こち女連載企画「家族の軌跡~ダウン症の次男との10年」

家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(4・完)母の“舞台”(2017/11/25 11:00)
大村由実(52)が自宅の一角に設けている「えほん文庫」の開館日には、大勢の家族が訪れる。定期的に開くママ会やイベントは、母親や子どもたちの憩いの場。「ここでたくさんの人たちと知り合い、交流が生まれた。ダウン症の剛輝を授かったからこそ」文庫は…
家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(3)父の起業(2017/11/23 11:00)
10年前、ダウン症の次男剛輝(ごうき)が生まれてから、父の大村昌良=当時(48)=は毎日、午後8時には帰宅した。大手企業の半導体開発エンジニアとして、それまでは深夜まで残業する日々だった。妻の由実=同(42)=は、わが子に障害があることを受…
家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(2)姉の決意(2017/11/22 11:00)
「剛輝を守っていくために、人の2倍稼げる大人にならなければ」。高校3年の大村真由帆(18)は物心ついた時から、自分自身に言い聞かせてきた。「将来私に家族ができたとしても、剛輝が望むなら同居しよう」とも思っていた。父母が老いたら姉として、ダウ…
家族の軌跡~ダウン症の次男との10年(1)誕生(2017/11/21 11:00)
浜松市北区の一家がダウン症の次男を授かって10年。名前は剛輝(ごうき)。「生まれたばかりの頃はこの子の未来を何一つ描けず、絶望感でいっぱいだった」。母の大村由実(52)は振り返る。剛輝は今春、浜松視覚特別支援学校から地元の公立小の特別支援学…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト