メニュー

検索

土曜はごきげん土曜はごきげん

NOW ON AIR

2011年5月

2011年5月28日 08:30

山田辰美 日々のまなざし

5月28日OA 一枚の板

一枚の板

  

その板は

テーブルになるために我が家に運ばれてきた

12・3センチの分厚さで

ずしりと重い

 

その板は

山深い森の中で一際目立つ大杉だった

一尋もある巨木から切り出された無垢の板は

2番目に生きる場所を得て

今、静かに据えられた

 

その板は

へりに刻まれた年輪が150をゆうに超えている

厳しい風雪に耐えて育ったはずだが

磨かれた面は素直な正目の表情だ

 

これからここで

飯を食ったり、思索にふけったりする

詩を紡ぎだすこともあるだろう

 

静かにこの板に手を置くと

その木の育った山の静寂

巡る季節や、森の生き物たちの気配など

静かに伝えてくれる

 

そしてこの板に頬をすり寄せると

その木の生きた年月

この星が経験した歴史まで

語りだす気がする

 

2011年5月21日 08:36

山田辰美 日々のまなざし

5月21日OA アンの幸せ

アンの幸せ

 

 

一番幸福な日というのは

感動的なイベントに参加したり

豪華な料理でもてなされたり

ビックリするような贅沢な買い物をしたり

胸が沸き立つような出来事が起こる特別な日ではなく

真珠のネックレスの一粒、一粒のように

小さな喜びがつながっている一日一日のことだよって

アン.シャーリーは教えてくれた

 

アンは赤毛でやせっぽち、

そばかすだらけの女の子

自分の赤毛に強い劣等感をいだいていた

それだけに

自分の人としての魅力に気付いていなかった

悲しい生い立ちから愛情に飢えていたけど

強いプライドと理想をもっていた

それだけに、ずいぶん遠回りをしたけど

結局は確かな幸福をつかみ取った

アンは気づいていなかったけど

いつも一生懸命で

いつも輝いていたんだよ

 

2011年5月14日 07:53

山田辰美 日々のまなざし

5月14日OA てんとう虫

てんとう虫

 

とげとげの体

黒と赤のまだら模様は不気味かい

育ちざかりのオレ様は

バリバリ食べたさ、アブラムシ

小さな悲鳴も上げず

逃げることもできないアブラムシ

カラスノエンドウの先っちょで

いつも仲間と体を寄せ合っている

アブラムシの群れ

け、気に入らねえ

 

そんなに尖ってどうすんのって

おれは早く大きくなりたいだけさ

親の喜ぶ点取り虫なんてなりたくない

7点くらいでいいのさ

勉強ばかりじゃあ

人生につまずいて転倒するぜ

 

アリのように働くのも好きじゃない

地面をはい回るアリきたりの人生なんて

おれはアリとあらゆることに挑戦し

お天道様に近いてっぺんが好きなのさ

 

そんなこんなで気が付くと

まあるい姿のてんとう虫

若い時はぐれてたけど

今では性格も丸くつややかになりましたよ

でもやっぱり好きな場所は

カラスノエンドウの先っちょ

好きな食べ物は

け、今でもアブラムシだ

2011年5月 7日 06:28

山田辰美 日々のまなざし

5月7日OA おひさま

おひさま

 

お日様はすごいね

自分で輝いている

内部にエネルギーが詰まっているんだね

 

でもお月様やお星さまもすごいよ

誰かの光を受け止めて

輝きにしてる

 

どの星も離れ離れだ

暗い宇宙の中

自分の道を探してる

 

自分から光れなくても

誰かの光をしっかり受け止めれば

輝く存在になれる

君は気づいていないけど

ほら君は青く美しく輝いている