世界遺産 富士山

三保松原「神の道」のマツに亀裂 静岡市緊急伐採(2017/5/9 07:39)
静岡市は8日、世界遺産富士山の構成資産、三保松原(同市清水区)で、羽衣の松と近くの御穂神社を結ぶ「神の道」の松並木の1本に亀裂が見つかり6日に緊急伐採したと発表した。近く、神の道のマツを総点検する。市によると、直径70センチ程度の根元が腐食…
富士山の静岡県道3ルート開通 5合目まで閉鎖解除(2017/4/28 12:30)
5月の大型連休を前に、静岡県は28日午前11時、世界遺産富士山の5合目に通じる県道3ルートの冬期閉鎖(全面通行止め)を一斉に解除した。いずれも5合目以上の登山道は雪の影響により閉鎖を継続する。県などはむやみに立ち入らないよう注意を呼び掛けて…
神秘の輝きダイヤモンド富士 富士宮・田貫湖(2017/4/24 07:54)
富士宮市の田貫湖で23日早朝、世界遺産富士山の山頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」が見られた。霊峰富士とまばゆい太陽光が湖面にも映し出され、神秘的なダブルダイヤモンドの輝きが見物客を魅了した。ダイヤモンド富士は富士山麓の限られた範囲で年2…
富士山への3県道 28日冬季閉鎖解除(2017/4/18 08:15)
静岡県は17日、富士山5合目に通じる県道3ルートの冬季閉鎖を28日午前11時に解除すると発表した。各ルートで進めている除雪作業が完了する見通しになった。通行止めが解除されるのは富士宮口の富士山スカイライン(全長13・0キロ)、御殿場口の富士…
「環境考古学と富士山」創刊 静岡県などが学術誌(2017/4/14 08:55)
ふじのくに地球環境史ミュージアム(静岡市駿河区大谷)と静岡県文化局はこのほど、和文誌「環境考古学と富士山」(発行・雄山閣)を創刊した。自然科学と人文社会科学の文理融合の学問を地域学として確立するために創刊した学術誌で、今後は年に1度の発行を…
入山多い夜に徴収率向上を 静岡県、富士山17年協力金(2017/4/11 07:45)
本格導入から4年目を迎える富士山登山の入山料(保全協力金、登山者1人につき千円)について、県は2017年の開山期間(7月10日から9月10日)、県内側の三つの登り口のうち富士宮、須走口の徴収時間を16年の「午後4時まで」から5時間延長し、「…
富士山絶景50選を紹介 日本協会、パンフなど作製(2017/4/5 08:51)
静岡、山梨両県と富士山周辺の市町村、観光団体などでつくる日本富士山協会(会長・岡野光喜スルガ銀行会長)はこのほど、「富士山絶景スポット50選」と銘打ったポスター千枚とパンフレット5万部を作り、山麓の観光案内所で配布を始めた。50選は候補地1…
富士登山の在り方、素案承認 世界遺産協が指標設定へ(2017/3/25 09:15)
国と静岡、山梨両県、富士山周辺の市町でつくる富士山世界文化遺産協議会は24日、沼津市内で第9回会合を開き、来訪者管理戦略に掲げる「望ましい富士登山の在り方の実現に向けた指標」の素案などを承認した。2017年度に学術委員会と作業部会をそれぞれ…
噴火注意 標識で喚起 富士山登山口に整備 静岡県、新年度(2017/3/15 08:41)
静岡県は2017年度、富士山の突発的な噴火に備えた取り組みとして、県内登山口などに注意喚起を促す標識の整備を進める。14日に富士宮市役所で開いた「富士山における適正利用推進協議会」で報告した。登山者や観光客に、活火山の認識や危険性を周知する…
松枯れ状況 専門家確認 三保松原、対策の効果検証(2017/3/8 07:58)
世界遺産富士山の構成資産、三保松原(静岡市清水区)の保全に向けて県は7日、松枯れ対策などの専門家による現地視察を行った。8日まで、「松くい虫」による被害状況や薬剤散布などの効果を見て回り、今後の対応策を検討する。東京大の太田猛彦名誉教授ら7…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト