防災・減災しずおか

西日本豪雨 被災地ルポ(下)現場復旧「支えたい」 広島・呉(2018/7/14 08:18)
西日本豪雨で流れ出た土砂に多くの民家が押しつぶされた広島県呉市。13日、市内の公共施設を訪ねると、わが家を失った多くの地元住民が避難生活を送っていた。静岡県からもボランティアが続々と現地入りし、被災者の支援活動を本格化させている。海岸線から…
西日本豪雨 被災地ルポ(上)泥まみれ、傷痕深く 岡山・真備(2018/7/14 08:14)
岡山、広島両県を中心に広範囲で甚大な被害をもたらした西日本豪雨。被災地を歩いて被害の実態や支援活動の現状を追い、静岡県の防災にもつながる課題や教訓を探った。◇--◇--◇道路は大量の泥で埋め尽くされ、民家のひさしには漂着した木の枝が引っ掛か…
防潮堤用土砂、ストックヤードに搬入ゼロ 御前崎港(2018/7/14 07:21)
静岡県が防潮堤整備に使う土砂を一時保管するため、御前崎港に建設した「ストックヤード」に、2018年度になって1度も土砂が搬入されず、今後も入る見通しが立っていないことが13日までに、関係者への取材で分かった。首都圏の公共工事で発生する土砂を…
富士山で火山情報伝達訓練 山小屋関係者ら手順確認(2018/7/13 07:39)
10日に静岡県側3登山道が山開きした世界遺産富士山で12日、火山防災情報伝達訓練が行われた。今夏で4回目。噴火警戒レベル1の時、気象庁が通常と違った活動を観測した際に出す「火山の状況に関する解説情報(臨時)」が発表された想定で初実施し、登山…
富士市のトイレトレーラー稼働 西日本豪雨の被災地に設置(2018/7/13 07:31)
富士市が全国で初めて導入したトイレ搭載トレーラーが、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市の市立第二福田小の体育館前に設置された。12日は避難所の利用者や、運営に協力するボランティアらが利用した。同市によると、同校には12日現在、浸水被害を受けた…
浸水想定地図にアクセス集中 静岡市のウェブサイト(2018/7/12 08:12)
静岡市内の浸水被害想定などを地図上で確認できる市のウェブサイト「防災情報マップ」につながりにくい状態が、西日本豪雨の発生した5日から続いている。豪雨の影響によるアクセスの集中が原因とみられる。市はサイトの運営を委託している管理会社に改善を要…
西日本豪雨 全国降水総量、1980年以降で最大 静大教授分析(2018/7/10 18:25)
西日本を中心に甚大な被害をもたらした豪雨で、8日午前0時までの72時間に全国で降った雨の体積量(降水総量・概算値)が約553億立方メートルに達し、1980年以降で最大だったことが9日までに、静岡大防災総合センターの牛山素行教授による分析で分…
ブロック塀、安全へ5項目 静岡県推奨 一般民家も点検を(2018/7/8 11:00)
6月18日に発生した大阪北部地震では、倒壊したブロック塀の下敷きになり女児と80代の男性が亡くなった。本県でも公共施設にあるブロック塀の緊急点検が行われているが、一般民家にも安全性に問題があるブロック塀は数多く存在する。県建築安全推進課が推…
南海トラフ地震「特段の変化なし」 気象庁評価検討会(2018/7/7 07:09)
気象庁は6日、南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会(会長・平田直東京大地震研究所教授)の定例会合を開いた。静岡県を含む南海トラフ全域の6月以降の地震、地殻活動について「大地震発生の可能性が高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」…
「暴れ天竜」実践的に備え 官民で訓練強化(2018/7/4 17:09)
大規模水害などの災害復旧対応を経験した職員が減少する中、国土交通省浜松河川国道事務所は、民間企業や流域自治体の関係者とともに天竜川など管内河川の堤防決壊を想定したシミュレーション訓練に取り組んでいる。局地的な豪雨災害が全国で頻発している状況…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト