五輪関連ニュース(静岡政治・経済・話題)

五輪選手村に天竜材を活用 浜松市、約60立方メートル供給へ(2017/10/19 10:19)
浜松市は18日、2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村の代表的な施設「選手村ビレッジプラザ」の建材を全国の自治体から募る大会組織委員会のプロジェクト「日本の木材活用リレー」に、天竜材約60立方メートルを供給することが決まったと発表した…
五輪選手村の建設木材 静岡県と3市町も提供(2017/10/19 08:22)
静岡県は18日、2020年東京五輪の選手村施設の建設に使う木材を全国の自治体から募るプロジェクト「日本の木材活用リレー」に参加する事業協力者に、静岡県と県内3市町が選ばれたと発表した。参加するのは県と静岡市、浜松市、小山町で、9月中旬に応募…
台湾、静岡市事前合宿へ 5日に覚書締結 東京五輪・パラ陸上(2017/10/5 07:42)
静岡市は4日、2020年東京五輪・パラリンピック事前合宿を同市で行うことについて台湾陸上協会と合意に達したと発表した。5日に市役所静岡庁舎で覚書を締結する。同協会の関係者は台湾陸上代表チームが市内で合宿を行うため、3日に来日した。今回の合宿…
IOC幹部と川勝知事ら面会 コーツ氏、自転車受け入れ謝意(2017/10/4 08:24)
2020年東京五輪の準備状況を確認するため来日している国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会幹部の歓迎会が3日夜、都内のホテルで開かれ、川勝平太知事ら都外会場を抱える地方自治体の首長も出席した。関係自治体の首長が調整委員と面会するのは初…
伊東への訪日観光、スマホが手助け 五輪で整備加速(2017/9/27 18:00)
訪日旅行ブームで伊豆半島への外国人旅行客が増加する中、伊東市内の観光関係機関が連携して受け入れ体制の整備を加速させている。外国語版の案内地図のインターネット公開や、スマートフォンによる買い物決済導入など、スマホを活用した観光サービスの充実を…
サイクルスポーツの聖地へ 静岡県、伊豆など対象に振興策募集(2017/9/15 07:42)
2020年東京五輪・パラリンピック自転車競技の伊豆市開催に向けてサイクルスポーツ県づくりを加速化するため、静岡県は14日までに、静岡県東部・伊豆地域の20市町を対象エリアとして自治体や企業などからサイクルスポーツの振興につながる取り組みの提…
小さな手で五輪・パラ応援 病児、障害者らアートプロジェクト(2017/9/14 17:01)
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、病気や障害を抱える子どもの手形を集めて巨大なアート作品の完成を目指す「ハンドスタンプアートプロジェクト」(事務局・東京都内)が県内で広がりを見せている。ダウン症の子どもらでつくるダンスチームや学校…
外国人のもてなし学ぶ 宿泊施設関係者、焼津で研修(2017/9/12 08:26)
ラグビーワールドカップ(W杯)や東京五輪・パラリンピックに向け、県ホテル旅館生活衛生同業組合は11日、おもてなし研修会を焼津市のホテルで開いた。外国人観光客に丁寧な接客をするため、異国の文化や歴史、簡単なあいさつについて学んだ。初回はモンゴ…
五輪旗を手に伊豆の小学校訪問 レスリング北京「銀」松永さん(2017/9/9 08:12)
2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会アスリート委員で、焼津市出身の北京五輪レスリング銀メダルの松永共広さん(37)が8日、伊豆市立修善寺南小を訪れ、五輪旗を披露した。組織委員会が大会の機運醸成を目的に7月末から県内で実施してい…
交流サーフィン熱戦 牧之原、特産緑茶で乾杯(2017/9/8 09:00)
牧之原市の静波海岸で7日、2020年の東京五輪・パラリンピックで市が中国のホストタウンに登録されたことを記念した交流サーフィン大会が開幕した。国内をはじめ中国や韓国、フィリピンなどアジア各国のプロ選手のほか、市民サーファーら計約60人が参加…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト