しずおか 中部トピックス

平成最後?の彗星を観望 15日、静岡・船越堤公園天文台で(2018/12/11 08:58)
静岡県天文研究会は15日午後7時半~8時半、地球に接近中のウィルタネン彗星(すいせい)の観望会を静岡市清水区の船越堤公園・星の広場天文台で開く。会員の山田昇さん(66)=同区=は「平成最後ともいわれる肉眼彗星の姿を多くの人に見てほしい」と呼…
レッサーパンダの赤ちゃん 「まるこ」「まるお」と命名 静岡(2018/12/11 08:56)
静岡市立日本平動物園は9日、7月11日に生まれた双子のレッサーパンダの命名式を同市駿河区の同園で開いた。雄の赤ちゃんは「まるお」、雌は「まるこ」と名付け、駆け付けた多くの来場者の前でお披露目した。10月13日の一般公開開始日から11月4日ま…
「尾羽廃寺跡」古代庵原郡の役所跡か 静岡県内初の発掘事例(2018/12/11 08:24)
静岡県埋蔵文化財センターは9日、静岡市清水区尾羽の「尾羽廃寺跡」で行っている発掘調査に関する現地説明会を開いた。調査により、郡の役所である郡衙(ぐんが)の倉庫とみられる建物跡などが新たに確認され、同地が寺院と役所が隣接した古代庵原郡の拠点と…
焼津市と旧大井川町合併10年、発展誓う 記念式典に500人(2018/12/11 08:10)
焼津市と旧大井川町の合併10周年記念式典が9日、同市の大井川文化会館で開かれた。市民ら約500人が参加して節目の年を祝うとともに、焼津市のさらなる発展を誓った。中野弘道市長は「財政的に自立した足腰の強い自治体を目指し、新しい焼津市が誕生した…
地域安泰願い「送り神」 ササで疫病払う 牧之原(2018/12/9 08:12)
牧之原市片浜の各地区で8日未明、民俗行事の「送り神」が行われた。冷たい風が吹きつける中、男子小中学生が地区の数十軒を2~3時間ほどかけて巡り、唱え言を口にしながらササで疫病を払った。送り神は、ムラや家人をたたる疫病神を送り出す風習とされる。…
豊かな音色、聴衆魅了 常葉大短期大学部演奏会(2018/12/9 08:10)
常葉大短期大学部音楽科は6日夜、定期演奏会(静岡新聞社・静岡放送後援)を静岡市葵区の静岡音楽館AOIで開いた。学内オーディションで選ばれた同科ピアノ専攻と管弦打楽器専攻の学生17人が、クラシックを中心に計10曲を演奏した。声楽専攻の学生がス…
温泉の恵みに感謝 川根本町・寸又峡で祭り(2018/12/9 08:08)
川根本町の寸又峡美女づくりの湯観光事業協同組合は7日夜、温泉の恵みや温泉客への感謝を伝える「寸又峡温泉感謝祭」を同町の寸又峡公民館で開いた。強風のため赤石太鼓の演奏が中止になったほか、屋外で実施予定だった飲食物の出展が屋内になったものの、会…
Xマスカード、手すきで作る 静岡市美術館で体験教室(2018/12/9 08:07)
小学生を対象に手すき紙でクリスマスカードを作るワークショップが8日、静岡市葵区の市美術館で開かれた。子どもたちは好きな色のパルプ液を木の枠を使ってすき、台紙を制作した。続いて小さくちぎったパルプを台紙に乗せ、サンタクロースやトナカイなどを描…
福矢作り、正月へ心込め 静岡浅間神社(2018/12/8 08:18)
静岡市葵区の静岡浅間神社で、新年の家内安全と無病息災を願う「福矢」作りが始まった。正月に向けて約6千本を用意する。7日には、地元の敬神婦人会会員やみこの計9人が大小、紅白4種類の福矢に2019年の干支(えと)の亥(いのしし)が描かれた絵馬を…
園児の避難誘導、榛原高生素早く 1年生240人保育実習(2018/12/8 08:16)
県立榛原高(牧之原市静波)の1年生約240人が7日、市内と御前崎市、吉田町の保育園、幼稚園、こども園計28園に分かれ、保育実習に取り組んだ。これに合わせて津波避難訓練を実施する園もあり、生徒は幼い園児を素早く誘導した。榛原高近くの牧之原市立…

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト