• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

Topics トピックス

地域防災力向上に「話し合いの作法」も 浜松の女性が講座
「より良い話し合いの場作り(ファシリテーション)」の知識と技術を広めることを通して、地域の防災力アップに取り組む女性がいる。NPO法人日本ファシリテーション協会(FAJ)災害復興支援グループに所属する鈴木まり子さん(58)=浜松市東区=。大規模災害の被災地で会議や会合を支援してきた経験を踏まえ、「災…
MORE >
こち女ボイス「毎日ひとつ褒める」
娘の宿題がなかなか終わらず、「もっと集中してやればいいのに」と、こちらの口調がつい厳しくなってしまった時、「お母さんは、いつも褒めてくれない。私は頑張っているんだからもっと褒めてほしい」と言われはっとしました。限られた時間の中、効率的にいい紙面を作るためにはどうしたらいいのかを常に考えながら進める整…
MORE >
女性が働きやすい職場へ 10月12日、掛川で意見交換
静岡県内の女性が働き方や生きがい、キャリア形成などについて意見を交わす「ふじのくにさくや姫サミット~私たちがつくる!働きやすい職場」(県、ふじのくに女性活躍応援会議主催)が10月12日午後1時から、掛川市の大日本報徳社で開かれる。管理職への挑戦や、職場で生きるコミュニケーション技術、ワークライフバラ…
MORE >
火災保険、風水害の備えにも 地震や噴火、付帯で補償
Q40代女性。全国で台風や地震、水害などの災害が相次ぎ、家や家財への備えが心配になりました。地震や風水害にはどんな保険で備えるべきでしょうか。A台風や大雨、水害、地震と、この夏は全国で自然災害が相次ぎ「わが家」の備えが心配になった方も多いのではないでしょうか。家や家財の損害を補償するのは火災保険であ…
MORE >
飛行の安全、私も担い手 静岡空港で女性やママの活躍光る
20日は「空の日」。静岡空港では、多くのスタッフが航空機の安全運航を支えている。女性の活躍も光り、開港から9周年を迎えて子育てしながら働くママさんも増えている。フジドリームエアラインズ(FDA)を中心に、全国の空港で地上業務を請け負うエスエーエス(本社・牧之原市)。静岡空港に勤める91人中、39人が…
MORE >
出会いや子育て短歌に 静岡県、「あいのうた」作品募集
静岡県は30日まで、出会い、子育てなどをテーマにした「第5回あいのうた短歌コンテスト」の作品を募集している。募集は高校生以下を対象としたジュニアと一般の2部門。審査員はいずれも歌人の俵万智さん、田中章義さん(静岡市出身)。自作、未発表の作品に限る。1人何首でも応募可。作品を詠んだ時の気持ち(50字以…
MORE >
こち女ボイス「性教育、防犯の観点からも重要」
子どもへの性教育について、このページで特集を組みました。親に向けて、家庭でできる性教育の講座を開く女性のもとには、子どもが巻き込まれる性犯罪に危機感を抱く母親が多く集まるそうです。取材の中で印象に残ったのが「被害に遭っても、親に言えない子どもが少なくない」という話です。自分自身にも似た経験があります…
MORE >
山里「玄関口」奮闘10年 静岡・水見色きらく市
静岡市葵区の山あいにある農産物加工販売所「水見色きらく市」が今秋、設立から10年目を迎える。めぼしい観光施設が少ない水見色地区にとって、山里の豊かさと人の温かさこそがかけがえのない資源。「人が人を呼ぶ」をモットーに、住民と訪問者をつなぐ交流拠点にしようと、地元の女性たちが奮闘を続けている。きらく市は…
MORE >
月刊こち女チョイス(9月号)
静岡新聞「こちら女性編集室(こち女)」のスタッフが、8月の静岡新聞紙面から「気になるニュース」をまとめました。お見逃し、お読み逃しはありませんか?▼男性育休取得率17%超静岡県が公表県は31日、職員の仕事と生活の両立を目指す「ふじのくにワーク・ライフ・バランス推進計画」(計画期間2015~19年度)…
MORE >
子育てママへ「第3の居場所」 NPOが富士宮にログハウス
富士宮、富士両市などの母親でつくるNPO法人「母力向上委員会」は9月から、富士宮市野中の民家を活用し、親子で自由に過ごせるログハウス「さぁどぷれいすSAN(サン)」を無料開放するオープンデーを始めた。子育て中の母親に、家と職場以外の“第3の居場所”を提供するのが狙い。同NPO…
MORE >
こち女ボイス「丁寧に教えたい」
人に教えるというのは難しいことだとよく感じます。心や時間に余裕がないと早口や怒り口調になったりもします。算数が苦手な息子は、私が教えてもなかなか理解してくれません。「何回説明したら分かる?」「しっかり聞いているの?」と私がイライラし始めると息子が泣きだす―。感情的になってはいけないと分かっていますが…
MORE >
10年以上「休眠」で預金移管 手続きすれば引き出し可
Q60代女性。10年ほど前に娘への仕送りに使っていた銀行口座が、使わないままになっていることに最近気づきました。どのような預金が「休眠預金」に該当するのでしょうか。A仕送りに使っていた口座などで、最近まったく入出金などしておらず預金が残ったままになっているという方は、案外いらっしゃるのではないでしょ…
MORE >

Pick up ピックアップ

静岡市葵区人宿町

ルモマン(Vin et Dessert le moment)

女性ソムリエが営むワインとデザートのマリアージュがおすすめのワインバー。

静岡市葵区丸山町

チクタク open the kitchen

手作りの「無添加ごはん」&「おやき」の店をオープン。身体が喜ぶやさしいおいしさを、お楽しみください。

浜松市南区新橋町

BISTRO La Joie(ビストロ ラ ジョア)

本格フランス料理を肩肘張らずにゆったり味わえる、笑顔あふれるアットホームなお店です。

浜松市北区三ヶ日町鵺代

CAKE&CAFE BLISS(ブリス)

南国Hawaiiを思わせる開放的な雰囲気の中で、癒しの時間を。

News ニュース

一覧

地域防災力向上に「話し合いの作法」も 浜松の女性が講座
「より良い話し合いの場作り(ファシリテーション)」の知識と技術を広めることを通して、地域の防災力アップに取り組む女性がいる。NPO法人日本ファシリテーション協会(FAJ)災害復興支援グループに所属する鈴木まり子さん(58)=浜松市東区=。大規模災害の被災地で会議や会合を支援してきた経験を踏まえ、「災…
MORE >

Columns コラム

こち女ボイス「毎日ひとつ褒める」
娘の宿題がなかなか終わらず、「もっと集中してやればいいのに」と、こちらの口調がつい厳しくなってしまった時、「お母さんは、いつも褒めてくれない。私は頑張っているんだからもっと褒めてほしい」と言われはっとしました。限られた時間の中、効率的にいい紙面を作るためにはどうしたらいいのかを常に考えながら進める整…
MORE >
「ベビーシッターさん、ありがとう」の巻/子育てコラムあすなろ
平日の朝、長男(2)が、「手足口病」「ヘルパンギーナ」を同時に発症していることが通院で発覚しました。当然、子ども園には登園できず、病児保育も感染症の子供は利用できない規則。私も夫もその日は急に仕事を休むことができず、祖父母も全員それぞれの仕事…
MORE >

Money おサイフ相談

一覧

火災保険、風水害の備えにも 地震や噴火、付帯で補償
Q40代女性。全国で台風や地震、水害などの災害が相次ぎ、家や家財への備えが心配になりました。地震や風水害にはどんな保険で備えるべきでしょうか。A台風や大雨、水害、地震と、この夏は全国で自然災害が相次ぎ「わが家」の備えが心配になった方も多いのではないでしょうか。家や家財の損害を補償するのは火災保険であ…
MORE >

Spot しあわせチャージ

一覧

夢の吊り橋(川根本町)
川根本町・寸又峡の「夢の吊[つ]り橋」は、大間ダム湖にかかる高さ8メートル、長さ90メートルの絶景スポット。橋から眺めるエメラルドグリーンの湖面や南アルプスの豊かな自然が織りなす景色が美しく、国内外から多くの観光客が訪れる。吊り橋までは、寸又峡温泉街から徒歩約30~40分。週末や行楽シーズンは特に混…
MORE >

Event イベント

一覧

おすすめ!
女性が働きやすい職場へ 10月12日、掛川で意見交換
静岡県内の女性が働き方や生きがい、キャリア形成などについて意見を交わす「ふじのくにさくや姫サミット~私たちがつくる!働きやすい職場」(県、ふじのくに女性活躍応援会議主催)が10月12日午後1時から、掛川市の大日本報徳社で開かれる。管理職への挑戦や、職場で生きるコミュニケーション技術、ワークライフバラ…
MORE >

静岡市清水区入船町

エスパルスドリームプラザ 秋のお菓子フェア

2018年9月22日(土)~10月1日(月)

浜松市南区中田島町

はままつビーチフェス

2018年9月30日(日)

静岡市葵区宮ケ崎町

風景を味わう!オクシズ在来市場

2018年9月29日(土)、30日(日)

富士宮市

一輪の花と 白砂勝敏展

2018年9月26日(水)~10月8日(祝・月)

NEWS PAPER

見開き特集面 9月21日号

SNS

Facebook

twitter

LINE

こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」