静岡 主要ニュース・話題一覧

日ロ友好深める航海へ 沼津の帆船、8月から国際レース参加(2018/4/19 17:11)
沼津市静浦港を母港とする帆船「アミ号」(約10トン)が8月23日~9月7日、韓国・麗水(よす)―ロシア・ウラジオストク間で行う国際親善帆船レース「トール・シップ・レガッタ」(英国国際帆船協会STI主催)に初参加する。沼津市は江戸末期、ロシア…
文化事業、世界に発信へ 静岡市4月補正予算に7900万(2018/4/19 17:00)
静岡市は19日、2018年度一般会計4月補正予算案を発表した。市が計画している文化事業が、文化庁の国際文化芸術発信拠点形成事業に採択されたことを受け、関連事業費など7900万円を追加した。春と秋に市内で開催していた複数のイベントを統括する組…
こいのぼり50匹、レンゲと共演 下田・大賀茂地区(2018/4/19 08:18)
下田市大賀茂地区でレンゲ畑が広がり、上空を約50匹のこいのぼりが“泳いでいる”。22日には恒例の「大賀茂れんげ祭」が開かれる。地域住民でつくる同地区地域振興委員会が昨秋、同市と南伊豆町を結ぶ主要道沿いの田んぼにレンゲ…
無農薬野菜工場お披露目 富士山グリーンファーム(2018/4/19 08:16)
最先端技術を生かした農業を実践する富士市の「富士山グリーンファーム」は18日、同市島田町で稼働を開始した野菜工場のお披露目式を行った。空き倉庫をリノベーションして完成した工場で、リーフレタスや小松菜などの葉物野菜9種類を無農薬で栽培する。工…
女性の視点で魅力発信 三島市観光協が部会設立(2018/4/19 08:15)
三島市観光協会の女性部会が18日、設立された。観光協会の同様組織は県内で珍しいといい、女性ならではの視点で観光振興につなげる。同協会によると、誘客、受入、連携の既存3部会と同列の位置付け。部会の正式名称や部会長は今後決める。メンバーは50代…
小山町視察、交流深める 浙江省海寧市から訪問団(2018/4/19 08:15)
小山町が友好交流関係協定を結ぶ中国浙江省の海寧市の訪問団が18日、同町を訪れた。町内を視察し、町職員と意見を交わして親睦を深めた。市議会副議長に当たる朱祥華人民代表大会常任委員会副主任ら6人。2度目の来町となる朱副主任は、町役場で室伏博行副…
弥生時代の土器発掘、定説覆る可能性 牧之原・男神前田遺跡(2018/4/19 08:14)
牧之原市男神の男神前田遺跡で、農業整備事業に伴う発掘調査が行われている。市教委によると、従来は古墳時代の遺跡とされてきたが、今回の調査で弥生時代後半の土器が多数見つかり、遺跡の歴史が弥生時代にさかのぼることが判明した。男神前田遺跡は、男女一…
ミニこいのぼり 川の上すいすい 島田市金谷(2018/4/19 08:12)
島田市金谷地区の金谷扇町と中町の間に流れる清水川に、約650匹のミニこいのぼりが掲げられ、通行人らを楽しませている。5月中頃まで。約200メートルにわたって等間隔で架けられたロープに、約60センチのミニこいのぼりが取り付けられている。赤や青…
スイス訪問団、川根路満喫 SLや茶文化体験 島田(2018/4/19 08:10)
島田市の姉妹都市スイス・ベルン州ブリエンツ町の友好親善訪問団がこのほど、2泊3日の日程で同市を訪れ、金谷茶まつりや大井川鉄道、ふじのくに茶の都ミュージアムなどを見学した。訪問団はイスラー・マリアンヌ町議やペーター・フグラー国際友好交流会会長…
長田音頭で地域活性化 5月に初のフェスティバル 静岡・駿河区(2018/4/19 08:08)
静岡市駿河区長田地区の住民有志らが5月13日、第1回長田音頭フェスティバルを同区の用宗老人福祉センターで開く。高齢化が進む中、地区で親しまれてきた「長田音頭」で地域活性化を目指す。長田音頭は2000年、当時静岡西郵便局長だった山辺正悟さんが…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト