• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

Topics トピックス

飛行の安全、私も担い手 静岡空港で女性やママの活躍光る
20日は「空の日」。静岡空港では、多くのスタッフが航空機の安全運航を支えている。女性の活躍も光り、開港から9周年を迎えて子育てしながら働くママさんも増えている。フジドリームエアラインズ(FDA)を中心に、全国の空港で地上業務を請け負うエスエーエス(本社・牧之原市)。静岡空港に勤める91人中、39人が…
MORE >
出会いや子育て短歌に 静岡県、「あいのうた」作品募集
静岡県は30日まで、出会い、子育てなどをテーマにした「第5回あいのうた短歌コンテスト」の作品を募集している。募集は高校生以下を対象としたジュニアと一般の2部門。審査員はいずれも歌人の俵万智さん、田中章義さん(静岡市出身)。自作、未発表の作品に限る。1人何首でも応募可。作品を詠んだ時の気持ち(50字以…
MORE >
こち女ボイス「性教育、防犯の観点からも重要」
子どもへの性教育について、このページで特集を組みました。親に向けて、家庭でできる性教育の講座を開く女性のもとには、子どもが巻き込まれる性犯罪に危機感を抱く母親が多く集まるそうです。取材の中で印象に残ったのが「被害に遭っても、親に言えない子どもが少なくない」という話です。自分自身にも似た経験があります…
MORE >
山里「玄関口」奮闘10年 静岡・水見色きらく市
静岡市葵区の山あいにある農産物加工販売所「水見色きらく市」が今秋、設立から10年目を迎える。めぼしい観光施設が少ない水見色地区にとって、山里の豊かさと人の温かさこそがかけがえのない資源。「人が人を呼ぶ」をモットーに、住民と訪問者をつなぐ交流拠点にしようと、地元の女性たちが奮闘を続けている。きらく市は…
MORE >
月刊こち女チョイス(9月号)
静岡新聞「こちら女性編集室(こち女)」のスタッフが、8月の静岡新聞紙面から「気になるニュース」をまとめました。お見逃し、お読み逃しはありませんか?▼男性育休取得率17%超静岡県が公表県は31日、職員の仕事と生活の両立を目指す「ふじのくにワーク・ライフ・バランス推進計画」(計画期間2015~19年度)…
MORE >
子育てママへ「第3の居場所」 NPOが富士宮にログハウス
富士宮、富士両市などの母親でつくるNPO法人「母力向上委員会」は9月から、富士宮市野中の民家を活用し、親子で自由に過ごせるログハウス「さぁどぷれいすSAN(サン)」を無料開放するオープンデーを始めた。子育て中の母親に、家と職場以外の“第3の居場所”を提供するのが狙い。同NPO…
MORE >
こち女ボイス「丁寧に教えたい」
人に教えるというのは難しいことだとよく感じます。心や時間に余裕がないと早口や怒り口調になったりもします。算数が苦手な息子は、私が教えてもなかなか理解してくれません。「何回説明したら分かる?」「しっかり聞いているの?」と私がイライラし始めると息子が泣きだす―。感情的になってはいけないと分かっていますが…
MORE >
10年以上「休眠」で預金移管 手続きすれば引き出し可
Q60代女性。10年ほど前に娘への仕送りに使っていた銀行口座が、使わないままになっていることに最近気づきました。どのような預金が「休眠預金」に該当するのでしょうか。A仕送りに使っていた口座などで、最近まったく入出金などしておらず預金が残ったままになっているという方は、案外いらっしゃるのではないでしょ…
MORE >
子どもから見た親の離婚テーマにシンポジウム
女性対象のシンポジウム「子どもから見た親の離婚」が26日午前10時から正午まで、静岡市葵区の市女性会館アイセル21で開かれる。参加無料。同市でひとり親を支援する「シングルペアレント101」の田中志保代表(市母子寡婦福祉会)がひとり親家庭の現状や支援について説明するほか、幼少期などに親の離婚を経験した…
MORE >
こち女ボイス「活字の贈り物」
探しものをしている最中、ふと読み返した年賀状に「来年より年賀の挨拶を失礼します」というメッセージを見つけました。控えめに書かれていたため、お正月の時には見落としていたようです。「活字には宝物が詰まっている」ー。送り主は十数年前、進路を迷っていた私にこんな言葉を贈り、この仕事に就くことを決意させてくれ…
MORE >
手作り通園グッズ、豪雨被災地へ 静岡の有志「ママなりの支援」
西日本豪雨で大規模な浸水被害があった岡山県倉敷市真備町地区の市立川辺幼稚園の園児のために、静岡市の子育て支援グループ「はぴまましずおか」の呼び掛けに応じた母親らが、通園に必要なリュックなどを制作した。計432点を発送。子どもたちの夏休み明けに間に合わせた。はぴままがフェイスブックやインスタグラムで「…
MORE >
ダイバーシティ目指す企業支援 静岡県が専門家派遣
静岡県は、女性や高齢者、外国人ら多様な人材の活躍促進に意欲的な企業をサポートする専門家派遣事業の参加企業を募集している。80社限定で、社会保険労務士やキャリアコンサルタントの資格を持った専門家が無料で相談に応じる。県のダイバーシティ経営促進事業の一環。人材の定着や確保、残業削減など、業界や職場の状況…
MORE >

Pick up ピックアップ

静岡市葵区七間町

泊まれる純喫茶 ヒトヤ堂

1階は喫茶店、2階はゲストハウス。静岡の新たな寄り道処

熱海市清水町

Cafe Bistro Souleiado(カフェビストロ ソレイアード)

こだわりフレンチが気軽に楽しめるカフェビストロ。

浜松市中区板屋町

Ocean Bistro とぅくとぅく

本物を求める大人たちが上質な料理とお酒に舌鼓。

熱海市上多賀

COEDA HOUSE(コエダハウス)

アラスカヒノキの角材を49層に積み上げた店内から水平線を一望できる絶景カフェです。

News ニュース

一覧

飛行の安全、私も担い手 静岡空港で女性やママの活躍光る
20日は「空の日」。静岡空港では、多くのスタッフが航空機の安全運航を支えている。女性の活躍も光り、開港から9周年を迎えて子育てしながら働くママさんも増えている。フジドリームエアラインズ(FDA)を中心に、全国の空港で地上業務を請け負うエスエーエス(本社・牧之原市)。静岡空港に勤める91人中、39人が…
MORE >

Columns コラム

こち女ボイス「性教育、防犯の観点からも重要」
子どもへの性教育について、このページで特集を組みました。親に向けて、家庭でできる性教育の講座を開く女性のもとには、子どもが巻き込まれる性犯罪に危機感を抱く母親が多く集まるそうです。取材の中で印象に残ったのが「被害に遭っても、親に言えない子どもが少なくない」という話です。自分自身にも似た経験があります…
MORE >
「ベビーシッターさん、ありがとう」の巻/子育てコラムあすなろ
平日の朝、長男(2)が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」を同時に発症していることが通院で発覚しました。当然、子ども園には登園できず、病児保育も感染症の子供は利用できない規則。私も夫もその日は急に仕事を休むことができず、祖父母も全員それぞれの仕事…
MORE >

Money おサイフ相談

一覧

10年以上「休眠」で預金移管 手続きすれば引き出し可
Q60代女性。10年ほど前に娘への仕送りに使っていた銀行口座が、使わないままになっていることに最近気づきました。どのような預金が「休眠預金」に該当するのでしょうか。A仕送りに使っていた口座などで、最近まったく入出金などしておらず預金が残ったままになっているという方は、案外いらっしゃるのではないでしょ…
MORE >

Spot しあわせチャージ

一覧

夢の吊り橋(川根本町)
川根本町・寸又峡の「夢の吊[つ]り橋」は、大間ダム湖にかかる高さ8メートル、長さ90メートルの絶景スポット。橋から眺めるエメラルドグリーンの湖面や南アルプスの豊かな自然が織りなす景色が美しく、国内外から多くの観光客が訪れる。吊り橋までは、寸又峡温泉街から徒歩約30~40分。週末や行楽シーズンは特に混…
MORE >

Event イベント

一覧

おすすめ!
出会いや子育て短歌に 静岡県、「あいのうた」作品募集
静岡県は30日まで、出会い、子育てなどをテーマにした「第5回あいのうた短歌コンテスト」の作品を募集している。募集は高校生以下を対象としたジュニアと一般の2部門。審査員はいずれも歌人の俵万智さん、田中章義さん(静岡市出身)。自作、未発表の作品に限る。1人何首でも応募可。作品を詠んだ時の気持ち(50字以…
MORE >

富士市

まちなかミュージアム Bless Your Heart

2018年9月20日(木)~10月2日(火)、10月5日(金)~17日(水)

静岡市清水区草薙

草薙神社 草薙大龍勢

2018年9月23日(日・祝)

静岡市駿河区丸子

駿府匠宿 葛布展

2018年9月20日(木)~10月2日(火)

浜松市西区

山形の銀彩硝子展 同時開催 お気に入り山形クラフト

2018年9月20日(木)~24日(月・振)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月14日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」