熊本地震 被災地ニュース

熊本城の大天守、てっぺん現す 復旧中、足場撤去(2018/5/22 11:15)
2016年4月の熊本地震で被災し、復旧中の熊本城(熊本市)天守閣で、大天守を覆っていた足場の一部が撤去され、屋根と最上部が約1年ぶりに姿を現した。屋根から落下し、今年4月に再現されたしゃちほこ2体も、城周辺の市街地からはっきりと見えるように…
通潤橋の崩落石垣引き上げ、熊本 山都町、原因調査へ(2018/5/17 11:06)
熊本県山都町は17日、一部が崩落した同町の国内最大級の石造りアーチ水路橋「通潤橋」で、橋の下を流れる川に落ちた石材の引き上げ作業を始めた。幕末に造られた橋は高さ約20メートルの中央部からの観光放水で知られ、国指定の重要文化財。町は崩落原因を…
熊本城、浮かぶ小天守復旧進む 地震被災、土台の石垣解体(2018/5/15 11:41)
熊本市は15日、2016年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の復旧工事の様子を報道陣に公開した。復興の象徴として修復を急ぐ天守閣小天守は、崩れた土台部分の石垣の解体が進み、地上約6メートルに浮かび上がったような姿となっている。小天守は…
熊本県で震度4 被害情報なし(2018/5/6 22:24)
6日午後9時13分ごろ、熊本県宇城市で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は熊本地方で震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)3・9と推定される。津波の心配はない。同午後9時20分ごろにも宇城市で震度1の地震があった…
南阿蘇村、復興へ「定住者求む」 熊本地震で甚大被害、人口減対策(2018/5/2 05:37)
2016年4月の熊本地震で甚大な被害を受け、人口流出が課題となっている熊本県南阿蘇村が定住者の呼び込みに本腰を入れている。今年4月、空き家の仲介や移住相談を担う専門部署を新設。担当者は「定住して地域に溶け込み、地震で傷ついた村を盛り上げてほ…
防災アプリで車中泊支援、福岡市 熊本地震を教訓に(2018/5/1 09:29)
災害時に車中泊する被災者らの居場所を効率的に把握して支援するため、福岡市はスマートフォン用無料アプリ「ツナガル+」を開発した。2016年の熊本地震では体育館など自治体の指定避難所ではなく、多くの人が車に寝泊まりし、支援物資が行き渡らない問題…
熊本城のしゃちほこ2体そろう 被災の天守閣・大天守(2018/4/28 18:56)
2016年4月の熊本地震で被災し復旧工事が進む熊本城(熊本市)で28日、高さ約30メートルの天守閣・大天守屋根から落下し壊れたしゃちほこ2体のうち、西側の1体が置かれた。東側の1体は既に7日に設置。約2年ぶりに向き合う2体がそろい、城周辺に…
被災の阿蘇・北登山道が開通 山上への全ルートが復旧(2018/4/26 10:55)
熊本県阿蘇市の阿蘇中岳第1火口方面と南阿蘇村の国道57号を結ぶ県道298号阿蘇公園下野線(北登山道)が26日、約2年ぶりに規制解除され、通行が再開された。北登山道は2016年4月の熊本地震で被災した山上への主要な3ルートのうち最後まで規制が…
阿蘇山の火口、立ち入り規制解除 初日は濃霧で見学制限(2018/4/24 09:58)
熊本県・阿蘇山の中岳(1506メートル)第1火口の半径約1キロの立ち入り規制が24日午前、解除された。初日は濃霧のため、火口見学は制限された。2月下旬に3年半ぶりに規制解除されたが、その3日後に火山活動がやや高まっているとして再び規制されて…
避難少女にわいせつ有罪、福岡 熊本地震、親戚の男(2018/4/23 16:42)
熊本地震で自宅に避難してきた、当時13歳の親戚の少女にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた男に、福岡地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。岩田淳之裁判官は判決理由で、寝ようとしていた…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト