• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

トピックス

こち女リポート

NEW!
そば殻と笑顔詰め、癒やしの枕被災地へ 磐田の有志こつこつ寄贈
磐田市の市民グループ「そば殻枕愛好会」が東日本大震災以降、被災地に手作りの枕を贈り続けている。2017年末にも約20個を届けた。弓桁淑子代表(71)は「月日がたっても家族や友人、古里を失った傷は癒えない。自分たちの枕で体を休めてほしい」と思いを込める。同グループの前身は磐田市の団地の高齢者サロンで、…
MORE >
NEW!
月刊こち女チョイス(1月号)
「こちら女性編集室(こち女)」のスタッフが、12月の静岡新聞紙面から「気になるニュース」をまとめました。お見逃し、お読み逃しはありませんか?▼女性の視点で避難所運営を湖西市はこのほど、女性市民を対象にした防災講座を市健康福祉センターで開いた。静岡大教育学部の池田恵子教授を招き、女性の視点を生かした避…
MORE >
NEW!
子育て家庭、お魚いかが 戸田漁協の移動販売
静岡県内沿海地区17漁協で唯一、鮮魚の移動販売に取り組む戸田漁協(沼津市、荒川邦夫組合長)が本年度新たに販売場所に加えた長泉町内の複合商業施設「フレスポ長泉」で、子育て家庭に「お魚」を食べてもらおうと奮闘している。寒空の下、移動販売車に張り付いて販売役を務めるのは「漁協女子」の女性職員だ。「一番簡単…
MORE >

このほかの記事

もっと見る



こち女連載企画

NEW!
孫育て それぞれのカタチ(4・完)自分らしく
「孫育て」という言葉は、少子化や子育て支援への関心の高まりとともに広がってきた。2017年10月、三島市が県内で初めて発行した祖父母手帳や各地の講座は、最新の知識を伝えるとともに、祖父母のまっすぐな愛情や日々の葛藤を肯定する。「自分らしい孫育て」を応援する。浜松市北区の福祉施設根洗学園が11年から続…
MORE >
NEW!
孫育て それぞれのカタチ(3)離れていても
核家族による子育てが主流になり、孫と離れて暮らす祖父母が多い中、インターネットやスマートフォン(スマホ)が孫との関わりを深める道具として役立っている。静岡市駿河区の上杉佐代子さん(71)にとって、国際結婚してオーストラリアに住む長女あかねさん(40)の娘(6)はただ一人の孫。インターネットのテレビ電…
MORE >
NEW!
孫育て それぞれのカタチ(2)世代間ギャップ
インターネットで「育児」という言葉を検索すると、3千万を超える項目が出てくる。産前の勉強に役立ち、産後にもすぐ調べることができる。そんな親にとって、育児経験に基づく祖父母の助言はさまざまな意味で「重い」ようだ。浜松市の30代女性は県外に住む実母の「私の頃は」という言葉に閉口している。「抱き癖が付く」…
MORE >

このほかの記事

もっと見る

Pick up イチオシ情報

沼津市千本港町

拳流駿河そば 沼津港本店(こぶしりゅうするがそば)

駿河湾の海岸線をモチーフにした純和風の店内で、美味しいお酒とお蕎麦、 海の幸、山の幸が出会う蕎麦酒菜のお店です。

浜松市東区笠井町

ビストロベーカリー fukuram(フクラム)

焼きたてパンの美味しさを味わえるベーカリーレストラン

静岡市駿河区南町

もつ健

なにはともあれ、看板メニューの「塩もつ煮」で一杯。選りすぐりの日本酒や焼酎が進むおいしさです!

浜松市中区肴町

#THE LOFT(ザ ロフト)

アンテナ高めな大人たちの溜まり場Bar。

富士市入山瀬

富士西公園 落ち葉のプール

2018年1月13日(土)~21日(日)

富士宮市宝町

富士高砂酒造 新春蔵開き

2018年1月21日(日)

富士市

たまげたフリーマーケット in 富士マリンプール

2018年1月20日(土)

静岡市駿河区根古屋

久能山東照宮 鬼撃木

2018年1月15日(月)~2月3日(土)

NEWS PAPER

見開き特集面 1月12日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」