メニュー

検索

中村こずえのfeel so good!中村こずえのfeel so good!

NOW ON AIR

2014年3月

2014年3月31日 16:18

こずえの『今夜、何食べたい?!』

3月31日(月)「鶏皮ふろふき大根」

3月31日(月)「鶏皮ふろふき大根」

大根が1本100円くらいだったので、あまりにうれしくなり、
ほぼ1本まるごと使いました。

<材料>
●大根         1本
 (人数分より多めに。絶対、もう1個食べたくなるから)
●鶏皮         50~100gくらい 
 (わざわざ買わなくても鶏もも肉やムネ肉を調理したとき、
  取り除いた皮を冷凍しておくなりして使うといいですよ。)
●ショウガ       1かけ  
 (小さめの薄切り。一緒に食べちゃうので。)
●水
●酒          100ccくらい(トポッと)
●味醂         100ccくらい(トポッと)
●しょうゆ       適量
●砂糖         適量
●旨み調味料      適量  
 かつおだしは、ちょっと味が変わってしまうので、味の素系や昆布だしで。
●柚子の皮       1かけ 
 細切り。トッピング。なければなくてもOK。

<作り方>
①大根は4cm位の厚切りにして、皮をむく(できれば面取りして
 隠し包丁を入れる。)大きな鍋に、大根を食べたいだけ並べる。
 しょうがは、一緒に食べてしまうので、小さめの薄切りに。
 鶏皮は、細かめに切っておく。

②鍋の大根がかぶるくらいの水を入れ、酒・味醂・しょうゆ・砂糖
 旨み調味料・ショウガを入れる。味見してみて、好きな甘じょっぱさで、
 やや薄味にしておく(煮詰めていくから)

③沸騰したら、鶏皮を全部入れ、灰汁が浮いてきたらきれいに取る。

④コトコトコトコト…… 1時間くらい弱火でコトコトコトコト……
  煮汁が少なくなってきたら、いったん火を止めて、
 冷ましながら味をしみさせる

⑤食べる前に、もう一度火を入れ、温かい湯気が立っている状態で器に装い
 上に鶏皮とショウガ、柚子皮を乗せて、召し上がれ(^o^)/


※どうってことない、大根の煮つけですが、鶏皮の力が強く、
 「美味しい~~!!」と言ってもらえるはずです(*^^)v

鶏皮ふろふき大根.jpg

こずえ 作

2014年3月27日 09:34

こずえ通信

3月27日(木)だじゃれかんけい

お題『分葱(わけぎ)』

♪~あぁ1ダースの あぁ良いわけぎ~(言い訳が~)

グランプリ曲 1ダースの言い訳/稲垣 潤一

 

来週 4月3日(木)のお題『ヤリイカ』

締め切り 4月2日(水)12:25 番組終了時まで

ラジオネーム・だじゃれた曲・歌手名

だじゃれた部分を明記のうえ応募してください

2014年3月26日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

3月26日(水)「切り干し大根の炒め煮」

3月26日(水)「切り干し大根の炒め煮」

先日リスナーさんから、手作りの切り干し大根を頂いたので
作ってみました。

<材料>
●切り干し大根                適量
●生しいたけ                 2個(適量)
●さつま揚げ                 2枚
●ごま油                   適量
●酒・みりん・しょう油・砂糖・鰹だし(顆粒)  各適量
●白ごま                   適量

<作り方>
①切り干し大根を水で戻す。数回、水をかえて、1時間くらい。

②長ければ5cmくらいに切り、フライパンに胡麻油を熱し炒める。

③生椎茸の薄切り、さつま揚げの薄切りも入れ、炒めあわせる。

④酒・味醂・醤油・砂糖・鰹だしで、具の1/3くらいの高さにし、
 弱火で煮含めていく。煮汁がかなり少なくなったら完成!
 トッピングは、白ゴマ。

※手作りの切り干し大根は、厚みもあり、シャキシャキ感もあって、
 本当に美味しい!

切り干し大根の炒め煮.PNG

こずえ 作

2014年3月25日 16:55

こずえの『今夜、何食べたい?!』

3月25日(火)「蕪と水菜の簡単塩漬け」

3月25日(火)「蕪と水菜の簡単塩漬け」

同じ漬け方で、2種類のお漬物を作ります。それぞれの袋で
同じようにつくります。それぞれの味が混ざらずに楽しめますね。

<材料>
●カブ            1束
●水菜            4~5束
●ショウガ          1片×2
●鷹の爪           1本×2
●塩             大さじ1弱×2
●砂糖            指先ひとつまみ×2
●白だし           大さじ1
※ジッパー付のビニール袋   2袋

<作り方>蕪と水菜別々に漬けてね。
①蕪は葉の部分を根元で切り、洗ってから3~4cmに切る。
 実もよく洗い、大きければ半分にカットしてから、
 6mm~8mmの厚さにスライス。水菜は切らずに束ねて洗っておく。
 しょうがはスライスしてから細切り、鷹の爪はタネを出して、小口切り。

②2つのボウルにそれぞれ、切った蕪、と切ってない水菜を入れ、
 それぞれに塩を振って少ししんなりするまで、20分~30分置く。

③次にそれぞれのボウルに、砂糖、白だし、ショウガと鷹の爪を加え、
 混ぜたら、出てきた水分ごと、ジッパー付の袋へ移します。
 なるべく、空気を抜いて冷蔵庫へ。1時間もしたら浅漬けとして
 食べられますし、数日間、少しづつ出して食べてね。

※お友達や、お客様が来たとき、「自家製でーす」って出してみよう。

蕪と水菜の簡単漬け.PNG

こずえ 作

2014年3月25日 14:43

スクーピータウンレポート

2014.3.25 「体感型動物園 izoo」 キャスタードライバー山本真衣

今日は、静岡市駿河区下川原にあります「レップジャパン」に行ってきました。

賀茂郡河津町浜 「体感型動物園 izoo」の事務所です★

izooといえば、爬虫類を見て触って嗅いでと体感できる動物園!

常に400種類以上の生き物たちがいる、とーっても珍しい所なんです。

ラジオパークにも来て下さり、蛇やアルパカを見た方も多いのではないでしょうか(^^)

事務所にもいました!

レップジャパン (2).jpg

1000万円の白いワニ★など・・・白いワニなんて、初めて見ました!!

 

私、もう5回ほどizooには行っていますが、行くたびに変わっているんです。

最近は、新しくワニドームができ、間近でワニを見ることができるんですって!!

 

21日からは、「カメレース」が始まっています。

10匹がコースを競争するんですが、カメって意外と速いんですよ~!

 

29日からは、日本初展示!! 「キューバイグアナ」が来るんです。

絶滅危惧種とういうことで、本当に貴重なんです!!

体長1m20cmくらいで、どーんとしていておとなしいんですって♪

アジアではここだけでしか見ることできないので、見る価値ありです!!

 

この春見どころいっぱいなizoo、ご家族でぜひお出かけください!★

レップジャパン (1).jpg

izoo 園長 白輪さん、ありがとうございました★

 

2014年3月24日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

3月24日(月)「家康公が愛した駿河湾の恵み鬼斬(おにぎり)」簡単バージョン

3月24日(月)「家康公が愛した駿河湾の恵み鬼斬(おにぎり)」
                          簡単バージョン

<材料>50gの小さな俵型おにぎり20~25個分

●米                      2合
●もち米                    1合
●鯛の干物                   1~2匹
(甘鯛や真鯛はもちろん、連子鯛、エボ鯛などの干物でOK)
●昆布(だし昆布)               15~20cm
●塩(自然塩)                 小さじ3くらい
●酒                      15cc
●生姜                     一片
●焼き海苔                   適量

①アマダイなどの干物は、魚焼き器で、焦げ無いように焼いておく。

②米ともち米を研ぎ、炊飯器か土鍋に水と昆布を入れ、塩と酒も入れ
 焼いたアマダイなどの干物を乗せる。スライスした生姜も入れ
 炊飯器のスイッチをオン、または土鍋で炊き始める。


③炊き上がったら、しょうがと、アマダイなどの干物を取り出し、
 鯛の身をほぐしてから、炊飯器に戻し全体に掻き混ぜる。
 (身をほぐすとき、骨が残らないように注意してください。)、
 
④熱いうちに握り、海苔で包む。海苔の巻き方はお任せ。

※ラジオパークでは、生の鯛で、そのアラを塩焼きしてから出汁を
 取ったりして、本格的に作りましたけど、干物なら、価格的にも
 手を出しやすいし、簡単適当なので、ほのぼのレシピにぴったりでしたので
 こちらを紹介しました。くれぐれもほぐすときに骨に気を付けてくださいね。

 

2014年3月23日 11:31

こずえの『今夜、何食べたい?!』

3月19日(水)「牡蠣と根菜の純豆腐鍋(スンドゥブチゲ)」

3月19日(水)「牡蠣と根菜の純豆腐鍋(スンドゥブチゲ)」
                      byポニーのパパ

春めいた日もあれば、まだまだ冷える日も。寒いときにアツアツの
韓国料理はいかがでしょう。ポニーのパパが居酒屋の大将から教わった
美味しいレシピを送ってくれました。

<材料>2人分
●絹ごし豆腐               1丁
●牡蠣(加熱用)             1パック
●キムチ(白菜)             120g
●白ネギ(太ネギ)            1本
●大根                  1/3本
●ニンジン(小)             1本
●ごぼう                 1/2本
●ニンニク                1片
●玉子                  2個
●粉唐辛子                大さじ2(お好みで)
●ごま油                 大さじ1
●酒                   大さじ1
●塩・コショウ              少々
●水                   600cc
●鶏ガラスープの素(顆粒だし)      小さじ1

<作り方>
①牡蠣はボウルに移し、粗塩を軽く降りかけ手で優しく混ぜ混ぜ…
 ザルに移し、流水で丁寧に洗い流したら水切りしておく。
 キムチはザク切り、白ネギは斜め切り、ニンニクはみじん切り
 豆腐は6つ切り。大根・人参・ごぼうはピーラーを使って、
 薄く削いでおく。

②鍋にサラダ油を少しひいて、弱火でニンニクのみじん切りを炒め
 香りが出てきたら、キムチ、白ネギ、大根、ニンジン、ゴボウを入れ
 唐辛子粉、ごま油、酒、塩コショウを加えて中火で炒めます。
 
③この鍋に、水を加え煮立ったら、豆腐、牡蠣、鶏ガラスープの素を
 入れて5分ほど煮る。煮立ったら、塩、こしょうで味を調え、最後に
 卵を割り落として完成。お玉で器に盛って召し上がれ!

※唐辛子の粉はお好みで加減してくださいね。辛いのが苦手なら少なく。
 キムチの素を使って見てもイイですね。

牡蠣と根菜のスンヅブチゲ①.JPG

牡蠣と根菜のスンヅブチゲ②.JPG

2014年3月21日 12:42

こずえ通信

3月20日(木)だじゃれかんけい

お題『キッシュ』

♪~あぁ明日の今頃は、僕はキッシュ(汽車)の中・・・

グランプリ曲 心の旅/チューリップ

 

来週のお題は・・・『分葱(わけぎ)』

締め切り 3月26日(水)12:35 番組終了時まで

ラジオネーム・だじゃれた曲名・歌手名・だじゃれた部分を必ず書いて応募してください。

2014年3月20日 14:12

スクーピータウンレポート

2014.3.20 静岡のぷらっとブレッド♪ キャスタードライバー山本真衣

今日は、三島市谷田 「蔵のパン屋 堂の前」に来ています。

築100年以上の石蔵がイートインスペースになっているお店♪

とーってもおしゃれなんです!!

堂の前 (3).jpg

堂の前 (2).jpg

昔から使っていた家具も展示してあります。

まるでタイムスリップしたような、日々の忙しい生活から逃避できる空間になっています。

パンは、柔らかいパンからハード系のパンまで、様々。

年代問わず誰でもおいしく、そして時間が経ってもおいしく食べられるように心がけています。

常に焼き立てが、20種類以上並んでいるんです。

堂の前 (5).jpg

ご紹介したパン★

堂の前 (6).jpg

オレンジピールの香りがして、食べごたえがありました。

堂の前 (7).jpg

サクッ! ふわっ! モチッ! これ、めちゃめちゃおいしい!!

すごく気に入りました(*^^*)

 

皆さんもトヨタの車でお出かけしてみて下さい。

営業時間は、10時~午後6時までです。

堂の前 (1).jpg

鈴木美津子さん、ありがとうございました。

 

 

 

2014年3月18日 16:39

こずえの『今夜、何食べたい?!』

3月18日(火)「焼きサンマの棒寿司」

3月18日(火)「焼きサンマの棒寿司」

先日、スタッフのKが「こずえさん、静岡のスーパーでも
さんまの開きが売ってましたぁ。これで棒寿司が作れますぅ」と
言ってきました。そういえば最近作ってないし、作ってみましょう。
何食べレシピ本パート②118ペーに載っている、
伊豆市のちぃちゃんの絶品レシピです。

<材料>さんまの開き1匹分
●さんまの開き           1枚
●すし飯              200g
●シソの葉             数枚
●ポン酢しょうゆ          大さじ2
●柚子こしょう           小さじ1

<作り方>
①シソの葉はみじん切りにし、すし飯と混ぜる。
 さんまの開きは、縦に半分に切って、頭を落として魚焼きグリルで
 5分ほど焼く(あまり焦げ目がつかない程度でOK)
 焼けたら背骨や肋骨など大きな骨を取り除いておく。

②ポン酢しょうゆと柚子こしょうを混ぜ合わせ、焼いたさんまを漬ける。

③拡げたラップの上に、皮を下に向けてサンマを置く。シソの葉を混ぜた
 寿司飯を棒状にして、サンマの上に乗せたら、ラップで包んで形を
 と整える。このまま10分ほど置いたら、食べやすい大きさに切り分けて
 さあ召し上がれ。(ラップを巻いたまま切り分けて、各自ラップを取って
 食べれば、型崩れしませんよ)

※お年寄りから子供まで、みんな大好き。もうすぐ来る
 お花見シーズンにもピッタリの一品ですね。