DeePop

「ニュースに一言」投稿ご意見・ご感想・情報提供Twitter(@DeePop_Shizuoka)

DeePop(ディーポップ)

政治を身近に(下)語らいの場づくり(2017/10/18 17:30)
若者と地方議員の座談会を主催したのは、浜松市内の25歳以下の若者でつくる有志団体「浜松若者社中」と常葉大経営学部の現代社会研究会。6月の知事選で社中は若者団体による公開討論会の運営に携わり、研究会は期日前投票所の立会人を務めた。その後、親交…
政治を身近に(上)議員と対話 変わる意識 (2017/10/17 17:50)
「やっぱり、政治家の人間関係ってドロドロしているんですか?」「市長選に出たいですか?」―。集まった若者から際どい質問が次々飛ぶ。ゲストの若手地方議員も、政治家を志した経緯や自身が力を入れる施策を熱弁して応じた。政務活動費の使い道や議会の舞台…
留学生交流、大学の垣根越えて 静岡県内6団体、観光ツアー企画(2017/9/13 07:58)
外国人留学生を支援する静岡大のVOLARE(ボラーレ)や静岡県立大のIFC(国際学友会)など六つの静岡県内の大学生、大学院生サークルや団体が、大学の垣根を越えた留学生らの交流を進めようと国際交流バスツアーを計画している。留学生が感じる孤独や…
アートをネット競売、熊本城復興へ寄付 浜松学芸高生が制作(2017/9/2 08:50)
昨年4月の熊本地震で被災した熊本城の復興に役立ててほしいと浜松学芸高(浜松市中区)の生徒がこのほど、自ら制作した芸術作品のネットオークション販売などで集めた約14万円を熊本市に届けた。同校生徒の熊本地震復興支援活動は2年目。熊本市を訪れた生…
「農」への挑戦者、戸田の「宝」 29歳男性が休耕地求め移住(2017/8/28 11:00)
沼津市戸田で昨春に新規就農した20代の生産者が、休耕地を活用して地域の特色を生かした農業に取り組んでいる。高齢化が進む同地区の未来を担う人材として、農業関係者の期待は大きい。就農したのは長崎俊亮さん(29)=神奈川県出身=。2013年、少年…
比・ダバオに「音楽」贈ろう 静岡文化芸術大有志がプロジェクト(2017/7/27 17:05)
静岡文化芸術大(浜松市中区)の国際文化学科の学生有志団体「HANDS(ハンズ)」が、フィリピン・ダバオ市への音楽教育普及プロジェクトに乗り出した。「音楽のまち」浜松から音楽の楽しさを伝えたいと、公教育に音楽の授業がないダバオ市での音楽指導や…
森町「十二段舞楽」を全国披露 遠江総合高、“甲子園”へ気合(2017/7/26 17:30)
森町の静岡県立遠江総合高の郷土芸能部員が30日、広島県で開催される「第7回高校生の神楽甲子園」に出場する。演じるのは天宮神社(同町)の国指定重要無形民俗文化財「十二段舞楽」。同神社は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に今月登録さ…
工業系2校、子ども指南へ 沼津夏まつりで体験講座(2017/7/19 17:30)
沼津工高と沼津高専の生徒、学生が第70回沼津夏まつり(29、30日)の会場で、子どもを対象にした工業技術の体験講座の講師役を担う。沼津商工会議所青年部と地元高校生らが連携して地域の特色を打ち出す2年前からの取り組みの一環。「ものづくりの達成…
高校生ホテル“開業”へ 熱海高生が決起会 11月本番(2017/7/4 11:00)
県立熱海高普通科ビジネス観光類型の3年生22人が11月、「高校生ホテル」の運営に挑戦する。2016年に続く“開業”に向け、会場となる熱海市下多賀の旅館「味と湯の宿ニューとみよし」で3日、生徒らが決起会を開いた。16年…
オイスカ高(浜松)に新聞部誕生 6月創刊、留学生も奮闘(2017/7/3 11:00)
浜松市西区のオイスカ高に4月、新聞部が誕生した。6月中旬には「オイスカ新聞」の創刊号を発行し、県内の高校生が取材、執筆した記事を静岡新聞で紹介する「こちら高校生○○高新聞」にも11月に掲載予定で、取材を進めていく。若者の活字離れが進む中、部…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト