• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

Topics トピックス

こち女ボイス「普段と違っていた産後」
妊産婦の死因1位は自殺で、産後うつが原因の一つだと報じられました。以前こち女で特集をした時も、診断されないまでも「普段と違っていた」と振り返る母親は結構多かったです。私もそうでした。母乳育児につまずいたことがきっかけです。病院の母乳室で、両隣のママが赤ちゃんのおなかを満たしているのに、私だけ数ミリリ…
MORE >
社会的ひきこもり支援へ 28日、静岡で講座
静岡こころのサポートセンター(静岡市)は28日午後2時から、学校や職場、家族、社会にうまく適応できずに心を閉ざしてしまう「社会的ひきこもり」の支援をテーマにした講座を同市駿河区のグランシップで開く。同市ひきこもり地域支援センター「DanDanしずおか」センター長の三森重則氏を講師に迎え、周囲ができる…
MORE >
農家おむすび、味わって 静岡県内17JAの女性部
静岡県内全17JAの女性部が、初の“おむすび表彰”に向け、切磋琢磨(せっさたくま)している。農協祭や料理教室などの主催催事で作ったおむすびの数やアイデアを競うという。米の消費拡大や地域の食文化継承のため全国組織が前年度始めた活動。「思いを込めたおむすびを楽しんで」と地域の応援…
MORE >
寄せ木細工でアクセサリー 服飾店女性と家具職人コラボ 静岡
静岡市葵区七間町の服飾店トンボヤと、特注家具の薮崎木工所(同区)がこのほど、寄せ木細工の技法を使ったアクセサリーを共同製作した。男性家具職人と服飾店の女性スタッフが技とアイデアを出し合い、オリジナル商品を完成させた。薮崎木工所は、大型の特注家具が専門。寄せ木細工は、工場内に余っていた木材を活用して1…
MORE >
月刊こち女チョイス(10月号)
静岡新聞「こちら女性編集室(こち女)」のスタッフが、9月の静岡新聞紙面から「気になるニュース」をまとめました。お見逃し、お読み逃しはありませんか?▼妊産婦死亡、自殺が1位産後うつ原因か2015~16年に102人の女性が妊娠中から産後にかけて自殺しており、妊産婦死亡の原因の中で最も多いとの調査結果を国…
MORE >
こち女ボイス「インフル予防接種、今年こそは」
「インフルエンザワクチンの予約は終了しました」。9月下旬、風邪をひいた息子(2)と訪れた診療所の掲示を見て、昨年の苦い記憶がよみがえりました。昨年は、こども園に入園して初の冬を息子に元気に過ごしてほしいと願い、受付開始後すぐに予約。しかし、当日に発熱して予防接種を断念。再予約した日も、体調を崩してキ…
MORE >
更年期世代向けに講座開講 静岡
更年期世代を中心とした女性の生活の質向上を目指すグループ「花咲く40カラーズ」(後藤純子代表)はこのほど、本年度講座「メノサポ2018変化の時を知る・整える・たのしむ」を静岡市駿河区のクローバーハウスで開講した。27日まで全8回、心と体の健康を考える講座を実施する。初日の講座「オトナ女性の保健室」で…
MORE >
認知症ケア、認定看護師が活躍 静岡県内、患者に安心感と笑顔
認知症ケアに関する体系的な知識、技術を持つ専門職「認知症看護認定看護師」が静岡県内でも徐々に増えている。高齢化に伴い認知症の患者が増える中、別の身体疾患で急性期病院に入院するケースへの対応は必須。今後も患者の増加が予想され、期待は大きい。静岡市立清水病院の病棟で、認知症看護認定看護師鈴木美佳さん(3…
MORE >
職責や権限の差、より明確に 正社員とパート
【Q】30代女性、フルタイムパートとして小売店で働いています。職場からいずれ正社員への転換も考えてほしいと言われました。何が変わるのでしょうか。【A】正社員に法律的な定義はありません。一般的に、雇用期間の定めがなく、会社の定める所定労働時間をフルで働く社員のことを、「正社員」と呼んでいます。今年6月…
MORE >
こち女ボイス「台風の夜に」
台風24号による強風で、静岡市内のわが家もギシギシと揺れました。最近の窓ガラスは強固と聞き、家を建てる際に雨戸を付けませんでしたが、少々後悔しています。夫は仕事のために不在。大きな窓ガラスの寝室で、4歳の息子と布団をかぶっても「本当に大丈夫か。大きな物が飛んできたらどうする」と不安を拭いきれません。…
MORE >
多胎妊娠、不安解消に「ふたご手帖」 浜松の女性、編集に参加
双子や三つ子などの親でつくる「しずおか多胎ネット」(事務局・浜松市東区)代表の高山ゆき子さん(43)らがこのほど、多胎妊娠の経過や育児の工夫などを紹介するガイドブック「ふたご手帖」(A4サイズ、58ページ)を作製した。多胎児を持つ母親を対象にした全国調査を基に編集し、父親の関わり方についてもアドバイ…
MORE >
恋愛や妊娠、多様な価値観を語る場に 浜松で若者向けイベント
タブー視されがちな恋愛や性について若者がオープンに語るイベント「ILADY.(アイレディ)in浜松」が10月7日、浜松市で開かれる。国際協力NGOジョイセフが全国展開するプロジェクトで静岡県内開催は初めて。同市の男女共同参画推進の拠点施設「あいホール」職員近藤佳美さん(42)が、同NGO職員でプロジ…
MORE >

Pick up ピックアップ

浜松市南区新橋町

BISTRO La Joie(ビストロ ラ ジョア)

本格フランス料理を肩肘張らずにゆったり味わえる、笑顔あふれるアットホームなお店です。

浜松市中区肴町

毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部 浜松有楽街店

イクラやタラバ蟹など北海道の美味しいものを毎日入荷!多彩な料理をお楽しみ下さい。

熱海市田原本町

間瀬CAFE

創業明治5年の老舗和菓子店の和カフェ。

静岡市葵区紺屋町

博多 肉巻きやさい串と うまか酒 チカッパ

旨いものには、巻かれろ。巻けるものなら何でも巻いちゃう、そんな肉巻き酒場です。

News ニュース

一覧

農家おむすび、味わって 静岡県内17JAの女性部
静岡県内全17JAの女性部が、初の“おむすび表彰”に向け、切磋琢磨(せっさたくま)している。農協祭や料理教室などの主催催事で作ったおむすびの数やアイデアを競うという。米の消費拡大や地域の食文化継承のため全国組織が前年度始めた活動。「思いを込めたおむすびを楽しんで」と地域の応援…
MORE >

Columns コラム

こち女ボイス「普段と違っていた産後」
妊産婦の死因1位は自殺で、産後うつが原因の一つだと報じられました。以前こち女で特集をした時も、診断されないまでも「普段と違っていた」と振り返る母親は結構多かったです。私もそうでした。母乳育児につまずいたことがきっかけです。病院の母乳室で、両隣のママが赤ちゃんのおなかを満たしているのに、私だけ数ミリリ…
MORE >
「ベビーシッターさん、ありがとう」の巻/子育てコラムあすなろ
平日の朝、長男(2)が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」を同時に発症していることが通院で発覚しました。当然、子ども園には登園できず、病児保育も感染症の子供は利用できない規則。私も夫もその日は急に仕事を休むことができず、祖父母も全員それぞれの仕事…
MORE >

Money おサイフ相談

一覧

職責や権限の差、より明確に 正社員とパート
【Q】30代女性、フルタイムパートとして小売店で働いています。職場からいずれ正社員への転換も考えてほしいと言われました。何が変わるのでしょうか。【A】正社員に法律的な定義はありません。一般的に、雇用期間の定めがなく、会社の定める所定労働時間をフルで働く社員のことを、「正社員」と呼んでいます。今年6月…
MORE >

Spot しあわせチャージ

一覧

夢の吊り橋(川根本町)
川根本町・寸又峡の「夢の吊[つ]り橋」は、大間ダム湖にかかる高さ8メートル、長さ90メートルの絶景スポット。橋から眺めるエメラルドグリーンの湖面や南アルプスの豊かな自然が織りなす景色が美しく、国内外から多くの観光客が訪れる。吊り橋までは、寸又峡温泉街から徒歩約30~40分。週末や行楽シーズンは特に混…
MORE >

Event イベント

一覧

おすすめ!
社会的ひきこもり支援へ 28日、静岡で講座
静岡こころのサポートセンター(静岡市)は28日午後2時から、学校や職場、家族、社会にうまく適応できずに心を閉ざしてしまう「社会的ひきこもり」の支援をテーマにした講座を同市駿河区のグランシップで開く。同市ひきこもり地域支援センター「DanDanしずおか」センター長の三森重則氏を講師に迎え、周囲ができる…
MORE >

富士市永田町

第38回市民福祉まつり

2018年10月21日(日)

磐田市掛塚

掛塚まつり(貴船神社祭典)

2018年10月20日(土)、21日(日)

三島市長伏

第84回秋の三島みどりまつり

2018年10月20日(土)、21日(日)

静岡市清水区入船町

エスパルスドリームプラザ 静岡はたらくクルマ展2018

2018年10月20日(土)、21日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 10月19日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」