• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

トピックス

こち女リポート

NEW!
地域防災力向上に「話し合いの作法」も 浜松の女性が講座
「より良い話し合いの場作り(ファシリテーション)」の知識と技術を広めることを通して、地域の防災力アップに取り組む女性がいる。NPO法人日本ファシリテーション協会(FAJ)災害復興支援グループに所属する鈴木まり子さん(58)=浜松市東区=。大規模災害の被災地で会議や会合を支援してきた経験を踏まえ、「災…
MORE >
NEW!
飛行の安全、私も担い手 静岡空港で女性やママの活躍光る
20日は「空の日」。静岡空港では、多くのスタッフが航空機の安全運航を支えている。女性の活躍も光り、開港から9周年を迎えて子育てしながら働くママさんも増えている。フジドリームエアラインズ(FDA)を中心に、全国の空港で地上業務を請け負うエスエーエス(本社・牧之原市)。静岡空港に勤める91人中、39人が…
MORE >
NEW!
山里「玄関口」奮闘10年 静岡・水見色きらく市
静岡市葵区の山あいにある農産物加工販売所「水見色きらく市」が今秋、設立から10年目を迎える。めぼしい観光施設が少ない水見色地区にとって、山里の豊かさと人の温かさこそがかけがえのない資源。「人が人を呼ぶ」をモットーに、住民と訪問者をつなぐ交流拠点にしようと、地元の女性たちが奮闘を続けている。きらく市は…
MORE >

このほかの記事

もっと見る



こち女連載企画

NEW!
“どん底先生”の生き抜く力(下) 体験糧に、悩む子支える
「勉強ができない気持ちなんて分からないでしょ」「どうせ先生には…」。教え子の投げやりな言葉一つ一つに、首を振って「分かるよ」が言える。沼津市の家庭教師宮坂智恵子さん(36)は、どん底の経験という“引き出し”から、教え子にとって最善の方法を導き出す。「漢字を書くの…
MORE >
NEW!
“どん底先生”の生き抜く力(上) 貧しい生活、脱出へ猛勉強
「うちの子を支えてほしい」。勉強以外の悩みも聞いてくれる先生との評判を頼りに、沼津市の家庭教師宮坂智恵子さん(36)の元には保護者からの依頼が舞い込む。「死にたい」と口にする子、学校では一言もしゃべらない子…。宮坂さんは教え子の声に耳を傾け、うなずく。「気持ち、分かるよ」。自称、ミスど…
MORE >
NEW!
学びの代償~奨学金返還の実情(番外編) 識者インタビュー
奨学金を含む、教育費負担の現状の課題は。静岡県労働者福祉基金協会静岡ワークライフ研究所の教育費の実態調査で、委員長を務めた静岡文化芸術大・文化政策学部長の森俊太教授に聞いた。―日本の教育費負担の特徴は。「外国と比べて教育への公的支出が少ない。教育費の中でも高額な大学進学を助ける返還不要の給付型奨学金…
MORE >

このほかの記事

もっと見る

Pick up イチオシ情報

浜松市南区新橋町

BISTRO La Joie(ビストロ ラ ジョア)

本格フランス料理を肩肘張らずにゆったり味わえる、笑顔あふれるアットホームなお店です。

三島市大宮町

さくらCAFE

“三嶋大社”スグとなりのカフェ。お食事メニューも充実で、伊豆の各地域をイメージして焙煎・ブレンドしたコーヒーは絶品。

静岡市葵区紺屋町

12‐Twelve(トゥエルブ)

静岡駅より約5分。多彩なクラフトビールが揃う専門店。

三島市一番町

創作cafediningてっぱんや

三島産丹那はこ豚やあしたか牛の鉄板料理が自慢。駿河湾の魚、牛ステーキも自信あり!

熱海市上多賀

南熱海お宿グルメフェスタ

2018年9月29日(土)、30日(日)

静岡市駿河区

駿河区 南八幡幼稚園でパパも一緒にベビーマッサージ 【9/7受付スタート】 

2018年9月29日(土)

浜松市南区中田島町

はままつビーチフェス

2018年9月30日(日)

静岡市清水区三保

第4回アロハ三保フェスティバル2018

2018年9月29日(土)、9月30日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月21日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」