• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

Topics トピックス

デフリンピックに理解を 静岡の女性、手話通訳で懸け橋
聴覚障害者の国際総合スポーツ大会「デフリンピック」の第23回夏季大会(トルコ・サムスン)で日本選手団本部手話通訳を務めた手話通訳士、黒石恵理子さん(39)=静岡市駿河区役所=が10日、県聴覚障害者協会で活動を報告した。パラリンピックに比べ知名度の低いデフリンピックへの理解と支援が広がるよう決意を新た…
MORE >
月刊こち女チョイス(12月号)
「こちら女性編集室(こち女)」のスタッフが、11月の静岡新聞紙面から「気になるニュース」をまとめました。お見逃し、お読み逃しはありませんか?▼女性活躍、6割が実感勤務先で女性活躍を実感したことがある人は約60%だったとの調査結果を、人材サービス会社がまとめた。活躍の理由として「女性管理職や役員がいる…
MORE >
自分で切り開く「好きな道」
先日、全国チェーンの手芸店で、鳥雑貨ブランド「KOTORITACHI」の布地が置いてあるのを見つけました。今年1月の「こち女(こちら女性編集室)」で紹介したブランドで、設立者は静岡市出身のデザイナー高原綾さん(32)です。以前、動物園の売店で品物を見かけたことはあったものの、手芸店では初めて。ブラン…
MORE >
舞台で女性に元気を チーム旗揚げ 23日、静岡で公演
静岡県内の一般女性でつくる舞台チーム「ハイポジション」が23日、静岡市葵区の市民文化会館で旗揚げ公演する。上演するのは、さまざまな進路を選択した地元女性たちの悩みをコミカルに描く作品「ノーウーマンノークライ」。藤枝市出身の勝山康晴総監督は「静岡の女性を勇気づけたい」と意気込んでいる。舞台はキャリアウ…
MORE >
養蜂場で誕生「蜂蜜コスメ」 浜松・三ケ日、スタッフの声を反映
浜松市北区三ケ日町の蜂蜜専門店「長坂養蜂場」が、高い保湿力と吸湿性のある蜂蜜をぜいたくに使ったオリジナルコスメシリーズ「やさしいはちみつ」を展開している。商品開発に反映したのは同社で働く女性スタッフの生の声。乾燥する季節の到来に合わせてこのほど、第2弾として蜂蜜の配合量30%と、化粧品業界の常識を覆…
MORE >
保活には情報収集を 浜松で育休ママ応援セミナー
育休中や職場復帰を目指す母親を対象にした「静新育休ママ応援セミナー」(静岡新聞社・静岡放送主催、浜松市男女共同参画・文化芸術活動推進センター共催)が5日、同市中区の同センターで開かれた。浜松男女共同参画推進協会の井出あゆみ理事長と静岡新聞社編集局「こちら女性編集室」の伊豆田有希記者が、保育施設を取り…
MORE >
医療費控除、家族分も一緒に 高額負担時の申告
【Q】50代の女性。ことし1年、体調がすぐれず、いつもより医療費がかかりました。医療費控除について教えてください。わが家は夫婦とも会社員の共働きで、会社員の娘、年金生活者の義父母と同居しています。【A】1年間(その年の1月1日から12月31日まで)に支払った医療費が高額になった場合には所得税の「医療…
MORE >
新年の目標は「年相応」
髪を切りました。出無精と無頓着が重なり、いつも美容院に行くのは3、4カ月周期です。久しぶりだからと予定以上に短くカットをお願いしてしまうこともしばしば。今回も、やや前髪を短くしすぎたかとは思いましたが、たくさん切った分だけ得をした気分でいました。でも翌日、後輩から衝撃的な一言をもらいました。「どうし…
MORE >
話すための英語力とは 鳥飼玖美子さん、静岡で講演会
静岡新聞社・静岡放送は2018年1月14日午後1時半~3時、静岡市葵区黒金町の静岡労政会館6階ホールで、小中高生の保護者向け教育セミナー「話すための英語力」を行う。講師は立教大名誉教授でNHK「ニュースで英会話」監修および講師などで活躍する鳥飼玖美子さん。変わりはじめる英語教育や、これからの英語学習…
MORE >
猫付き、女性専用のシェアハウス開業 亡き母の旅館、娘が改装
静岡市駿河区に猫と暮らせる女性専用のシェアハウスがオープンした。オーナーは亡き母が開業したビジネス旅館の後継ぎ娘。「土地は守って」との遺志を受け、一念発起して旅館を改装した。関係者によると、ペット付きシェアハウスは県内で珍しいとみられる。オーナーは猫2匹を飼っている高木広恵さん(47)。シェアハウス…
MORE >
妊婦と“先輩”母子に交流の場 静岡県内市町、取り組み本腰
初産の妊婦と0歳児母子の交流に静岡県内の市町が本腰を入れている。本物の赤ちゃんと触れ合ってよりリアルに産後の生活をイメージしてもらい、育児を妊娠期から切れ目なく支援するのが狙い。「楽しい生活になりそう」と参加者双方に好評だ。「こんなに赤ちゃんに表情があるなんて。子育ては不安だけど、思っているより楽し…
MORE >
「障害=不幸」ではない
夕刊で24日まで、ダウン症の子を授かった大村さん一家の10年を連載で紹介しました。きっかけは約7年前。重い病気や障害のある子と家族の取材をする中で、複数の当事者や医療者から、こんな言葉を聞きました。「子どもの病気や障害を受け入れられずに離婚する夫婦は少なくない。告知を受けて一丸となるかばらばらになる…
MORE >

Pick up ピックアップ

静岡市葵区新通

Triangolo(トリアンゴロ)

手打ちパスタが看板のアットホームなイタリアン。ワインや地酒にぴったりのつまみやメイン料理も好評です。

静岡市清水区折戸

みふくさぼう mifuku-cafe

世界遺産「三保松原」近くにある民家を改築したカフェ。庭園を眺めながらゆったりとお過ごしください。

静岡市葵区常磐町

Frankrin(フランクリン)

静岡市で唯一の手作り無添加ソーセージと自然派ワインのお店です。

静岡市葵区常磐町

イタリアンバル PONPON(ポンポン)

窯焼きピッツァが自慢の本格イタリアンをリーズナブルに味わえます。

News ニュース

一覧

デフリンピックに理解を 静岡の女性、手話通訳で懸け橋
聴覚障害者の国際総合スポーツ大会「デフリンピック」の第23回夏季大会(トルコ・サムスン)で日本選手団本部手話通訳を務めた手話通訳士、黒石恵理子さん(39)=静岡市駿河区役所=が10日、県聴覚障害者協会で活動を報告した。パラリンピックに比べ知名度の低いデフリンピックへの理解と支援が広がるよう決意を新た…
MORE >

Columns コラム

自分で切り開く「好きな道」
先日、全国チェーンの手芸店で、鳥雑貨ブランド「KOTORITACHI」の布地が置いてあるのを見つけました。今年1月の「こち女(こちら女性編集室)」で紹介したブランドで、設立者は静岡市出身のデザイナー高原綾さん(32)です。以前、動物園の売店で品物を見かけたことはあったものの、手芸店では初めて。ブラン…
MORE >
「いつも1人の女の子」の巻/子育てコラムあすなろ
休日に息子と近所の公園に出かけると、よく会う小学生の女の子がいます。近寄ってきて声を掛けてくれるので、一緒に遊ぶことも。最初は、赤ちゃんが珍しくて構いたいのかと思いましたが、最近は違う思いを抱くようになりました。

「夜1人ぼっちで寝た」「親は仕事で今日もいない」「家族のお出かけに置…
MORE >

Money おサイフ相談

一覧

医療費控除、家族分も一緒に 高額負担時の申告
【Q】50代の女性。ことし1年、体調がすぐれず、いつもより医療費がかかりました。医療費控除について教えてください。わが家は夫婦とも会社員の共働きで、会社員の娘、年金生活者の義父母と同居しています。【A】1年間(その年の1月1日から12月31日まで)に支払った医療費が高額になった場合には所得税の「医療…
MORE >

Spot しあわせチャージ

一覧

落ちない大石(川根本町)
受験生や就職活動を控えた学生、高所での仕事をする職人関係者らにパワースポットとして知られる「落ちない大石」。川根本町の寸又峡温泉街にある外森山神社の参道から見える巨大な石で、何百年も断崖で絶妙なバランスでとどまり続けているとされ、「落ちてはならない人」の守り神としてまつられるようになったという。てん…
MORE >

Event イベント

一覧

おすすめ!
話すための英語力とは 鳥飼玖美子さん、静岡で講演会
静岡新聞社・静岡放送は2018年1月14日午後1時半~3時、静岡市葵区黒金町の静岡労政会館6階ホールで、小中高生の保護者向け教育セミナー「話すための英語力」を行う。講師は立教大名誉教授でNHK「ニュースで英会話」監修および講師などで活躍する鳥飼玖美子さん。変わりはじめる英語教育や、これからの英語学習…
MORE >

掛川市大渕

サンサンファーム うまいもの市

2017年12月17日(日)

沼津市大手町

第48回沼津農林まつり

2017年12月17日(日)

静岡市駿河区池田

日本平動物園 クリスマスフェス

2017年12月9日(土)~24日(日)

浜松市中区

高町第三日曜市場

2017年12月17日(日)

NEWS PAPER

見開き特集面 12月15日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」