しずおか 暮らし・話題

静大人工衛星搭載、こうのとり打ち上げ成功 浜松キャンパス喜び(2018/9/24 07:18)
静岡大工学部が開発した超小型人工衛星「てんりゅう」などを搭載した無人補給機「こうのとり」7号機がH2Bロケットで国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて打ち上がった23日午前2時52分、同大浜松キャンパス(浜松市中区)でインターネット中継を見…
三保松原、スコップで守れ ボランティア始動(2018/9/24 07:17)
世界遺産富士山の構成資産「三保松原」(静岡市清水区)のシンボル「羽衣の松」周辺で、園芸用スコップを使い、地面の砂を掘り返して柔らかくするボランティア活動が始まっている。砂が観光客らに踏み固められ、雨水の浸透が妨げられているため。「コンクリー…
なまこ壁の保全探る 松崎で全国路地サミット(2018/9/23 08:56)
景観や路地を活用したまちづくりを考える「全国路地サミット2018伊豆松崎」(実行委主催)が22日、松崎町で始まった。静岡県内外からまちづくり関係者ら約100人が参加。初日は町内を散策したほか、有識者によるパネルディスカッションが開かれた。2…
キックや撮影人気 ラグビーW杯開催まで1年、静岡でフェスタ(2018/9/23 08:38)
開催まで1年を切った2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の機運を盛り上げようと、静岡市葵区のマークイズ静岡で24日まで、「マークイズラグビーフェスタ」が開かれている。ラグビーのミニボールを使ってゴールキックが体験できるキックチャレンジや…
巨大地震テーマに静岡で講演会 「ちきゅう」出港に向け26日(2018/9/22 08:40)
南海トラフ巨大地震発生帯掘削プロジェクトの最終深度を目指して地球深部探査船「ちきゅう」が10月に清水港を出発するのに合わせ、「海のみらい静岡友の会」は9月26日午後4時から、特別講演会「南海トラフ巨大地震はどこまで明らかにされたか」を静岡市…
探査船「ちきゅう」、プレート境界初到達へ 10月清水港出港 (2018/9/22 07:53)
清水港を事実上の母港とする地球深部探査船「ちきゅう」を使って南海トラフの地震発生メカニズムを解明するプロジェクトに取り組んでいる国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は10月からの研究航海で、最終目標としてきた巨大地震発生帯(固…
はやぶさ2に浜ホト技術力 光の波長から「水」観測(2018/9/21 17:00)
地球から約3億キロ離れた小惑星「りゅうぐう」へ接近中の探査機「はやぶさ2」に、浜松ホトニクスが開発したセンサーが搭載されている。役割は、りゅうぐうに存在する可能性がある「水」の観測。これまでの探査で水の発見には至っていないが、同社の担当者は…
トーマス号が12月特別運転 大井川鉄道(2018/9/21 07:48)
大井川鉄道(本社・島田市)は12月15~25日のうちの8日間、きかんしゃトーマス号のクリスマス特別運転を実施する。同25日はトーマス号とジェームス号の重連運転を行う。バスのバーティーにも乗ることができるツアーは10月1日から予約受け付け開始…
しずおか和牛、品質競う 生産者が枝肉25点出品 浜松(2018/9/21 07:45)
静岡県産牛肉普及推進協議会はこのほど、第2回しずおか和牛枝肉共励会を浜松市東区の市食肉地方卸売市場で開いた。県西部を中心に生産者が計25点を出品し、品質を競った。しずおか和牛は県産和牛の認知度向上や競争力強化を目指し、2017年に創設された…
雨の彼岸入り 静岡の霊園で家族連れ、墓前に花(2018/9/20 13:11)
20日は彼岸の入り。静岡県内各地の霊園、墓地には朝から多くの人が墓参りに訪れた。静岡地方気象台によると、県内は前線と湿った空気の影響で広い範囲で雨が降った。各地の最低気温は三島19・1度、静岡21・3度、浜松20・7度とほぼ平年並み。静岡市…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト