メニュー

検索

中村こずえのfeel so good!中村こずえのfeel so good!

NOW ON AIR

2013年10月

2013年10月30日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月30日(水)「カキの中華風炊き込みご飯」

10月30日(水)「カキの中華風炊き込みご飯」

何食べレシピ本パート①の93ページに載っているとっても
おいしいレシピ。なんですが、何事にも向上心を忘れない
こずえさん。改良したレシピを発表です。

<材料>3~4人前
●生牡蠣(加熱用)            300~400g
●米                          3合
●しめじ                      1パック
●だし昆布(または昆布だしの素)     適量
●中華スープの素                適量
●水                          適量
●酒                      50cc+α
●塩・胡椒                      少々
●トッピング                      少々
(三つ葉や針しょうが、白ごまなど)

<作り方>
①米は、炊く30分前に洗い、ザルにあけておく。しめじは、洗って
 ほぐしておく。牡蠣は塩水で洗い、水気を切っておく。

②鍋に、牡蠣と酒をいれ、牡蠣がふっくらとするまで、強火で酒炒りする。
 ここから改良レシピ。酒炒りしたら、牡蠣だけを取り出す。
 この汁も使います。

③フライパンに油をひき、米としめじを軽く炒める。炊飯器にだし昆布を敷き、
 いためた米としめじを入れる。

④炊飯器に、中華スープの素、水、酒50cc、塩、コショウをいれ味付けする。
 お吸い物より少し濃い目がベスト。米と水分が1:1になるようにする。
 ここに、酒炒りした牡蠣の汁を加え、炊飯器のスイッチをオン。
 ※改良前のレシピはここで牡蠣も炊飯器に入れていた。

⑤炊き上がったら、牡蠣を加え、再びふたをして、10分ほど蒸らして完成。
 
⑥サックリとかき混ぜたら、器によそい、三つ葉や針しょうが、白ごまを
 トッピングして完成。

※牡蠣を後から加える事で、よりふっくらとした牡蠣を味わえますね。

2013年10月29日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月29日(火)「アンブラン」

10月29日(火)「アンブラン」

久々にスイーツメニューの登場です。
テレフォンショッピングなどで、カステラの
切り落としをゲットしたら、ぜひ作ってみてね。
何食べレシピ本パート①126ページに載ってます。

<材料>
●生クリーム           100g
●市販のこしあん        100g
●カステラ              少々
●栗の甘露煮(有れば)    ひとり1個
●黒豆の煮物(有れば)     少々

<作り方>
①生クリームを、八分立てにあわ立てる。
(八分立て⇒角が立ってもてっぺんがフニャっと曲がるくらい)

②ボウルに市販のこしあんを入れ、そこにあわ立てた生クリームを
 1/3入れて混ぜる。

③よく混ざったら、残りの生クリームをいれ、ふわっと混ぜたら
 絞り袋にいれる。

④器に、適当な大きさに切ったカステラをいれ、その上に、絞り袋の
 クリームを搾り出し、栗や黒豆をトッピングして完成。

※元々は、リスナーさんから頂いた、余った栗きんとんのアレンジレシピ。
 しかし、栗きんとんが大好きな、こずえさん一家には、栗きんとんが
 余ることなど無かったのです。そこで考えた一品です。

2013年10月28日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月28日(月)「イカげそ炒飯」

10月28日(月)「イカげそ炒飯」

手軽に使える烏賊のげそを、バターとしょう油で
チャーハンにしたら、もう大変!絶品の美味しさです。
何食べレシピ本パート①、90ページにも載ってます。

<材料>3~4人分
●イカげそ          3~4杯分
●御飯            適量(人数で食べられるだけ)
●にんにく          1片(みじん切り)
●たまねぎ          1/2~1個
●塩・胡椒          適量
●バター            少々
●しょう油           適量
●万能ネギ(青ネギ)    適量(もしくはパセリみじん切り)

<作り方>
①あぶらをひいたフライパンで、みじん切りにしたニンニクと
 玉ねぎを炒める。

②3cm位の長さにきったイカげそをいれ、更に炒める。
 ここにバターを入れて香り付けし、塩コショウで味をつける。

③ここに、電子レンジで温めなおした御飯を投入し、ジャジャッと
 炒める。

④鍋肌から、しょう油を垂らして、香りをつけたら、大きめの皿に
 盛り付けて、刻んだ青ネギやパセリを散らして完成。

2013年10月24日 09:49

こずえ通信

10月24日(木)だじゃれかんけい

 お題『キクラゲ』

♪~キクラゲ(聞き分け)の無い女の頬を ひとつふたつ張り倒して・・・

    グランプリ曲 カサブランカダンディ/沢田研二

 

   次回 10月31日(木)のお題『干柿・ほしがき』

 締め切り 10月30日(水)~12:35 番組終了時まで

ダジャレた曲名・歌手名 ダジャレた場所をわかりやすく。

         ラジオネームを忘れずに!

2013年10月23日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月23日(水)「イタリアンデリ風なす炒め」

10月23日(水)「イタリアンデリ風なす炒め」
                  byちょこまま

リスナーのちょこままから頂いたレシピです。
ワインにぴったりな、おいしいおつまみにどうぞ。
ちなみにちょこママは下戸です。
こずえさんご感想を・・・

<材料>
●なす         食べたいだけ
●塩          適量
●水          適量
●オリーブオイル   適量(ちょっと多め)
●ワインビネガー   適量(必ず入れたい)
●ハーブソルト    適量(多めに)
●ガーリック      適量
(粉末、チューブ、みじん切り何でもOK)
●クミン        少々(無ければカレー粉)
●鷹の爪       少々(輪切り)
●コショウ       少々
●乾燥パセリ     少々


<作り方>
①ナスはかわを全部むいて、縦に4つに割り、
 横に3~4cmに切っておく。

②ボウルに切ったナスをいれ、ひたひたに水を入れ、
 塩をいれて、ちょっとしょっぱい感じの塩加減。
 この中でナスを揉んで、シナッとさせて絞る。

③ナスをフライパンに移し、オリーブオイルをたっぷり
 ナスに纏わせる感じで全体に馴染ませる。(焦がさず
 炒める為の準備なのでしっかり)

④コンロに点火。中火~強火で炒める。焦げないように注意
 ナスがクタッとしてきたらワインビネガーを入れて
 更に炒める。ツンと言う酸味を飛ばしたら、ここへ
 ハーブソルト、ガーリック、クミン、鷹の爪、コショウ
 で味つけ。(チョット濃い目がおいしい)器に盛り付け
 乾燥パセリを散らせば完成。

※ナスはクタクタに炒めてください。冷たくしても行けます。
 味が濃いので、日保ちもします(冷蔵庫で)
 たくさん作っておけば、これを使って、パスタやカレーも
 時短クッキング出来ちゃう。

なすのイタリアン.JPG

こずえ作

なす皮のきんぴら.JPG

ナスの皮のきんぴら こずえ作

2013年10月22日 12:11

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月22日(火)「ウニのパスタ」

10月22日(火)「ウニのパスタ」

楽チンなのに、豪華さ満点!しかも超オイシイ!

<材料>1人分
●お好みのパスタ        100g
 (番組でオススメしたのは太さ1.6mmの麺)
●塩(本には未記載)      大さじ3~5
●ウニ(瓶入り)           大さじ2
●バター               10g
●コーヒー用ミルク        1個
●トッピング              適宜
(紫蘇の葉・刻み海苔・パセリ・かいわれなど)

<作り方>
①大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、たっぷりの塩をいれ
 パスタをゆでる(茹で時間は、袋の記載どおり)

②ボウルに、ウニとバターを入れる。

③茹で上がったパスタを、ボウルに入れ、ゆで汁を大さじ1程
 加えて、混ぜる。(パスタ全体に絡めるように)
 器に盛り付け、コーヒー用のミルクをかけ、紫蘇の葉の千切りや
 刻み海苔をトッピングして完成。

※パスタは食べたい分で茹でてください。ゆで汁は、界面活性剤。
 お皿など、洗いモノに、活用してください。

2013年10月21日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月21日(月)「タンドリーチキン」

10月21日(月)「タンドリーチキン」

おうちでお手軽に本格インド料理を作ろう。
何食べレシピ本パート①50ページに載ってます。

<材料>二人分
●鶏もも肉        400g(1枚半~2枚)
●プレーンヨーグルト   100g(無糖)
●玉ねぎ          1/2個
●カレー粉         大さじ1~3 
●塩             小さじ1
●サラダオイル      適量
●付け合せ野菜(ブロッコリ、レタス、トマトなど)適量 

<作り方>
①鶏もも肉を、大き目の一口大に切る。玉ねぎはすりおろす。

②ボウルに、ヨーグルト、カレー粉(お好みで量を調整)
 塩、玉ねぎのすりおろしを混ぜ、鶏もも肉を漬け込む。
 冷蔵庫にいれ、小一時間は漬けて、味をなじませる。

③フライパンに油をひき、ボウルから鶏肉だけを取り出し
 焼く。両面火が入るように焼いたら、最後にボウルに
 残った、タレをすべて加え、全体に絡めるように炒める。
 野菜とともに、盛り付けて完成。      

2013年10月17日 12:45

こずえ通信

10月17日 本の紹介

<本情報>
毎月、江崎書店パルシェ店 店長の渡部松徳さんに、
おすすめの本をご紹介いただいています。

今月は…

渡部さん

「藍の糸~着物始末暦2~」  中島 要 著 / ハルキ文庫 / 650円(税込)

こずえ

「フィルム」 小山 薫堂 著 / 講談社 単行本 / 1680円(税込)[講談社文庫630円(税込)]

 

先月は…

渡部さん

「嫌な女」      桂 望実 著 / 光文社文庫 / 800円(税込)

こずえ

「これからの橋 雪」 澤田 ふじ子 / 中公文庫 / 740円(税込)

2013年10月17日 12:36

こずえ通信

10月17日(木)だじゃれかんけい

             お題『煮干し』

♪~そら煮干し(空に星)があるように~

グランプリ曲 空に星があるように/荒木一郎

 

次回 10月24日(木)のお題は『キクラゲ』

締め切り 10月23日(水)~12:35 番組終了時まで

ラジオネーム ダジャレた曲名・歌手名 ダジャレた部分を明記して!

2013年10月16日 12:10

こずえの『今夜、何食べたい?!』

10月16日(水)「アボカドとエビのソテー」byマール

10月16日(水)「アボカドとエビのソテー」byマール

マールさんから頂いたレシピです。こずえさんのブログにも登場。
イタリアン好きなご主人のみならず、息子さんたちにも大好評。
まさに白ワインにぴったりな一品ですよ。こずえさんはきのこを
入れてアレンジしましたよ。

<材料>約4人分
●アボカド         2~3個
●エビ           10~20尾(まあ好きなだけ)
●ニンニク         1片
●白ネギ          20cmほど
●白ワイン(または日本酒) 適量
●ハーブソルトまたはら塩  適量
●オリーブオイル      適量
●エリンギorぶなしめじ   1パック

<作り方>
①アボカドは皮と種を取り、適当な大きさにカット。エビは殻をむき
 背ワタをとって、白ワインか酒で洗っておく。
 エリンギは、長さを半分にしてから、スライス。ぶなしめじなら、
 石突を切って、ほぐしておく。ニンニクと白ネギはみじん切り。

②フライパンにオリーブオイルを多めにいれ、ニンニクを炒め、きのこ類、
 をいためる。白ネギ、エビを入れ炒める。白ワインをトポトポっといれ、
 さっと炒めたら、アボカドを投入。ハーブソルトで味付けしたら
 出来上がりです。

アボカドとエビのソテー.JPG

こずえ 作