で「うつ病」と診断されました。それなのに社長が怖くて休むことが出来ません。こんな状態が続けば会社を辞めるしかありません。どうしたら良いんでしょう?との相談です。



連合静岡の労働相談でも、職場におけるパワハラ、イジメによって労働者が精神障害を発症したというケースが数多くあります。中には、自殺に追い込まれるという問題もありますが、残念ながら日本には、パワハラなどに関する法令上の明確な定義はありません。パワハラを防止する法令や指針もないのが現実です。

法令上の定義は無くても、一般的にパワハラの定義というのは、職務上の地位や権限を持った者が、部下に対して、繰り返し相手の人格や尊厳を傷つけることをいいます。



今回の相談者の方の場合、お勤めの会社社長の言動は「指導」や「注意」の域を越えており、じゅうぶんパワハラに該当すると思われます。

以前はパワハラについて、労災に認定されることは難しかったのですが、2008年(平成20年)に厚生労働省が「上司の『いじめ』による精神障害等の業務上外の認定について」という通達を出しました。上司による『いじめ』が「ひどいいじめ」であり、それが反復継続されたにも関わらず、会社が何の対応策も講じなかった場合、被災者の心理的負荷の総合評価は「強」とされます。ですから、この方も労災認定を受けられる可能性があります。

しかし、この相談者の方の場合、相手が「社長」であり、改善を求めても、逆にイジメが酷くなる可能性もあり心配です。

一般的には、ある一定程度の規模の会社にはこうしたハラスメントに対応するための「相談・苦情」の窓口があります。一度会社の総務部門などに、窓口の有無を確かめてみてはいかがでしょうか?窓口があれば、体調を崩し休業せざるをえなくなった状況を訴えることが出来ます。

会社の対応が期待できない場合、行政の相談窓口や弁護士に相談することもできます。まずは連合静岡の労働相談ダイヤルにお電話いただきたいと思います。

また、労働審判制度を利用することも可能です。(「名誉棄損発言」や「精神的圧迫」を与える言動を禁止させることや「就業環境配慮」を求め、審判を申し立てることもできます。)



パワハラなどで苦しんでいる方へのアドバイスとしては...

第一には、パワハラやイジメの実態を詳細に記録して置くことが重要です。

録音、写真、ビデオによる記録ができれば一番ですが、まずは「いつ」「どこで」「どのような」パワハラ、イジメを受けたかを具体的にメモを取っておくことが重要です。たとえば労働審判などでは、パワハラやイジメの具体的な事実、その様態等を立証する証拠が決め手となります。また、暴行・傷害・脅迫・名誉棄損など刑法に違反する場合は、加害者を刑事告訴することも考えられ、その他にも、労災申請することもできます。いつでも対応できる準備があれば安心です。



連合静岡では、職場で起こる様々な問題についての労働相談を受け付けています。

電話での受け付けは、祝日と年末年始を除いて毎日、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時半です。

相談は、フリーダイヤル 0120-154-052

「いこうよ れんごうに」まで、お気軽にお電話下さい。

2015年12月21日 18:00

こずえの『今夜、何食べたい?!』

12月21日(月)「レモン鍋」

12月21日(月)「レモン鍋」                       

焼津市にある石田缶詰からマイヤーレモンのピューレを使った さわやかな香りと酸味が美味しい「レモン鍋スープ」が発売!

急に寒くなってきたので、早速作ってみました!

<材料>3~4人分

●豚薄切り肉または鶏肉    300グラム

●レタス            1/2玉

●白ネギ            1/2

●シメジ            1/2

●麩                 好きな分だけ

●レモン(スライス)      お好みの枚数

<作り方>

①よく振ってからスープを鍋に入れ煮立ったら豚肉または鶏肉をいれる  

②肉に火が通ったら他の材料を入れて煮る

③煮立ったらレタスとレモンを入れて完成

※〆はご飯とチーズを入れてリゾットにしてみました  

お好みで塩、こしょうで味を整えてください

レモン鍋

こずえ作

レモン鍋 〆のリゾット

最後の〆はチーズを入れてリゾットにしてみました

こずえ作

2015年12月18日 13:30

こずえ通信

興味津津~本の紹介 12月~

<本情報>
毎月、江崎書店パルシェ店 店長の渡部松徳さんに、
おすすめの本をご紹介いただいています。


今月は
...

「 真犯人 」  翔田 寛 著/小学館  1600円+税

東名高速道路裾野バス停付近で、男性の他殺死体が発見された。
被害者・須藤勲は41年前、息子・尾畑守を誘拐されており、
遺体は発見されたが事件は未解決のままだった。
静岡県警の日下刑事は、須藤の死と誘拐事件に関連性があると捜査を開始する。
尾畑守くん誘拐事件については、時効直前の昭和63年夏、県警の威信をかけて再捜査が行われていた。
日下は再捜査の指揮をとった当時の管理官・重藤成一郎元警視に面会を求める。
41年前、静岡県で起きた幼児誘拐事件。
26年前に時効成立した事件が、いま再び動き出す。
二度敗北した静岡県警に、三度目の機会はないはずだった。


こずえからは...

「かだっぱり」  稲垣 潤一 著/小学館  1500円+税


いまも輝きを放ち続けるアーティスト、稲垣潤一。

2013年に出版された最初の自伝的小説『ハコバン70's』は故郷の仙台でバンド活動をしていたころを描いたものだが、今回は舞台を東京に移し、デビュー前のつらいドサ回り生活と、メジャーデビューが決まってからの、あわただしくも充実した日々を描く。
ベトナム帰りの荒くれ米兵、傷害事件が起きても、直後には何ごともなかったように日常を取り戻す新宿歌舞伎町、マネージャーによるギャラ持ち逃げ事件などドサ回り時代の悲惨な話から、メジャーデビュー後、初めて出演した「夜のヒットスタジオ」で起きた大トラブル、「ドラマティック・レイン」を作詞した秋元康との逸話、「ロング・バージョン」を生んだ湯川れい子とのエピソードなどが余すところなく描かれる。
とくに音楽業界の裏側や名曲誕生秘話などは必見。