メニュー

検索

土曜はごきげん土曜はごきげん

NOW ON AIR

2013年12月

2013年12月21日 08:33

山田辰美 日々のまなざし

H25 12月21日OA 着物

着物

 

初めはお蚕さんの繭玉だった

紡いだ糸は機で織られて輝く布になる

染め上げられて様々な彩の反物は

やがて美しい着物となる

 

紡がれた無数の命

草木の体液で染め上る

あらゆる自然の素材を活かす先人の知恵

着物に息づく日本人の精神(こころ)

自然に寄り添うライフスタイル

美しく緩やかな形は

変わることなく一千年も引き継がれている

 

一反の織物から

あらゆる体型の人までを

包み込む不変の形が生まれる

細長い生地を8つに切って縫い合わせたのが着物

仕立てる時に捨てる生地は全くない

反物から作られた着物はほどけば

また元の反物に戻せるという

 

親から子へと代々受け継がれていく宝

寸法が変われば仕立て直し

染め直すこともできる

幾度も蘇る着物の命

これこそエコのシンボル

もったいないの真髄

 

現代っ子の若い女性までも

しとやかに変える着物

ゆるやかに立ち振る舞うようになる

しなやかで美しい所作を産みだす力

文化という深い風格

究極のおしゃれは流行りすたりを超えている

着物を着るのは

日本人の心を身にまとうという事

2013年12月11日 22:05

山田辰美 日々のまなざし

H25 12月14日OA 続けること

続けること

 

楽しいことなら何でもやりたい

あれもこれも楽しそうに思えて

あれもやってみた

これもやってみた

 

でも楽しくなる前に

つまらなくなることが多い

面白みが分かる前に

辛くなること、苦しくなることもある

続けることは

始めることよりもずっと難しい

 

初めのうずうずした期待感

わくわくする憧れを

途中で見失ってしまうこともある

諦めなければよかったんだよ

初めの気持ちに立ち返ることができれば

のり越えられたかもしれない

 

ある程度やりきらないと感じ取れない感覚

それが面白みや手応えだ

そこにたどり着くまで頑張ってごらん

人は同じ場所にとどまるよりも

新しい場所を求めてしまうかもしれない

でもここにとどまり続けること

同じことをやり続けることで

初めて知る喜びがあるんだね

 

感動を分かち合える仲間との絆

苦労した分だけ戻ってくる手応え

やり遂げる自分を見届ける誇らしさ

 

2013年12月 7日 08:29

山田辰美 日々のまなざし

H25 12月7日OA イルミネーション

イルミネーション

 

イルミネーションの華美な迫力

光の点や線ではない

光の壁、流れる光の群れだ

それは波立ち、うねりとなる

豊穣な光が夜に溢れている

 

漆黒のキャンパスに描かれる光の絵画だ

都市が生み出した華麗なアート

ありあまるキラメキ

子供たちの無邪気な歓声

富の吐き出す巨大な浪費

 

僕らの感性は刺激に麻痺する

より大きな光の群を求めてしまう

強い光は都市の汚れを隠すだけじゃない

けなげな灯りの存在に気づかせない

少女の凍える指先で揺らめくマッチの炎…

 

漆黒の闇なんかホントはないのさ

闇の底にはつつましい暮らしの灯火

夜空には無数の星座

目を凝らしても見えてこないよ

きらびやかなイルミネーションのせいで

 

もう僕らは無邪気ではいられない

過剰なエネルギーの浪費に

都市のうさん臭い企みを感じてしまう

災厄の生み出した闇の中で

夜空を彩る星の美しさを改めて知ったよ

星座になれない数限りない星屑のあることを

その煌めきを