静岡 政治

駿河湾フェリー、現業者に運航委託 県、市町は企画や営業に関与(2018/9/20 07:45)
2019年3月末での撤退が発表された駿河湾フェリーの運航継続を巡り、川勝平太知事は19日の定例記者会見で、現在、同フェリーを運航しているエスパルスドリームフェリー(静岡市清水区)に19年4月以降も当面は運航実務を担うよう要請したところ、了承…
自転車ロードレース競技県内区間 静岡県、コース沿い森林整備へ(2018/9/20 07:32)
静岡県は富士山を生かした景観の下で2020年東京五輪・パラリンピックの自転車ロードレース競技を開催するため、県内のコース沿線の森林整備に着手する。9月補正予算案に事業費460万円を盛り込み、18年度中に整備に向けた全体計画を策定した上で、1…
東静岡駅「文化力の拠点」 静岡県、完成予想図作成へ(2018/9/19 07:43)
静岡県はJR東静岡駅南口に予定している「文化力の拠点」整備を巡り、民間事業者の参画を促進する目的で、同拠点の完成予想図を作成する。駅南口と近接するグランシップを含むエリアを具体的にイメージできるものにする。18日に開会した県議会9月定例会に…
東京五輪、袋井をキャンプ拠点 アイルランドと市覚書(2018/9/19 07:40)
袋井市とアイルランド五輪委員会は18日、同国の選手団が2020年東京五輪で同市をベースキャンプ地とする覚書を交わした。都内の同国大使公邸で行われた締結式で、原田英之市長とピーター・シェラード最高執行責任者(CEO)が締結書に署名した。川勝平…
駿河湾フェリー継続 知事表明、静岡県と6市町連携(2018/9/18 14:09)
静岡県議会9月定例会が18日開会し、川勝平太知事は2019年3月末での撤退が発表された駿河湾フェリーの運航継続に向け「地域が一丸となって運航を支える枠組みにより、来年4月以降の運航を継続する」と正式に表明した。駿河湾フェリーの撤退発表以降、…
何人来て、車何台? 五輪・パラ観客輸送準備に焦る市町 静岡(2018/9/18 07:47)
開催まで2年を切った2020年東京五輪・パラリンピックの観客やスタッフの輸送体制を巡り、自転車競技が行われる県東部の市町や関係団体から「準備が間に合わない」と焦りの声が上がっている。想定される観客の規模や必要な車両の台数、警備体制などの詳細…
地域の将来像住民議論 沼津市、次期総合計画見据え(2018/9/17 07:45)
沼津市の地域ごとの将来像を住民が話し合う「ぬまづ地域デザインワークショップ」が16日、市東部(金岡・大岡・門池地区)を皮切りに始まった。市の次期総合計画策定を見据えた取り組み。年末にかけて市内各地で開催し、今後の施策に反映させる。2019年…
沼津鉄道高架是非、住民投票を求める 市民有志署名方針(2018/9/17 07:38)
沼津市のJR沼津駅付近鉄道高架事業に反対する市民有志でつくる「住民投票実行委員会」が16日、市内で記者会見し、同事業の是非を問う住民投票条例制定請求に向けて11月をめどに署名活動を行うと発表した。委員長の小松広克さんは「財政負担の大きい高架…
海洋文化都市、進展後押し 21年静岡で国際深海生物学会(2018/9/16 07:32)
英国に本部を置く国際深海生物学会は15日、2021年に予定される第16回同学会シンポジウムの開催地に静岡市を選出した。米国モントレー市で同日まで開かれた第15回シンポジウムで会員による投票で決まった。3年に1度の同学会がアジアで初開催される…
富士山入山料 徴収5600万円、前年比420万円増(2018/9/15 07:24)
静岡県が14日発表した7月10日~9月10日の富士山入山料(保全協力金)の受け入れ状況によると、徴収額は5629万173円で、前年に比べて424万2590円増えた。支払った人数も5万6893人で2806人増えた。目標額とする6300万円には…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト