静岡 政治

駿河湾フェリー継続検討、9月までに可否判断 静岡県PT(2018/6/21 08:19)
2019年3月末での撤退が発表された駿河湾フェリーの事業継続に向け、静岡県の対応策を検討する庁内プロジェクトチーム(PT)は20日に県庁で開いた初会合で、関係市町や観光協会などと協議を重ね、9月までに存続の可否を判断する方針を決めた。会合後…
リニア工事、県道トンネル整備へ JR全額負担で静岡市と合意(2018/6/20 17:00)
静岡市とJR東海は20日、リニア中央新幹線南アルプス工事の工事車両通行ルートについて、同社が市の求めに応じて同市葵区の県道三ツ峰落合線にトンネルを整備し、工事費用も全額負担することで基本合意したと発表した。同日午前、田辺信宏市長と同社の金子…
静岡県内公共施設、すべてのブロック塀を調査へ 知事表明(2018/6/20 08:29)
川勝平太知事は19日の定例記者会見で、市町が所有する施設を含め、公共施設にある全てのブロック塀の安全性を調査する考えを明らかにした。知事は「耐震性を高めるのは県の役割」と述べ、民間や一般住宅のブロック塀についてもできる限りの対策を行う意向を…
静岡県対応窓口を一本化 リニア工事などJR東海問題(2018/6/20 08:22)
川勝平太知事は19日の定例記者会見で、リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減対策などを巡ってJR東海との間で行っている交渉に関し、今後は県庁の窓口を一本化して対応する方針を示した。「オール静岡の態勢でJR東海絡みの問題の…
「漆の里構想」実現へ始動 静岡市、関係者向け説明(2018/6/19 09:23)
静岡市を漆の産地にしようという市の2018年度新規事業「オクシズ『漆―japan―の里』構想」が動きだした。18日、構想実現のための準備会が同市葵区の静岡浅間神社で開かれ、市担当者が林業や文化財、伝統工芸の関係者ら約80人に10年計画の事業…
熱海市、客船誘致へ港湾整備 将来構想に旅客施設や市場、食堂(2018/6/19 08:07)
熱海市は18日、市議会に熱海港湾エリアの将来構想を示した。通称「ナナハン岸壁」を活用して小型クルーズ客船を誘致するため、津波避難施設を兼ねた旅客ターミナル、駐車スペースなどを計画。富裕層が所有する全長24~50メートル程度のスーパーヨットの…
花を通してまちづくり 下田で全国9市町が交流(2018/6/18 07:58)
花をテーマにまちづくりを進める全国9自治体によるフラワー都市交流連絡協議会が17日、下田市で始まった。18日まで。北海道から九州まで8市町の自治体職員と観光関係者、植栽ボランティアが訪れ、年に1度の総会を兼ねて交流する。1983年に始まり、…
指導的役割担う保育士育成へ 浜松・中区で初回研修(2018/6/17 08:49)
静岡県は15日、専門性の高い指導的役割を担う保育士の育成に向け、本年度開始した「保育士等キャリアアップ研修」の初回講座を浜松市中区のアクトシティ浜松で開いた。初回研修は静岡産業大経営学部の漁田俊子教授が講師を務め、乳児保育の意義や環境をテー…
新幹線通学費補助制度 利用学生集い意見交換 長泉(2018/6/17 08:44)
長泉町は16日、2018年度に始まった新幹線通学費補助制度の利用者を対象にしたワークショップ「町未来人LABO(ラボ)」を同町納米里のウェルピアながいずみで開いた。大学生ら約40人が、町の良さなどを語り合い、魅力を再発見した。町は町の未来を…
カンヌに静岡市長親書 ヴィノスやまざき社長、ワイン交流で縁(2018/6/16 07:17)
ワイン輸入販売「ヴィノスやまざき」(静岡市葵区)の種本祐子社長はこのほど、同市と姉妹都市の仏カンヌ市を訪れ、ダヴィット・リスナル市長に宛てた田辺信宏静岡市長の親書を現地に届けた。親書は、1991年の姉妹都市提携からの両市の絆の深まりを歓迎す…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト