メニュー

検索

中村こずえのfeel so good!中村こずえのfeel so good!

NOW ON AIR

2014年4月

2014年4月28日 19:12

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月28日(月)「わらびの味噌漬け

4月28日(月)「わらびの味噌漬け」byポニーのパパ

先週の月曜日に、かつおさんの「ワラビの一本漬け」のレシピを
ご紹介しました。そうしたら、ポニーのパパから「これもレシピに
加えてぇ~」ってことで、メールが届きました。
ワラビがまだ採れるよって皆さん、ぜひ作ってみて。

<材料>
●ワラビ            適量
●味噌             適量

<作り方>
①ワラビは洗わず、長さを半分に切って、A6サイズ位の密封容器に
 軽く敷き詰めて、ここに大さじ2くらいの味噌をいれ、ワラビに
 塗りつけます。
(泥がついていたらもちろん洗って下さい。水気は拭き取る事。)   

②次にまたワラビを引きつめ、また大さじ2の味噌を…を繰り返す。
 密封容器のフタを閉めで冷蔵庫に1週間。

③食べるときは、食べたい分だけ取り出し、味噌を水洗いして
 水気を切り、お好きな大きさに切って食べてください。

※あれアク抜きは?と思った?味噌がアクを取ってくれるので
 アク抜き要らずだそうですよ。ワラビから水と一緒に灰汁も出るそうです。

2014年4月25日 16:37

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月23日(水)「アサリと春キャベツとしめじの中華炒め」

4月23日(水)「アサリと春キャベツとしめじの中華炒め」

季節の物、アサリや春キャベツ、そこにヘルシーなしめじを加えて
たっぷり食べましょう。

<材料>二人分
●アサリ           200g~300g(1パック)殻つき
(冷凍のむき身でもOK・分量はカップ1ほど)
●春キャベツ         1/4~1/3個(大きさによる)
●しめじ           1パック
●青ネギ(小口切り)     適量
●中華調味料         適量(塩加減注意)
●酒・ごま油・塩コショウ   各適量

<作り方>
①アサリはよく砂だしをしたら、殻同士を擦り合わせるようによく洗い、
 きちんと水気を切っておく。(これをきちんとやらないと、臭みが出ます。)

②キャベツはザク切り、芯は薄く切ってまるごと食べる。
 しめじは石突を取って、バラバラにほぐしておく。

③フライパンや中華鍋を熱して、ごま油をひく、煙が立って来たら
 アサリ、キャベツ、シメジを入れ塩コショウをパッパッと振り、
 鍋をあおりながら全体に油を全体に回す。

④ここに酒を降りかけたら、フタをしてしばし蒸し焼きにする。
 アサリが開いたら、フタをとり、中華調味料で味を整えて、
 最後に香り付けのごま油をタラリと掛けて出来上がり。
 器に盛り付け、小口切りにした青ネギを散らして召し上がれ。

※最後のごま油をラー油に変えるのも手。ご飯が進みます。

アサリと春キャベツとしめじの中華炒め.JPG

こずえ 作

2014年4月25日 16:33

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月22日(火)「アサリ入りトマトのピラフ」

4月22日(火)「アサリ入りトマトのピラフ」

アサリとトマトで炊き込みご飯を作ります。
パエリアって言うよりピラフかな。

<材料>4人分
●お米                 2合
●アサリのむき身(缶詰or冷凍)     130g位
        (冷凍ならカップに山盛り1杯)
●フレッシュトマト           3個
●オリーブオイル            大さじ1
●酒                  大さじ1
●顆粒コンソメ             大さじ1弱
●塩                  小さじ1/2
●青ネギもしくはパセリ         適量

<作り方>
①アサリは缶詰なら水切りし、冷凍なら解凍して水気を切る。
 トマトは、大き目のざく切り(半分に切ってから、タテタテヨコ)

②米を洗い、炊飯器に入れ、そこへオリーブオイル、酒、コンソメ
 塩を加え、水を加えるが、トマトの水分を考慮して、1.5合分の
 目盛りまで入れる。

③炊飯器に、トマトとアサリを入れて炊飯開始。

④炊き上がったら、ざっくりと大きく混ぜて、器に盛り付けたら
 刻んだ青ネギかパセリを散らして完成。

※トマトにより水分量が変わるのがポイント。水加減に注意です。
 トマトの水煮缶などをつかってもイイですね。   

 トマトごはん.JPG 

こずえ 作         

2014年4月25日 12:32

こずえ通信

4月24日(木)だじゃれかんけい

お題『アンチョビ』

♪~わたしのアンチョビ(誕生日)に22本のロウソクを立て・・・・

グランプリ曲 22才の別れ/風

 

次回 5月1日(木)のお題は…『ハマグリ』

締め切り 4月30日(水)12:25 番組終了時まで

ラジオネーム・だじゃれた曲名/歌手名

        だじゃれた箇所を明記してご応募ください。

2014年4月22日 10:13

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月21日(月)「ワラビの一本漬け」

4月21日(月)「ワラビの一本漬け」byかつおさん

かつおさんから、レシピが届きました。
山菜の季節。ワラビが手に入ったら山形名物『一本漬け』を
作ってみましょう。こずえさんは食べた事ある?

<材料>
●わらび            適量
●生姜             適量
●鷹の爪            適量
●白だし(つゆ)        適量

<作り方>
①ワラビを灰汁抜きする。方法はいろいろあります。
 沸騰した湯に、重曹をいれてワラビを入れたら火を止め
 そのまま、ふたをして、冷やして数時間~半日・・・
 重曹が無いときは、1リットルの水に大さじ4の小麦粉と
 小さじ2の塩を入れてよく混ぜる。これを火にかけ、
 木べらなどで掻き混ぜてながら、沸騰させる。
 沸騰したら、ワラビを入れ再沸騰したら弱火で3分茹でる
 ワラビを取り出し1時間ほど水にさらす・・・

②あく抜きしたワラビを、密封容器に並べる。
 みじん切りにした生姜と輪切りの鷹の爪をちらしたら、
 市販の『白だし』をひたひたに入れたら、ふたを閉めて
 一晩冷蔵庫へ入れれば完成です。

※あく抜きの方法はいろいろありますので、各自で検索などして
 やってみてください。スーパーであく抜き済みのワラビを
 購入するのもありです。

2014年4月17日 20:57

こずえ通信

興味津津~本の紹介4月~

<本情報>
毎月、江崎書店パルシェ店 店長の渡部松徳さんに、
おすすめの本をご紹介いただいています。

今月は…


「夢かさね 着物始末暦3」
   中島 要 著 / ハルキ文庫 / 670円(税込)

 


こずえからは…

「受いれる」
   加島 祥造 著 / 小学館 / 1512円(税込)

 


第11回本屋大賞が発表されました。
大賞は、

「村上海賊の娘」上巻・下巻
   和田 竜(りょう) 著 / 新潮社 / 各1728円(税込)

 

 

2014年4月17日 17:48

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月16日(水)「ミートパイ」

4月16日(水)「ミートパイ」

先週、リスナーさんから、キッシュのパイシートについての質問が
あった時、丸い型の周りにはみ出した、パイ生地は再利用・・・
餃子のタネが余っていたら、パイ生地に挟んで焼けば超美味しい。
こずえさんちのご主人も好物なんだって。で基本レシピのミートパイを
おさらいです。

<材料>4個分
●冷凍パイシート            1袋(4枚入り)
●コンビーフ缶             1缶
●マッシュルーム缶(スライス)     1缶(小)
●玉ねぎ                1個(小)
●卵(卵黄と卵白に分ける)       1個
●ハーブソルト無ければ黒こしょう    適量
●ナツメグ(あれば)          少々

<作り方>
①玉ねぎはみじん切りにする。ボウルにコンビーフ、マッシュルームと
 一緒に入れて混ぜ合わせたら、ハーブソルトを軽く振る。(ナツメグが
 あればここで使う)

②まな板に小麦粉を振り、パイシートを1枚置き、長方形の半分に、
 ボウルで混ぜた具を乗せる。縁に卵白を塗り、パイシートを折り返し
 二つ折りにする。※これを繰り返して、冷凍パイシートの枚数分包む。

③具で膨らんだ中央部分に包丁で3本ほど切れ目を軽く入れ、表面に
 刷毛で卵黄を塗る。4つできたらオーブンの天板に並べ、このまま
 天板ごと冷蔵庫に入れて30分ほど冷やす。

④200度に予熱したオーブンに、冷やしてあった天板ごと投入し数分焼く。
 パイが膨らんで来たら、温度を170度くらいに下げ、軽く焼き目が
 つけば完成。

※おつまみにもイイですよ。赤ワインとばっちり。
 

 

2014年4月17日 17:45

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月15日(火)「伝説の踊るおかかキャベツ」

4月15日(火)「伝説の踊るおかかキャベツ」

何を隠そう、何食べコーナーができるキッカケとなった、
そっちの意味でも伝説のレシピ。春キャベツのシーズンには
欠かせません。

<材料>
●春キャベツ               食べたいだけ
●おかか                 1パック
●ごま油                 適量
●塩                   ひとつまみ
●砂糖                  少々(塩より少なく)
●旨味調味料               ひとふり

<作り方>
①キャベツは芯をとり、大き目のざく切りに(花札サイズが目安)
 大き目の鍋に湯を沸かす。

②キャベツが全部入るサイズのボウルに、ごま油、塩、砂糖、
 旨味調味料をいれ混ぜておく。

③湯が沸いたら、キャベツを一気に投入する。再沸騰したら、すぐに
 ザルにあけ湯切りしたら、調味料の入ったボウルに入れ、掻き混ぜる。
 味付けされたキャベツを皿に盛り付け、おかかを乗せれば完成。
 おかかが踊る踊る。(熱いうちに手早く)

※キャベツの茹ですぎに注意です。茹で過ぎ厳禁。

2014年4月17日 10:17

こずえ通信

4月17日(木)だじゃれかんけい

お題『甘夏(あまなつ)』

♪~もう帰らない、甘夏(あの夏)の日ぃ~・・・

グランプリ曲 思い出の渚/ザ・ワイルドワンズ

 

次回 4月24日(木)のお題は『アンチョビ』

締め切りは 4月23日(水)12:25 番組終了時まで

ラジオネーム、だじゃれた曲名・歌手名、だじゃれた部分

必ず書いてご応募ください。

2014年4月14日 21:04

こずえの『今夜、何食べたい?!』

4月14日(月)「大根でイタリアン・粒マスタード煮」

4月14日(月)「大根でイタリアン・粒マスタード煮」

イタリアンな食材ではない大根も、簡単にイタリアンに変身

<材料>4人分
●大根(中)               1/2本
●ベーコン                100g
●水                   1カップ
●コンソメorスープの素          小さじ1
●オリーブオイル             大さじ1
●ニンニク                1片
●塩コショウ               少々
●粒マスタード              小さじ1~2

<作り方>
①大根は皮をむいて、1cm幅のいちょう切り、もしくは短冊切にする。
 ベーコンも1cm幅に切っておく。

②鍋もしくはフライパンにオリーブオイルを温めたら、弱火でニンニクを
 炒める。ここに、ベーコンと大根も加え、中火にしてオリーブオイルが
 絡まるように炒めて、塩コショウしたら、水とコンソメかスープの素を
 加える。沸騰したら、フタをして大根に火を通す。

③仕上げに、塩コショウ(味見して)そして、粒マスタードを加え、
 ひと煮立ち、粒マスタードの酸味がふわっと立ち上がるので、
 それが落ち着けば完成です。

※簡単なイタリアンな煮物です。
 冷めてもおいしいから、お弁当のおかずにどうぞ!

イタリアン大根.JPG

こずえ 作