科学・環境

ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木 那須の動物園、残り1羽に(2018/7/18 12:40)
栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物で絶滅危惧種の「ニホンライチョウ」のひな1羽が17日に死んだと発表した。13日と16日にも1羽ずつ死んでおり、同園の人工繁殖で今月ふ化した4羽のうち、残る…
廃炉原発燃料、使い回し初 規制委了承、関電大飯で(2018/7/18 11:13)
原子力規制委員会は18日の定例会合で、関西電力が廃炉を決めた大飯原発1、2号機(福井県おおい町)で使用した核燃料の集合体629体のうち、まだ使える264体を同3、4号機(同、再稼働済み)で再利用するとした申請を了承した。4基の燃料は材質や大…
木星の月、一気に増えた 米チームが12個発見(2018/7/17 23:12)
太陽系惑星で最大の木星の周りに、新たな衛星が12個あるのを発見したと、米カーネギー研究所のチームが17日発表した。チームは「見つかった衛星は79個に増えた。衛星の数でも太陽系で最多だ」としている。衛星の中には、逆向きに回る他の衛星の通り道を…
辺野古の希少サンゴ、また消失 埋め立て予定海域(2018/7/17 19:08)
防衛省沖縄防衛局は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域に生息していた保護対象の希少サンゴが消失したと発表した。先月も一時、不明となった後、近くで見つかっていた。ダイバーを投入し、捜索している。同…
魚の表皮に「車輪」のような細胞 傷修復へ高速移動(2018/7/17 18:36)
魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結果を、山口大などのチームが17日付の英科学誌電子版に発表した。傷ができたときに周囲の表皮細胞が素早く傷口に集まり、修復できる。チームによると、生き物の体を…
敦賀原発に廃棄物送り返す 日本原燃、測定不具合で(2018/7/17 16:55)
国内4原発の低レベル放射性廃棄物の放射能測定機器に不具合があった問題で、受け入れ先の日本原燃は17日までに、低レベル放射性廃棄物入りドラム缶計14本を日本原子力発電敦賀原発(福井県)に送り返した。四国電力伊方原発(愛媛県)についても本年度中…
人の活動により動物が夜行性に 世界の哺乳類、日本でも(2018/7/17 09:43)
狩猟やハイキングなどの人間活動によって、さまざまな哺乳類が夜間に活動するようになる現象が世界中で起きているとする研究結果を、米カリフォルニア大バークリー校のチームが17日までにまとめた。日本の北海道や栃木、長野両県にすむシカやイノシシも夜行…
日米原子力協定が自動延長 再処理、米通告で停止も(2018/7/17 00:16)
日本に原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し再利用することなどを認めた日米原子力協定が、発効から30年間の期限を迎え、17日に自動延長された。今後は、米国からの通告があれば一方的に破棄され再処理ができなくなる不安定な状態とな…
カワウソ密輸、日本向けが最多 東南アジアで摘発、32匹保護(2018/7/16 15:43)
ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発されるケースが相次ぎ、2015~17年に保護された59匹のうち日本向けが32匹と最多だったことが、国際的な野生生物取引監視団体「トラフィック」の調査で16日…
深海魚70%にプラスチック粒子 大西洋、水深600メートルまで(2018/7/14 17:45)
世界的な海洋汚染が問題になっているプラスチックの微粒子マイクロプラスチックが、陸地から遠く離れた大西洋の深さ300~600メートルにいる深海魚の体内にまで蓄積していることをアイルランド国立大の研究グループが14日までに突き止めた。検出率は全…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト