メニュー

検索

土曜はごきげん土曜はごきげん

NOW ON AIR

2015年1月

2015年1月31日 09:25

海への憧れ

海への憧れ

 

海に連れて行ってもらった時

果てしのない大海原に驚いた

自分のふるさとと比べて

世界は圧倒的に広い

言葉もなく海を見ていた幼いころ

 

3.11、海は大きく躍った

懸命に駆けてもあっけなく追いついて

多くの人々を無言のまま飲み込んだ

 

慌てたらだめだ

暴れたらだめだ

海と一つになるのだ

息を止めて身を任せるしかない

全てがひっくり返っても

羊水の中にいる胎児のように

 

今でも海は静かに持ち上がって、

波を打ち続けている

昔から海を見るのが好きだった

見ていたのは海の彼方でなく

足元に這い寄る波

海岸で砕ける波しぶき

 

どこまでも広がる大海原

それは広い世界への入り口

打ち寄せる波にとらわれおびえる自分に

雄飛する勇気などなかった

所詮、川の子、山の子

大きな海に包まれ抱かれることを

夢見ていた

渚が好き

磯が好き

憧れの海

 

2015年1月24日 09:06

空色の自転車

空色の自転車

 

サンタさんのプレゼントは自転車

お願いした通りの空色の自転車

隣のお姉ちゃんが颯爽と乗ってた自転車

これさえあればどこへでも行ける

 

ボディはお空の青い色

昼は雲がわたってく

夜はお月様たちが光り出す

そんなお空が好きだから

果てしもない空が好きだから

 

ママもパパも振り切って

どこへでも行ける

コンビニやタコ公園だって行ける

回る寿司も好きだし、お買い物も楽しいな

 

イヌと駆けっこしても負けない

風を切ってまっしぐら

髪の毛そよがせ、鼻水飛ばし

新しい世界に一番のりだ

 

ハンドルに付けた椅子はもう狭い

いつまでも乗せてもらうだけじゃなく

私が私の自転車で

私の行きたいところへチリンチリン

 

サドルにまたがりハンドル握り

ペダルをこげば動き出す

バランスだけが難しい

思ったより地面が離れて怖くなる

 

ヘルメット付けてチリンチリン

反射鏡をぴかっと光らせて

スピード上げて安全運転

安納芋のソフトを買いに

2015年1月17日 08:57

初め

初め

 

初めが大切だったのかも知れない

出会いの印象が関係を支配することもある

 

あいうえおのあいで始まる出会いもある

いろはにほへとのいろで始まる出会いもある

ドレミファソのどれでもいいわけじゃないさ

ABCDのエイっと迷わず向かう出会いもある

 

1章から始まるお話をおしまいから読もうとするのはバカだ

1から始まるよりも

ゼロから始まる物語はずっと広がりがある

走り出したスタートラインがゴールだったことだってある

笑えるほど悲しいストーリーだってある

 

初めから決まっていることもある

後になって初めが大切だったと気づくこともある

今日も素敵な初めてを見つけに歩み出す

 

数限りない偶然の出会いの中に

自分が選ぶたった一つの物語を探しに