しずおか 西部トピックス

浜松駅ビル・メイワン30年 パネルで歴史振り返る(2018/4/21 08:41)
JR浜松駅ビルの商業施設「メイワン」(浜松市中区)の開業30周年に合わせた企画展「メイワンのあゆみ」が20日、同ビルで始まった。パネル展示などで歴史を振り返る企画。内容を替えながら12月30日まで続ける。メイワンは1988年5月1日に開業し…
いわた大祭り盛り上げへ手踊り所作確認 城山中生(2018/4/21 08:39)
磐田市の見付本通りで28日に開かれる春の恒例行事「いわた大祭り」を前に、市立城山中1年の女子生徒約130人が20日、オープニングイベントを盛り上げる手踊りの練習を同校で行った。磐田民踊普及会の指導で、生徒は民謡「輝け日本富士山おどり」と見付…
小学生ら「走る楽しさ」体感 御前崎で講座(2018/4/21 08:38)
御前崎市教委は18日夜、市浜岡総合運動場で、市町対抗駅伝の同市チームの清水楽監督が講師を務める楽走講座を開催した。小学生から一般まで約70人が参加し、速く走るこつや駅伝の練習方法を習った。清水監督は、走る時につま先を上げかかとをつけないこと…
浜名湖「たきや漁」の浮島一新 女性客も「食事楽しんで」(2018/4/21 07:23)
地域連携DMO(観光地経営組織)浜松・浜名湖ツーリズムビューローは20日、浜名湖名物の体験型観光「たきや漁」の客が湖上で食事を楽しめる浮島「タキヤベース」の完成発表会を浜松市西区の浜名漁協雄踏支所で行った。5月15日から運用を始め、女性や若…
降り注ぐ花のシャワー フラワーパークでノダナガフジ見頃(2018/4/20 08:07)
浜松市西区のはままつフラワーパークで、ノダナガフジの藤棚が例年より早く見頃を迎えた。薄紫色の無数の花がシャワーが降り注ぐように咲き、甘い香りを周囲に漂わせている。ノダナガフジの藤棚は長さ約80メートル。周辺に咲くツツジ科のハナグルマやクルメ…
水田のレンゲ満開 園児が花摘み 菊川(2018/4/20 08:05)
菊川市の嶺田地区環境推進委員会が同地区の水田で育てたレンゲが満開になり、19日に近くの小笠北幼稚園の園児78人が農家や保護者と一緒に花摘みを楽しんだ。約1ヘクタールの水田いっぱいにピンクの花が咲いていて、誰でも自由に入って摘むことができる。…
多彩な昆虫の生態、一冊に 竜洋自然観察公園(磐田)が本発行(2018/4/20 08:03)
磐田市竜洋昆虫自然観察公園が設立20周年を記念し、昆虫を紹介する本「みんなの昆虫学校」を発行した。主に県内に生息する昆虫約100種の生態を分かりやすく解説し、生物の多様性や環境保全への理解を促す。カブトムシやクワガタムシ、チョウ、バッタとい…
授産所製品ブランド化 浜松・北区三ケ日のNPO法人(2018/4/20 08:00)
福祉施設を運営する浜松市北区三ケ日町のNPO法人すだちはこのほど、施設利用者が地元産ミカンを使って手掛けた加工品をブランド化し、販売を始めた。授産品の認知度を高め地元農家との連携強化につなげ、障害者の賃金向上を目指す。同NPOが運営する同町…
震災時の対応は 湖西・新居中生、火災の煙体験や炊き出し(2018/4/19 08:07)
湖西市立新居中は18日、防災教室を同校で行った。1年生約140人が火災訓練や炊き出しに取り組み、震災時の対応や心構えを学んだ。講師として新居町災害ボランティアや市消防本部、市社会福祉協議会が協力。火災で煙が充満した屋内を再現したテントでは、…
春野の桜、ハチミツで味わって 地元農家が販売 浜松・天竜区(2018/4/19 08:05)
浜松市天竜区春野町の養蜂農家「養紡屋」がこのほど、今春採れた桜のハチミツ「さくら蜜」の販売を始めた。4年前に同町へ移住して起業した塩見亮太さん(33)=神奈川県出身=は「ことしは天候が良くいい味に仕上がった」と話す。1瓶50グラム入りで50…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト