しずおか 西部トピックス

マンサク群生地守れ、住民団体が奮闘 浜松・北区(2018/6/20 08:41)
浜松市北区細江町西気賀地区の住民でつくる下村マンサク保存会が地元の新たなマンサク群生地整備に奮闘している。かつての群生地のマンサクが病気で枯れてしまい、名物のマンサクを守るために5年前、花の種から育てた苗木を地区内の別の場所に植栽した。同地…
「浜松プラザ」に新店舗3棟 衣料や雑貨4店入居へ(2018/6/20 08:39)
浜松市は19日、大規模小売店舗立地審議会を市役所で開き、東区上西町の複合商業施設「浜松プラザ」の西ゾーンに衣料品店などが入居する3棟(店舗面積計3897平方メートル)が建設されていることを報告した。プラザに入居する米国系会員制大型スーパー「…
「山梨祇園祭り」に意気込み 袋井で7月13日開幕(2018/6/20 08:38)
袋井市上山梨地区で恒例の「山梨祇園祭り」が7月13~15日に開催される。同地区の夏の風物詩で、てんぐ姿の「猿田彦」を先頭にした行列などが特徴。祭りは地区の山名神社の祭典。初日は例大祭を執り行ってからみこしを御旅所の若宮八幡宮に渡御する。奉納…
銅板を手で曲げてみよう 建築家藤森さんワークショップ 浜松(2018/6/20 08:37)
全国的な建築史家で建築家の藤森照信さん(71)=東京都国分寺市=が19日、浜松市天竜区山東の市立光明小を訪れ、児童と一緒に建築資材の銅板を手で折り曲げるワークショップを行った。銅板は同区二俣町の市秋野不矩美術館隣接地に建設中の藤森さん設計の…
母と面会、兵士見送り…学童疎開の日記紹介 湖西の男性(2018/6/19 09:14)
戦時中の学童疎開の体験を記した日記などを紹介する企画展が17日、湖西市新居町の小松楼まちづくり交流館で開かれた。子どもたちに伝えたいと企画したのは同町の鈴木芳朗さん(83)。「つらい気持ちなど本音は日記に書けなかった」と振り返り、検閲下の疎…
浜松大空襲の犠牲者を慰霊 若者、平和へ誓い(2018/6/19 08:57)
太平洋戦争末期に多くの人命を奪った浜松大空襲の日に当たる18日、浜松市戦災遺族会(飯田末夫会長)は中区で市戦災死者慰霊祭を開いた。遺族ら約100人が献花して犠牲者の冥福を祈り、平和の尊さの継承を誓った。飯田会長は「この平和と繁栄は多くの戦災…
犬と触れ合い児童笑顔 御前崎・浜岡北小で動物愛護教室(2018/6/19 08:57)
静岡県動物保護協会小笠支部は18日、御前崎市立浜岡北小で動物愛護教室を開いた。5、6年生63人が犬と触れ合い、動物愛護の気持ちを高めた。同協会に登録するボランティア6人が、コリーやミニチュアダックスフントなど大型犬や小型犬6頭を連れて訪れた…
久留女木の棚田で田植え 静岡文化芸術大生、収量増目指し丁寧に(2018/6/19 08:55)
浜松市北区引佐町の久留女木の棚田で米作りに取り組む静岡文化芸術大(中区)の学生がこのほど、田植えを行った。3年目を迎えた取り組みで、300グラム入り約500袋を販売した昨年を上回る収穫量を目指す。1~3年生5人が休耕地だった棚田3枚計約50…
闇に浮かぶユリの花 掛川の逆川沿い、9000本ライトアップ(2018/6/18 08:05)
掛川市の掛川城下を流れる逆川沿いで見頃を迎えているユリの期間限定ライトアップが16日夜、始まった。開花が続く6月下旬まで午後7~9時の間、実施予定。掛川城そばの瓦橋から奥姫橋までの両岸約600メートルにハイブリッド種など40種、約3万3千球…
植物なぜ良い香り? 親子らに説明、実験も 静岡大で公開講座(2018/6/18 08:03)
静岡大グリーン科学技術研究所は16日、同研究所に所属する教員の研究を紹介する公開講座「グリーンサイエンスカフェ」を浜松市中区の同大浜松キャンパスで開いた。大西利幸准教授が「なぜ植物は良い香りがするのだろう」と題して講演した。大西准教授は聴講…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト