静岡 主要ニュース・話題一覧

インフル患者が今季最多 静岡県内、131施設を新たに閉鎖(2018/1/24 10:03)
静岡県は23日、静岡県内の幼稚園や小中学校、高校など131施設でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、新たに学級閉鎖や学年閉鎖が行われたと発表した。患者は1898人。施設数、患者数ともに今季最多。市区町別の施設数と患者数は次の…
菜の花開花まばら、例年より見頃遅く 南伊豆(2018/1/24 09:05)
2月10日から「第20回みなみの桜と菜の花まつり」が開幕する南伊豆町で、菜の花の生育が遅れている。昨秋の台風や長雨、冬の低温の影響とみられ、開花はまばらだ。河津桜とともに見頃は例年よりずれ込みそうだが、主催する町観光協会は盛り上げに向け、特…
山肌うっすら雪化粧 伊東の大室山(2018/1/24 08:42)
静岡県東部などの大雪から一夜明けた23日、伊東市南部の伊豆高原で、うっすらと雪化粧した大室山がお目見えした。枯れ草が生えていない麓や山頂、登山リフトの通り道などが白く染まった。同市では22日午後、山間部や南部地域を中心に強い雪が降った。大室…
中学生が考案「食」の旅 バスツアーを商品化 静岡(2018/1/24 08:30)
静岡市立東中の生徒が静鉄観光サービスと協力して企画した日帰りバスツアーがこのほど、商品化された。ツアー名は静岡市内の食にスポットを当てた「静岡の名産品いただきま~す」。中学生考案のツアーの商品化は全国的にも珍しく、生徒たちは「静岡市の魅力を…
まな板開き、厳かに 伊東で静岡県専門調理士連合会(2018/1/24 08:27)
静岡県専門調理士連合会「瑞松会」(猪爪康之会長)は23日、まな板開き・包丁初め式を伊東市の観光文化施設「東海館」で開いた。和食料理人が食材に手を触れず、包丁と箸のみを使ってタイをさばく儀式を披露。食材に感謝する思いや、気を引き締めて調理する…
冬のウナギPR、弁当800個完売 三島でまつり(2018/1/24 08:26)
三島市名物のウナギの提供店でつくる「三島うなぎ横町町内会」(関野忠明会長)は23日、「第11回寒の土用うなぎまつり」を同市の三島商工会議所で開いた。半身分のウナギをかば焼きにした「うなぎ旗揚げ弁当」を例年通り一つ1500円で販売。800個を…
ラグビーの魅力伝える 矢富、五郎丸選手が授業 磐田(2018/1/24 08:25)
日本ラグビーフットボール協会の巡回事業「スクラム先生プロジェクト」の授業が22日、磐田市立竜洋東小で開かれ、トップリーグヤマハ発動機ジュビロの矢富勇毅、五郎丸歩両選手が児童にラグビーの魅力を伝えた。両選手は6年生約40人にパスやタックルなど…
防犯キャラ「安心辰ちゃん」 天竜署が作成、啓発活動で配布へ(2018/1/24 08:24)
天竜署はこのほど、同署独自の防犯マスコットキャラクター「安心辰ちゃん」を作成した。広報紙や啓発品に印刷し、PR活動に利用する。同署天竜地区防犯協会職員の高橋道子さん(53)がデザインに関わった。天竜の竜をイメージしたキャラは、安心・安全と書…
「さばチキン」使い新商品 焼津水産高生、開発に意欲的(2018/1/24 08:21)
県立焼津水産高(焼津市焼津)流通情報科の2年生34人が23日、小川漁業協同組合の「さばチキン」を使った新商品づくりに取り組み始めた。「さばチキン」は小川港で水揚げした新鮮なサバの骨を取り、駿河湾深層水で蒸し上げた商品。同漁協が管理栄養士の中…
雪山でそり遊び、園児ら歓声 焼津の保育園(2018/1/24 08:20)
焼津市立大井川保育園の園児が23日、同市下江留の同園駐車場につくった雪山で雪遊びを楽しんだ。雪山を設置したのは、静岡県中部の建設関係事業者でつくる「創造の集い・なずな」(篠明会長)。前日に岐阜県高山市から10トンダンプ3台分の雪を運び込んだ…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト