五輪関連ニュース(静岡政治・経済・話題)

東京五輪・パラ マスコット選挙白熱、静岡県内も投票開始(2017/12/13 07:18)
2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットを選定する、小学生による投票が今週から、静岡県内でも始まった。早速、投票先を決める会議を開いた学校もあり、児童らは「大会が一層楽しみになった」と五輪への思いを強めていた。県内では、自治体内の…
五輪音頭に富士宮版 動画公開、全国市町村一番乗り(2017/12/12 17:10)
2020年東京五輪・パラリンピックの盛り上げに一役買おうと富士宮市はこのほど、「東京五輪音頭-2020-」の同市バージョンのPR動画を作製した。神奈川県に続き、市町村では全国で初めての取り組み。東京2020組織委員会の動画投稿サイト「ユーチ…
浜松市「共生ホストタウン」 東京五輪・パラへ政府登録(2017/12/12 07:37)
政府は11日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、誰もが暮らしやすい街づくりを推進する「共生社会ホストタウン」に、浜松市や青森県三沢市など6自治体を登録したと発表した。パラリンピック選手との交流を控え、宿泊施設や運動施設のバリアフリー…
自転車の魅力、五輪選手ら語る 名所巡る“シクログ”も 沼津(2017/12/4 08:23)
沼津市など4市町でつくる狩野川周辺サイクル事業推進協議会は3日、自転車の魅力発信イベント「サイクルスタイルIZU」(静岡新聞社・静岡放送など共催)を沼津市のプラサヴェルデで開き、ロードレーサーらのトークや試乗体験などがにぎわった。会場を拠点…
御殿場市、台湾のサッカー協会 強化キャンプの覚書結ぶ(2017/12/2 09:53)
御殿場市は1日、台湾のサッカー協会と2020年東京五輪サッカー競技の強化キャンプに関する覚書を結んだと明らかにした。同協会が五輪の強化キャンプ実施について国内の自治体と覚書を交わしたのは同市が初。市役所で同日開かれた市ホストタウン推進協議会…
病児・障害児を応援 浜松の高校、手形アートプロジェクト参加(2017/12/1 08:55)
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、病気や障害のある子どもの手形を集めて巨大なアート作品の完成を目指す「ハンドスタンプアートプロジェクト」(事務局・東京都)に静岡県内から県立浜松城北工業高(浜松市中区)が参加している。30日には、在…
浜松市を「UDの街」に 共生社会ホストタウン申請へ(2017/11/25 07:57)
2020年東京パラリンピックでブラジルの全選手団の事前合宿を誘致した浜松市は24日までに、政府が大会に向けて新設した「共生社会ホストタウン」に登録申請する方針を固めた。1国の選手団全体の受け入れは他に例がなく、国も熱い視線を注ぐ。市はパラリ…
東京五輪、爆発物の製造防げ 大仁署がホームセンターで対応訓練(2017/11/14 08:54)
伊豆市で自転車競技が開催される2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、大仁署は13日、爆発物の原料となり得る化学物質の購入を目的とした不審者への対応訓練を伊豆の国市のハンディホームセンター大仁店で実施した。訓練は、来店した不審者がアセト…
五輪・パラ合宿誘致、戦略的に 静岡で関係団体が会合(2017/11/14 08:06)
2020年東京五輪・パラリンピックの事前合宿誘致に向けた推進協議会が13日、静岡市葵区で開かれた。静岡県内市町や各競技団体の関係者約60人が出席し、講演や先進事例発表などを通じて、受け入れ効果をレガシー(遺産)として残すために重視する点など…
五輪・パラ 自転車伊豆開催へ静岡県推進委員会始動(2017/11/11 08:02)
静岡県は10日、2020年東京五輪・パラリンピック自転車競技の伊豆市開催に向け、約50団体でつくる推進委員会の設立総会を県庁で開き、大会成功に向けた新体制を始動させた。会長の川勝平太知事は「大会をレガシー(遺産)として引き継ぐ使命も共有し、…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト